« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ゴットリープ

201010236gottlieb

Piano cityに出ていた、オーストリア人の友達、ゴットリープ・ヴァリッシュ。

アンディとも共通の友人で、ドヴァイヨン門下。

さて、どっちが年上でしょう(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

幸せとは

ちょっと前に人から、

「君にとっての幸せって何?」

って聞かれたことがあって、

ちょっとだけ考えて、

自分にとっての幸せは、

いい音が出したい、

たったそれだけしかないんだ、

と答えました。

今回のベルリンのコンサートは、

友達も何人か聴きに来てくれてて、

前に聞いた時よりも円熟味が出て、巨匠の演奏のようになった、と言ってくれて、

キーワードは「巨匠の弱音」

という話になったのですが(笑)、

でもそのあとで本物の巨匠の弱音を聴くと(ホロヴィッツのことね)、

もうね、

存在感が違うと言うか、

存在そのものが違うと言うか、

打ちのめされる。

じゃないな。

考えさせられる。

ん~~、違うな。

どうにかしてその次元の音を出したい、と思わされる。

これかな。

すごすぎるものを目の前にすると、人は言葉を失って、

言葉の代わりに涙しか出なくなる。

音ってなんだろうね。

なんで心を打つんだろうね。

どんな音が心を打つんだろうね。

なんで音に乗せると、自分の全てをさらけ出すことが出来るんだろうね。

音楽がこの世に存在することは、奇跡だと思う。

そして、そんな奇跡を享受するだけじゃなくて、

自分自身で作り出すことが出来る場所にいることは、

もっともっと奇跡だと思う。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

Piano city

20101023pianocity_2

20101023pianocity_3

ベルリンでのコンサートnote

今週末はベルリンがPiano Cityになっているのです。

あちこちでホームコンサートが行われて、

ここラディアルシステムでも、19時から5時間にもわたるコンサートが2か所で同時に行われましたshine

それに出演するためにベルリンに来てたわけです。

主催してるのは、まあ僕がドイツに来ると言うとだいたい分かる方は分かると思いますが、

おなじみアンドレアス君です。

3月に日本に来た時に、こんな企画を準備してて、国から何百万円ほどの資金を引き出してなんたらかんたら、

とか話してたから、この人は一体どこまですごいんだ、

と思っていたら自分もそこで弾かせてもらえることになって、

しかもメインのコンサートのトリということで、

結構気合入れて勝負プログラムで臨んだんですが、

会場の盛り上がりは期待したのの何倍もすごいものでしたnote

あ、ちなみにプログラムは、

シューマン:アラベスク

ブラームス:間奏曲Op.118-2

ショパン:ピアノソナタ第3番

19時から一人1時間ずつ演奏する5人目だったので、

なんと弾き始めたのは23時過ぎ。

日本時間早朝6時です。

昨日はなんとか起きてたけどまぶた閉じそうだったし、

おとといは10時くらいに早々に寝てしまったし、

果たして本当に弾けるのか、頭が回るのか、

かなり心配だったんですが、

気持ちだけで弾ききりました。

気持ちが動けば音も自然と動く。

そして聞いている人の心も動く。

ショパンが終わった瞬間のブラボーなのか叫び声なのかよく分からない歓声はすごくて、

スタンディングオベーションもたくさん出て、

すごく嬉しかったconfident

ダイレクトな反応が来るところは、さすがベルリンですねheart04

ドイツの人達にも自分の音楽がこんなに受け入れられた、というのは、

さらなる自信になります。

もっともっといい音出そconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Global city

ベルリンは食の街ではないですが、

中国は食の国です。

20101022goodfriends1

どこの街に行っても中華はおいしいけれど、

ここは留学時代にしょっちゅう行っていた中華料理屋、「Good Friends」。

20101022goodfriends2

もう豚バラなんてメニューの番号まで覚えてしまいましたよ(笑)。

あまりにもおいしそうなんで、

20101022goodfriends4

そのまままるかぶりしたくなってしまいます。

あ、最初の写真のは全部一人で食べるわけではないので。

念のためcute

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルリンとは

20101019hirschgulasch

「食の街である」


