« EXILE | トップページ | 三十路になって早一年 »

もくもくもくも

A100725

今度は親戚の家からの1枚。

なんでこんなに空とか雲とか好きなんだろうなぁ。

特にこの時期の空は、たまらないですね。

あ、秋の空も好きですが。

東京の冬の晴れ空も好きかな。

好きじゃないのはどんよりした空、

はっきりしない空、

梅雨時の煮え切らない空。

今の季節の空を見てると、

突然小学生くらいの頃にタイムスリップすることがあります。

特に、うとうとしそうになるほんの一歩手前くらいの時に、

突然小さいころの感覚が戻ってくるんです。

それは、何か風景を思い出すとか言葉が出てくるとかそういうことではなくて、

皮膚感覚で全部思い出す、というようなもの。

土曜日に羽田から広島に飛ぶのにゲートで待ってた時も、

突然ベルリンで飛行機を待ってる時の感覚を思い出したりしたし。

これって何なんでしょうね。

眠りにつく瞬間っていうのはなんか頭の中の普段は閉じている部分のドアが開くんでしょうね。

それで、今までは一つ一つの要素をたぐりよせるようにして思い出していたようなものを、

そのまんまそこにもう一度連れて行かれたように、

五感全部いっぺんに思い出させてくれる。

そういう一瞬はすごく貴重ですね。

「今」という時間は「現実」だけど、

「過去」という時間は「心」ですね。

過去は、もう戻れないから美しい。

それは、崩れる一歩手前の美、というようなものとも相通ずるものがあるかもしれません。


|

« EXILE | トップページ | 三十路になって早一年 »

日記」カテゴリの記事

コメント

眠りにつく直前、意識から無意識へと
移り行くような状態があるらしいです。
顕在意識から潜在意識とか、何とか・・・
難しいので覚えてないのだけれどsweat01

出来事は忘れてしまうけれど、その時感じたものは
無意識サンが忘れないのだそう

雲も空も、あっという間に姿を変えていって
二度と同じ物には出会えないから。
強いのに儚くて、美しいです

投稿: chisato | 2010年7月27日 (火) 23時14分

あーなんだか分かります♪私は真夏にうとうとお昼寝していると、7~8歳の感覚に戻る時があります。不思議ですよね(笑)

投稿: 手鞠猫 | 2010年7月27日 (火) 22時20分

みそいちおめ。ヲトナ。

投稿: ウィーン太郎 | 2010年7月27日 (火) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/48985868

この記事へのトラックバック一覧です: もくもくもくも:

« EXILE | トップページ | 三十路になって早一年 »