« メディアDay | トップページ | リサイタル in 金沢 »

マズルカに寄せて

金沢入り。

案の定、新幹線のダイヤはぐちゃぐちゃ。

サンダーバードは運休してたみたいだけど、米原から乗り換えるしらさぎは時間どおり動いていたので、

20mもの列の後ろに並んでなんとか自由席に座ってホッと一息。

米原を出てあっという間に辺り一面銀世界。

少し吹雪いてきたので、特急は自転車くらいの速度でずっと走っている。

時折思い出したように現れる小さな集落。

家も車も道もまっ白な雪をかぶって、どこにも人の気配がない。

雪は、音も気配も全部消して降り積もっていく。

全部消していく。

そして僕の中で、音が聞こえてくる。

この世界に、自分と音だけ。

マズルカOp.59。

ショパンがこの曲にこめた想い。

孤独。

そしてそれを演奏するフランソワがこの曲に託した想い。

孤独。

想いが胸の中に染み込んできて、涙が出そうになる。

自分もそんな音が出したい。

それは願いとなって、今度は自分自身の指先から放たれていく。

そんな音が出したい。

列車はいつの間にか少し開けたところを走っていて、

さっきまで真っ白だった世界に少しだけ色彩が戻っている。

そういえば、この世界には空があって、雲もあったんだった。

それも、暗い色の雲、儚く散っていきそうな雲、その向こうで薄く意志を見せている雲、

いろんな雲が重なり合って一つの物語を作っている。

手前の山のふもとには霞がかかっていて、

それを見て、なぜか僕は悲しくなる。

通り過ぎたたくさんのコンサートが脳裏に次々と蘇ってきて、

全部夢の中の世界だったように思えてくる。

悲しみと、切なさと、優しさは、同じ感情なんだろうか。

たくさんの夢の世界をくぐり抜けて、今自分はここにいる。

ここも夢の世界?

夢の中なら、きっとどんな音でも出せる。

願いをこめて。

|

« メディアDay | トップページ | リサイタル in 金沢 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

昨年末の宮崎コンサートにて迫力ある且つ繊細に感性豊かな演奏にパワーと元気をもらい、とても幸せな気持ちになり癒されましたぁshine
シューベルトも素敵でしたぁlovely
その後ブログも楽しみに拝見させて頂いてます。
文章、読んでると松本さんの優しさ伝わりますねconfidentheart02
次回のコンサートも楽しみにしてますnote

投稿: あこ | 2010年1月14日 (木) 18時20分

詩人でいらっしゃいますねぇconfident
目を留めること、耳を澄ますこと、感じること、考えること、人としてある為の行為の全てが繋がっているのですね。表現することがその上に成り立っていると思えば、なぜ松本さんの「音」に心を揺す振られるのかが解ります。
同じ場面は二度と無いと言いますが、受け止める自分自身が違えば、全く違う事象になるのでしょうね。こちらを拝見するだけでも勉強になります。
これも生涯学習でしょうかcoldsweats01

投稿: ひなまま♪ | 2010年1月14日 (木) 10時44分

ああ、雪よりも白い言葉。
そのマズルカ、聴きたかった、本当に聞いてみたかったです。

投稿: ミナ | 2010年1月14日 (木) 08時52分

またまた松本さんの文章に癒されましたshine

就寝前はいつも読書をしているのですが、今日も松本さんのブログは素敵な小説を読んでいるように、うっとり〜してしまいましたheart04
生きているこの瞬間が夢ならどんな事もできる・・・
と願って、今を生きようと思いましたcoldsweats01

凄〜く勇気をもらえましたありがとうnote

投稿: まりっぺ | 2010年1月14日 (木) 01時25分

追伸
フランソワのショパンは触れば血がでるような、痛みがありますよね?だから、ほとんど聴けないです
松本さんのショパンは、美しいけど底に暖かいものが流れていて、だから何度でも聴きたくなりますshineshine
ではお休みなさい

投稿: 眠り猫2 | 2010年1月14日 (木) 00時42分

美しい文章ですね一面の銀世界が目に浮かびます。夢であって夢でないのが、この世かも知れませんねcat
松本さんのshine感性shineは宝物だと思いますshine

投稿: 眠り猫2 | 2010年1月14日 (木) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/47288409

この記事へのトラックバック一覧です: マズルカに寄せて:

« メディアDay | トップページ | リサイタル in 金沢 »