・・・・とはとても言い難い。。。

この無骨な脂っこい料理snow

しかしうまい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルリン

なんと実はベルリンに来ていますhappy01

昨日の夜到着。

久しぶりの国際便は疲れたな~~dash

天気予報によると最低気温マイナス1度とか書いてたけど、

そこまで寒くはないみたい。

昨日は着いたそのままの恰好、Tシャツのジャケットという服装でも、

ホテルの近くのスーパーくらいは行けたので。

とは言っても、周りはもうみんなコート。

今日からはちゃんと冬の服装しなきゃnote

そういえば、ベルリンに留学したのも10月。

あれはもう10年も前のことでございます。

あの時も寒くて寒くて、

10月の終わりくらいに耐え切れずにコートを買ったんでした。

あのコートどうしたっけなぁ。

なかなか合うサイズがなくて、しかも当時は服とか全然興味なかったので、

かなり不格好なコートだったような気がします(笑)


   

| | コメント (7) | トラックバック (0)

うどん

凝りもせず食べ物ブログですが^^;

しかし今回は並の食べ物ブログではないのです。

なんと、うどん4連弾ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

見よ、この讃岐の国の栄光を!

AB96F9D3-23FE-4A8F-A1DF-D07A99F71697

A7AF111F-0012-4BEC-A549-CD0DA647F5D8

D2CF8E9D-06F3-488E-863F-4E059E195458

99E9AC62-EDE3-4EE8-B87F-A38B65D73EBC

4杯のうどんを2時間半で食べ尽くすという荒技。

やっぱり香川ならではですね♪

ちなみに、上から

さぬき冨士

彦江製麺(10月いっぱいでやめますって書いてた。来てみてよかった(^^))

ジャンボうどん高木

岸井うどん

です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

食べ物ブログ

ついに言われてしまった。

倉敷ジュニアフィルのコに、

「最近ブログ食べ物の写真ばっかりですよね。」

と。

不覚である。

なので今日は、とっておきの写真をアップしようと思う。

20101012_122

| | コメント (1) | トラックバック (0)

I am a solist

という岡山フィルのコンサートを聴いてきました。

オーディションを受けて、プロオケと共演出来るという夢のような企画。

こういう機会があるのはすごくいいことです。

今回は生徒が出てたので聴きに行って、

前にも後にもレッスン詰めてたのでほとんど他の人は聴けなかったんだけど、

きっとそれぞれみんな輝いてたんだと思う。

うまくいったところも、いかなかったところも、

どんな出来栄えでもきっと音楽家として一回りも二回りも成長出来るんだろうなぁ。

それにしても、9人ものコンチェルトを伴奏した岡山フィルの皆さん、

お疲れ様ですcoldsweats01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

レッスン

ある日久しぶりに演奏を聞くと、驚くほど変わっていることがある。

上手になっていた、とかじゃなくて、人が変わったのかと思うほど。

だいたいそういう時は、弾く前から目も違ったりする。

その瞬間に立ち会えるのは、すごく嬉しい。

コンクールで1番になれる、とかではないかもしれないけど、

素敵なことだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休初日 ~ 山田和樹さん

20101009_097

国民文化祭のリハーサルのために13時には岡山にいないといけないので、

宇都宮を早朝8時発という超強行スケジュールで移動しましたbullettrain

とか思ってると、やまかずさんはなんと、今日の朝パリから名古屋空港についてそのままリハに来るという、強行どころじゃないスケジュール。

よくやるな~~dash

ところで、昨日の夜新幹線の座席を予約しようと思ったら、なんだか結構いっぱい。

今日も駅にえらい人が多い。

なんでかなぁと思ったら、連休初日なんですね~~eye

音楽家やってると、いつが休日か、いつが連休かなんて全然関係なくなるので、

いざどこかに移動しようと思ったら新幹線が取れなかったり、

高速がめちゃめちゃ混んでたり、で、

あまり連休がありがたくなかったりするんですよねcoldsweats01

そんなこんなで、近年まれにみる爆睡をしながら岡山に着いて、そのままオーケストラの祭典のためのリハへ。

倉敷ジュニアと岡山ジュニアが中心となったジュニアオケと、

山田和樹さん指揮でラプソディ・イン・ブルーです。

いやはや、やまかずさんすごい!!

