無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« クラウス・ヘルヴィッヒ | トップページ | イブニングDonDon »

2010年6月23日 (水)

熊本のリサイタル

そういえば、今日がCD発売日ですねぇ

皆さん手に取られましたか

いや、そう簡単にはいかんか・・・

ところで、昨日のブログのコメントにあこさんが熊本のコンサートに来て下さるということを書いて下さってましたが、

多分当日券は出ないだろうということなので、

もしまだチケットお持ちでないようでしたら、早目に問い合わせをして頂いたほうがいいかも。

それにしても、ひょんなことから(というか前橋汀子さんのリサイタルですが)つながりが出来た熊本でリサイタルが出来て、

しかも今の段階から満員になっているとは、

これほど嬉しいことはないですね。

後は、いい演奏が出来ればそれで全て完璧だ

今回は、四国に引き続きショパンのソナタ2番3番を後半でぶっつづけで弾くという、

半ば自分いじめのようなプログラムです。

でも、そういう中だからこそ見えてくるものってきっとあるはず。

安全圏を走って無理をしないでやっていくことは、簡単ですが、

ショパンの心の中で何が起こっていたか、

自分の心の中で何が起こっているか、

そういうものを深く感じ取りながら絞り出すように表現をして行けば、

きっとまた次のステージに進めるはず。

そして、自分は続ければ続けるほどエネルギーが増大していくタイプなので(なので1曲だけエチュードを上手に弾く、とかはすごく苦手です)、

2番のエネルギーを3番にそのままつなげることが出来れば、

すごく大きな感動のクライマックスを作ることが出来るはず。

ただ、2番と3番はやはり全く違うキャラクターなわけで、

途中でモードを切り替えないといけないので、

2曲で45分だとしても、50分の大曲を1曲弾くより大きなエネルギーが必要だったりするわけです。

まだそのエネルギーを維持することと格闘してるんですが、

そろそろ一番いい力の使い方が見つかるかな。

さて、その前にラフマニノフ。

そのあとは岐阜の室内楽に、広島・大阪の室内楽。

全部やりたい曲づくめなので、気合入れていかないと

« クラウス・ヘルヴィッヒ | トップページ | イブニングDonDon »

日記」カテゴリの記事

コメント

熊本リサイタルチケットの件ありがとうございます
チケット購入したくて調べましてに送って頂きましたぁ
昨夜も友人としながら松本さんのお話で盛り上がりましたぁ
CD発売おめでとうございます

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本のリサイタル:

« クラウス・ヘルヴィッヒ | トップページ | イブニングDonDon »