無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« リサイタル in 倉敷に向けて | トップページ | 酒飲みは果たして遺伝するのだろうか? »

2010年7月30日 (金)

気持ちは音に乗って

音は気持ちを引き出して

心の中ではいつも音が鳴っている

幸せな音

悲しい音

淋しい音

形がなくて色彩だけの絵のように

メロディはなくても何か音がそこに鳴っている

ピアノを弾く時は

その引き出しの中から音を見つけ出してくるだけ

でも引き出しはすごく奥が深くて

手を伸ばせば

もっと手を伸ばせば

今まで知らなかったような音が転がってるかもしれない

鳴り続けているその音がもし止まったら

音楽家は死んでしまうんだろうな

鳴り響け

ずっとずっと

« リサイタル in 倉敷に向けて | トップページ | 酒飲みは果たして遺伝するのだろうか? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

感情は音となり気持ちたくさんの引き出しあるでしょうね

奥深い引き出しから奏でる音は素敵な演奏となり私達に伝わってくるのかなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« リサイタル in 倉敷に向けて | トップページ | 酒飲みは果たして遺伝するのだろうか? »