どんどんオケがまとまって、いい音が出てくる。

すごいエネルギー。

そして、すごい頭の回転。

こりゃあもう宇宙人だな(笑)。

本番が楽しみですnote

その前に明日は倉敷ジュニアの練習か~~shine

やまかずさんばりに叫びながら指揮してみようかな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

餃子の街

コメントで、「みんみんか?」

というのがありましたが、

前に載せてた餃子の写真は正嗣という餃子屋です。

なんと、焼き餃子と水餃子しかない。

ライスもビールもない。

ひたすら餃子だけ食べ続けるわけなんですが、

これが全然飽きないんだわ。

5D8B4A7A-83E5-426C-BC7F-A774BD3238BB

もいっちょ正嗣の餃子。

5E6DFA2A-631E-46A2-8711-67E553C01C3D

こちらは日本最大級のチェリスト、

向井航。

E8AF5316-1185-4368-802F-0680392DD8D7

こちらは日本最大級にメニューの多い(400種類?)イキイキ餃子。

1FD9D239-80A9-4E09-B973-789B15143442

こちらは日本最大級のチェリスト、

向井航。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピアノトリオ in 宇都宮

まつきとわたるとはなこのトリオ、

広島と大阪に続いで3回目の演奏会は宇都宮です。

僕は先月28日にも宇都宮でリサイタルをやっているので、

1週間おいてまた同じ街で本番。

リサイタルの時のトークで、

「同じ街で3年も連続で演奏会が出来ることなんかなかなかないから嬉しいです。」

というような話をしたんですが、

同じ街で1週間後に本番あるなんてことは、

岡山を除けば、なかなかどころじゃなくてまずありえないことなので、

それだけなんだか宇都宮という街と近くなったような気がして嬉しいですね。

トリオのほうも、同じメンバー、同じプログラムで3回目ともなると、

いろんなものが見えてきて、

今までにないほど自分の中のいろんなものが引き出された気がします。

ショパンのソナタの時のように最高に覚醒した状態で、ではなくて、

もっと沈んだ状態で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮

20101005_179

宇都宮と言えば餃子ッッ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

仙台

20101005_173

仙台と言えば牛タンッ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

せんくら3日目

せんくら3日目は、自分の出番はなかったけど、

師匠のパスカル・ドヴァイヨンと奥さんの2台ピアノのコンサートを聞いたり、

ヒロシマミュージックフェスティバル以来よく知っているヴァイオリンの大江馨君が、

高校2年にしてオケと初共演するその舞台を聞けたり、と、

有意義な一日でしたnote

オケとの初共演が仙台フィルなんて、すごいなぁshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんくら2日目〜前橋汀子さん

今日は前橋汀子さんのリサイタル。

しかも会場を変えて2回!

45分のリサイタルなので合わせたら2時間のコンサート1回分なわけですが、

短くても本番1回っていうのは1回分のエネルギーを使うもんですねぇ。

しかもその合間にブラームスのコンチェルトの練習なんてしてたもんだから、

2回目が終わったらもうくたくた(笑)

だけど我らが巨匠、前橋さんは考えられないくらい元気。

「わたし弾きすぎると疲れちゃうのよねぇ。」

なんて言いながら、いやいやとんでもない、

ものすごい気迫の演奏を2回ともされてましたよ。

特に今日は、最初に調弦で1音出した時から調子が良さそうで、

とにかくすごかった。

ソナタじゃなくて小品をやっていてもこれだけ引き出してくれる方っていうのは、

ホントにいないですねぇ!

そういえばまだ東京とか岡山とかでご一緒出来てないんだなぁ。

皆さんに是非とも一度聞いてほしい、素晴らしいアーティストです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せんくら1日目~リサイタル

せんだいクラシック1日目はリサイタルでした。

初仙台でのコンサートがこんな華やかなフェスティバルだというのは、嬉しいことです。

会場はそんなに広くないスタジオホールでしたが、

気持ちさえ伝わればきっとそんなのは関係ない!

渾身のショパンの3番を弾いてきました。

また次に仙台で何かにつながっていけばいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »