無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« カメ | トップページ | 明日のイブニングDonDon »

2010年1月10日 (日)

運命の怖さ

今日は倉敷ジュニアフィルの新年会でした

いろいろと出し物とかもあって楽しかったんですが、

演奏もあって、

今回は指揮をせずにヴァイオリンパートで参加

曲目は運命の1楽章とブラームスのハンガリー舞曲5番。

いやはや、

運命ってこんなに怖い曲だったとは

そりゃあ振るのも怖いんですよ。

最初のひと振り、そしてみんな果たしてそろって出てくれるかどうか、

とかフェルマータの後の緊張感のある始まり、みんなそろって出てくれるかどうか、

とか。

でも、弾くほうはもっと怖いんだなぁ

最初っからして、

勢いよく弾こうとして飛び出してしまったらどうしよう、

ものすごい音程になってしまったらどうしよう、

とか考えてたらすごく縮こまって小さい音楽になってしまったらどうしよう、

結構不安があるもんなんですねぇ。

一度オケ中で弾いてみるといろんなことが分かるもんですねぇ

自分がただ単に弾けないから、という説もないではないけれど・・・


« カメ | トップページ | 明日のイブニングDonDon »

音楽」カテゴリの記事

コメント

昨日はご挨拶も出来ず、失礼いたしました。

新年第一回目の練習に参加できず、娘も大変残念がっておりましたが、成人式と重なっては仕方ありません。
お願いした写真館が交流会館のすぐ近くでしたので、せめて・・・と立ち寄れたのですが、振袖姿では弾き初め(吹き初め)もかなわないまま、成人式会場に向かいました。

次の機会、20日の作陽創立80周年記念演奏会での演奏を楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運命の怖さ:

« カメ | トップページ | 明日のイブニングDonDon »