« 絞り出す | トップページ | 雨男・改 »

奇跡のラフマニノフ

100627

指揮者の角田鋼亮君とshine

ラフマニノフはやっぱりいいなぁ。

ラフマニノフ弾くのは意外と久しぶりで、2008年の山田和樹さんとの瀬戸フィル・岡フィルの合同演奏会以来。

この曲は昔から自分の中で一番想いを乗せることが出来る曲だったんですが、

今でもそうなんだなぁ。

どうやったらこんなにきれいで切ない曲が書けるんだろう。

弾きながら涙が出そうでした。

いや、出てたのか。

どこまでも途切れることなく続く広大なロシアの憂鬱、

曲が全く書けないスランプからようやく抜け出した、

音楽が再び出来る喜び、

光を求める強烈な欲求、

激しいパッセージの中にもポツリとしたたる涙の音色。

全てに共感出来る。

やっぱりラフマニノフだなぁ。

倉管の皆さんも、角田さんも、

すごくやりやすくサポートして下さって、

全部出し切ることが出来ましたhappy01


|

« 絞り出す | トップページ | 雨男・改 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

初めて投稿します。
こちらのブログで倉管の演奏会を知り、昨日思い立って倉敷市民会館へrun

ズッシリとのしかかってくるような、光と闇が渦巻くような、そんなラフマニノフに圧倒されました。
角田さんも素敵でしたし♪

ただ…いい演奏を聴いた明けの日は、いつも決まって仕事に身が入らない(笑)。いつまでもあの世界観に浸っていたいと思ってしまうんですよね。
9月の芸文館チケットもゲットしたし、明日は仕事頑張るぞ!

今日はプーランク(勿論松本さんの)聴きながら寝ますsleepy

投稿: ゆうこりんご | 2010年6月28日 (月) 23時26分

松本さんの音は
誠実で、一瞬の寄り道もせずに
まっすぐに心に届いてきました。
最初の一音目から最後の音まで
途切れることなく、みんなの心に直接届き続けました。

もう、とりめしも何もかも忘れました・・・。( ̄▽ ̄)

まだ昨日の余韻に浸っています。
本当にありがとうございました。


投稿: あきこ | 2010年6月28日 (月) 13時10分

松本さん

初めまして。おはようございます。
昨日の演奏会、大変素晴らしかったです。
同じラフマニノフの曲を、数日前にFMで耳にしていました。

やはり、生で聴くのは素晴らしいですし、
松本さんの演奏はロシアの(行ったことないのですが)風景を感じました。
心の中でラフマニノフーーー!
松本さん、最高~~~!!
と叫んでいました。

指揮の角田先生も素晴らしかったです。
また、このタッグでの演奏を聴く機会を作って欲しいな~。と思いました。

素晴らしい演奏を、
地元で聴くことができて、
幸せな時間を戴きました。
ありがとうございました。

投稿: hananeko | 2010年6月28日 (月) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/48739494

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡のラフマニノフ:

« 絞り出す | トップページ | 雨男・改 »