« チャイコフスキー | トップページ | 体調管理の不思議 »

岡山交響楽団第50回定期演奏会

チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番、

会心の出来だったと言えるかなnote

もう何度も何度も弾いてきたコンチェルト。

でも、ここのところ意外と弾く機会がなくて、5年ぶりくらいだったんですよね。

そうすると、やっぱりその間に自分自身も成長し変化していたみたいで、

今まで必死に格闘しないと弾けなかったところがすっと楽に弾けるようになってる。

すると、弾くだけで精いっぱいだったところにも全部表情が付けられるようになるんですよね。

そして音色の引き出しも増えて、どういう音色を出せばロシアの大地が思い浮かぶかというのが、

気持ちだけじゃなくて指先でも感じることが出来る。

リハの時には怖かったようなところも、

今までの自分とは違うんだ、ということに気づけばほとんどうまく行ったり、

少しズンと響くチャイコフスキーに近付けたんじゃないかな、と思いますshine

オケの皆さんも、本番が一番集中してて今までうまくいかなかったところもうまく行ってましたねnote

さて、連日のように本番が続いていた日々も少し鳴りをひそめ、

1週間半ほどは空き間が空きますhappy01

コンサート終わって帰って、とりあえず何も考えずにゆっくり出来るというのはいつぶりだろうか。

とは言っても、明日から早速8日ほどはレッスン週間なので、なんとか合間を縫って練習しないといけない日々になるわけですが・・・cat

|

« チャイコフスキー | トップページ | 体調管理の不思議 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

初投稿です。
昨日の演奏会を拝聴しました。

すごい勢いでとても楽しめました。
また来月もラフマニノフを聴きに行く予定です。

投稿: つんこ | 2010年5月24日 (月) 14時38分

松本さんのピアコンは今年2回目。前回はショパン、今回はチャイコ。どちらも言葉に表しきれない素晴らしい演奏でした。

今日はずっしりとロシアを満喫するプログラムでした!!松本さんのピアノは松本さんが中学生の時からのファンですが、毎回演奏会の度に泣きそうになります。音の一つ一つが意味と表情をもって私のところまで届いてきます。時代の背景が鮮やかに浮かびます。
なんであんな音が出せるんだろう。
いつもそんなことを考えながらも最終的には忘れてすっかり癒されて胸がいっぱいになって、また明日から頑張ろうって思わせてくれる、私のパワーの源です!!来月のラフマニノフ、楽しみにしています♪
龍之介くんとゆっくり過ごしてください。

投稿: クロ | 2010年5月24日 (月) 01時46分

なんだかとにかく、松本くんの指が見たくて、かなり左側の席に座りました。

私が初めて生で聴いたのがチャイコンだったので、19歳のあの姿と、今の姿と、父親になられたというタイミングと、うまく言えませんが泣きそうになってしまいました。
あのとき3楽章のあそこで、立ち上がりながらアタックしてたなあとか、懐かしく思い出されました。その場面での今のアプローチが、研鑽を積まれてきた賜物だったので、もう涙腺が崩壊寸前でした。
若き松本くんのチャイコンも、今の洗練された演奏もどちらも大好きです!

岡響さんのアンコールのマスカレードは、私へのサプライズですか(笑)
心臓が止まるかと思いました。

素晴らしい演奏会。日帰りでしたが、足を運ぶことができて、本当によかったです!

投稿: hiroe | 2010年5月24日 (月) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/48442720

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山交響楽団第50回定期演奏会:

« チャイコフスキー | トップページ | 体調管理の不思議 »