« 突然の代役 in 大原美術館 | トップページ | 岡山ガスリハーサル »

松木行き

松本行きの特急バスが、どう目を凝らして見ても、「松木」に見える。 目が悪くなってきたかいなー(ーー;)

|

« 突然の代役 in 大原美術館 | トップページ | 岡山ガスリハーサル »

日記」カテゴリの記事

コメント

前も書いたけど

3年前(くらい・・)の
高松での
やまかずさん&まつもとさんの
ラフマニノフが

私の人生のなかで聴いた
一番の奇跡でした。

やまかずさんも、まつもとさんも、私も
生きていて、
たまたまあの場所で
あの音楽を受け取ることができたことは

ホコ天を歩いていて
たまたまぶつかった人が結婚相手になった、っていうくらい

奇跡的なことだったと思います。


ちょっと違うか。


失礼しますcoldsweats01

投稿: あきこ | 2010年11月11日 (木) 08時38分

・オーケストラの祭典、岡山シンホニー、1階、前から3列目、左側で、しっかりと、見聞きできました。
fujiラプソディ−・イン・ブルーは、松本和将さんが、高校生の時、倉敷ジュニアフィルと、ピアノ独奏を聞きました。
もう、あれから、10数年たつかな?
note今回は、ジャズらしい雰囲気で、たっぷり楽しめました。
cherryblossomとってもおしゃれな、ラブソディー・イン・ブルーでした。
ピアノと指揮者!山田和樹さんの、音楽的センスが、光っていましたよ。
とっても、満足できました。
山田和樹さんは、ユーモア、ゆとりもあり、見ていて、楽しい。
moon3チャイコフスキー、くるみ割り人形より、のオーケストラだけの、演奏では、山田さんは、指揮台で、ちょっとだけ、踊っている所も、ありました。
ニュアンスが、豊かで、聞いていて、飽きない。
ジュニアフィルのメンバーで、あれだけ、ニュアンスを出せるとは、すごい力量の指揮者ですsign01
まだ、31才なのに、経験豊富なのか、余裕もあり、大物指揮者のようだった。
山田さんは、2年後かな??スイスの一流オーケストラとの指揮者の契約が、新聞に、載っていました。
ブザンソン国際指揮者コンクールで、優勝したよ。
clover数年後には、ヨーロッパで、世界で、指揮者活動をしているでしょうね。
apple岡山で、山田さんの、指揮を見聞きできて良かった!
・それから、大原美術館創立80周年記念、招待コンサート、松本和将さん、突然の代役、お疲れ様でした。
今日、夕方に、天満屋倉敷店地下、食料品売り場で、大原系列の「くらしきコンサート」の、職員の方に、偶然、お会いしました。
とても、上品な、穏やかな感じのきれいな女性です。
・突然代役の様子、コンサートの演奏などを、立ち話で、お聞きしました。
note「ピアニストが、骨折されていて、弾けない。
松本和将さんが、急遽来て、ピアノを弾いて下さり、地獄に仏でした。
moon3合わせも、満足にできない。
演奏は、素晴らしかったですsign01
、ジャズのセッションの、掛け合いのような、感じでね」
と、にこやかな表情で、お話して下さいました。
cake招待客だけの、大原美術館本館2階での、コンサートでした。
だから、チラシは、見なかったわけです。
素晴らしいコンサートに、なったそうです。
松本和将さんは、小学生の頃から、しょっちゅう、初見で、楽譜を見ながら、ピアノを弾いて、遊んでいたそうです。
日本人は、なかなか、初見に強い音大生は、ヨーロッパに比べて、少ないそうです。
誰にでもできない、離れ業でした。
脱帽です。

投稿: リエ | 2010年11月 9日 (火) 21時33分

色々と、印象に残る演奏会だったと思います。
松本先生の演奏もとても綺麗でした!

投稿: 黒い羊 | 2010年11月 9日 (火) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/49976626

この記事へのトラックバック一覧です: 松木行き:

« 突然の代役 in 大原美術館 | トップページ | 岡山ガスリハーサル »