« 浜松の鰻 | トップページ | 薄いサングラス »

ピアノとえんぴつ

ピアノは何でも出来る楽器である。

和音もオーケストラ並みに弾ける。

どんな楽器とも合わせられる。

どんな時代も音楽ともマッチする。

自分ひとりで音楽を好き勝手作ることも出来る。

でも、そんなピアノの弱点は音が伸びないということ。

ピアノは全体として聞かせる楽器だから、

すごくいい雰囲気とか流れとかを作っていても、

前にたつ歌手にたった一音死ぬほどきれいな声を出されてしまったら、

絶対それには叶わない。

音が伸びるピアノがあったら、他のどんな楽器にもどんな要素でも負けないのに、

ってずっと思っていたんだけど、

ふと、それはそのまま「音を伸ばさなくてもいい」っていう長所でもあるんじゃないか、

と思った。

物理的に考えると、ピアノの音は一音一音全部減衰しているわけで、

次の音につながっていくってことは本来はありえない。

それがレガートに聞こえるっていうのは、人間の耳の錯覚を利用してるだけ。

フレーズ感、音と音の間、音量、音色、いろんなものを駆使して、

「あたかも」音がつながっているように聞こえさせる。

逆に言うとそういう作業が全部的確に出来ていれば、

ペダルさえ踏んでいれば音を伸ばす必要がない。

他の楽器はその音が伸びてる間中音質に気を使わないといけないけれど、

ピアノは泣いても笑っても一度出した音は変わってくれない。

だからこそ、あらかじめどういう音を出せば次の音につながっていって、

レガートに聞こえるかということが分かれば、

一本指でもすごくきれいなレガートを作ることが出来る。

これはタッチの問題ではない。

頭の問題だ。

それを実証するために、僕は一本指でトロイメライを弾いてみた。

うん、つながる。

一本指だから、音色そのものはそんなに変わってないはずだ。

でも、間合いとか音量とかだけで音色も作れてるように感じる。

でも、それはもしかしたら指先のちょっとした感覚で作り出してるのかもしれないから、

今度はもっと大げさにやってみようと思って、

えんぴつでトロイメライを弾いてみた。

うん、やっぱりつながる。

腕の使い方とかである程度音色は変えられるだろうけど、

それでも所詮はえんぴつ。

鍵盤にあたるところの柔らかさが変わるわけでも、途中がしなるわけでもない。

毎回同じ音色のはず。

それでも、深い音色、ふわっと浮く音色、

そして何よりもレガート、

そのようなものが作りだせる。

もう一度。

これはタッチの問題ではなくて、頭の問題。

ピアノは指ではなくて頭で弾くもの。

最後は一番たくさん的確に考えることの出来た人(天才的な感覚の持ち主は除いて)が一番上達出来る。

ある意味度量の広い楽器だけど、ある意味たくさんのものを弾き手に求める楽器だ。

それにしても、一人で部屋でえんぴつを持ってピアノを弾いてる姿って、

はたから見たらどんなものなんだろうか・・・

|

« 浜松の鰻 | トップページ | 薄いサングラス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

「ピアノは指ではなくて頭で弾くもの。」
ということを松本さんはまさに体現されていると思います。

以前にもコメントさせて頂きましたが、昨年10月の東京文化会館でのリサイタルをお聴きしました。http://ameblo.jp/wayang/entry-10362710295.html
一緒に聴いた友人が「(あまりに演奏がすばらしかったから)松本さんの弾き方を真似っこしてみる」と言いました。
それを聞いた私は、「弾き方」を真似ると言っている時点で、松本ピアノを真似はできないだろうと思いました。指の動かし方、休符の長さ、強弱のニュアンスなど、外見的な意味での「弾き方」を真似るということには何の意味もないだろうと思うのです。
松本さんのピアノの何が他と違うのかというと、指の動かし方ではないでしょう。結局、松本さんの頭の中で作り出される音楽世界がすばらしいのであり、弾き方を真似る前に、松本さんの頭の中を知りたいと願うべきだと思ったのでした。

松本さんが作ろうとするもの、松本さんの中で創造するもの、想像するものが、まだ誰も知らないような、他に比類なき素晴らしいものであり、それが人の心を惹きつけ動かすのであり、我々が夢中になるのは決して指の動かし方ではなく、松本さんの頭が作り出す世界の何たるかなのでしょう。もちろん、それを表現できるだけの確かな指の技術があってこそ「松本ピアノ」が成り立っているのだと思います。
「ピアノは指ではなくて頭で弾くもの。」という言葉に、このようなエピソードを思い出しました。長くてすみません。
今後とも、すばらしい音楽を期待しております。くれぐれも御身体にお気をつけ下さいませ。

投稿: Yuri | 2010年6月 8日 (火) 23時54分

鳴るほど~

投稿: 手鞠猫 | 2010年6月 8日 (火) 23時25分

松本さん、こんばんは。
「おぉっ!おもしろそう!わたしもやってみよう!」と、さっそくトロイメライの楽譜を取り出し、まずは一本指(人差し指)でやってみました。ん~、なるほどなるほど・・・catface思わずほかの指も使いたくなってムズムズしましたが、実験前に想像していたよりはそれらしく弾けたような。。。(←自分比)
それからエンピツでもやってみました。カチャカチャと音がするのが気になりますが一本指のときとそれほどかわらない感じかな?

あっ、この実験、ペダル使ってもいいんですよね??

松本さんの一本指奏法と、エンピツ奏法は、音だけ聴いたらそれとはわからないほどすばらしいんだろうな~思います。公開レッスンなどの機会がありましたら、ぜひ聴かせてください!notes

投稿: ふわふわ | 2010年6月 8日 (火) 23時23分

今度は「えんぴつで弾くピアノ講座」お願いします(笑)。
ピアノは、たしかに音を伸ばしている間の気苦労はないですよね。そう思えば「音を出す瞬間」の集中も、よりやる気が増すというもの。
・・・いいお話、ありがとうございました。

投稿: いぞるで | 2010年6月 8日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/48572094

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノとえんぴつ:

« 浜松の鰻 | トップページ | 薄いサングラス »