無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 続々々々熊本レポート(写真日記) | トップページ | 未来を見つめるまなざし »

2010年7月 8日 (木)

連弾でシンフォニー

今日は芸大の中で、

恩師である角野先生の門下で連弾のコンサートがあるというので、

聴きに行ってきました

曲目はなんと、ブラームスの4番のシンフォニーと、

ドボルザークの新世界。

まあオケの曲を連弾でやっても、どうしても安っぽい編曲みたになっちゃうものだけど、

予想に反してすごく豊かで壮大な世界でした。

それもそのはず、

どっちの曲も作曲家自身の編曲なんですね。

しかも先生が言うには、

ブラームスもドボルザークも連弾の曲をたくさん書いてるから、

どうやったら連弾で豊かな響きを得られるか、

熟知していたんじゃないか、と。

なるほどね〜。

1台ではあそこまで豊な響きは出せないけど、

連弾にするとオケの曲も弾けるんですね。

そのうちやってみたいものだな〜

« 続々々々熊本レポート(写真日記) | トップページ | 未来を見つめるまなざし »

コンサートなどを聴いて」カテゴリの記事

コメント

今年はマーラー生誕150年でもあるんですよね。
やっぱりピアノ曲が無いとマイナーなのねと思ってたところでした。
マーラーのシンフォニックな世界も、1台でも室内楽でも・・・、いつか聴かせていただける機会があったらうれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連弾でシンフォニー:

« 続々々々熊本レポート(写真日記) | トップページ | 未来を見つめるまなざし »