無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« フィギュアスケートなどなど | トップページ | 四季を指揮 Vol.2 »

2010年2月28日 (日)

四季を指揮

100301

大量の四季のDVD

今回はチェンバロを弾きながら指揮をするんですが、

なんだかこの曲の指揮は難しい

管合奏でやる愛のあいさつとかも動きが複雑だから難しいかなと思ってたけど、

意外と自由に動かせるほうが楽だったりするんですよね。

ブラームスのハンガリー舞曲の時も思ったけど。

やっぱり一番オーソドックスで何も変なことが出来ない曲が一番難しい。

やっぱり運命が難しかったかなぁ

というわけでまた東京に帰ってます

3日後くらいにはまた倉敷。

毎週往復記録4週目に突入です

« フィギュアスケートなどなど | トップページ | 四季を指揮 Vol.2 »

日記」カテゴリの記事

コメント

ア・パッショナータのバッハでファンになり。ヴォカリースが良かったす。癒しの曲なのに他の人は、自分の名誉欲で弾いてる。

チェンバロの弾き振りですか?!カッコいいですね。

こちらは昨日、例の5時間のショパン企画が終わりました。意外に長くなかったです。
素人のことなのでいろいろな演奏がありましたけど、泣けるのもかなりあって、感動的でした。

私自身は(細かいことはおいといて)、気合だけはなんとか伝わったかと・・・。
ご指導ありがとうございました。
また次お願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四季を指揮:

« フィギュアスケートなどなど | トップページ | 四季を指揮 Vol.2 »