« ひょうたん | トップページ | 白布温泉 »

改めて感動~ショパン:ピアノソナタ第3番

なんという名曲sign03

1楽章の苦悩、

2楽章の無邪気さ

3楽章の天国

4楽章の歓喜

まるで第9のようだflair

いろんな表情を見せてくれる1楽章からだんだん方向性が定まってきて、

4楽章に至ってはもう2つくらいの要素しかない。

A-B-A'-B'-A''-Coda。

ショパンお得意の、

テーマが戻ってきた時は最初に出てきた時よりも盛り上がるように作られている書法で書かれている。

同じ書法で書かれたものとしては、

例えば1楽章では、再現部は第1主題じゃなくて第2主題で戻るようになっていて、

しかも戻ってきた時はフォルテ。

展開部の最後のほうからの粘り強い盛り上がりから、

光が一気に広がるように主題が戻ってきて、

最初に提示された時のやわらかくてはかない印象を一気に吹き飛ばしてくれる。

2番ソナタの1楽章も同じように作られてるね。

そして、なんだかよくわからないうちに終わってしまう2番の4楽章と違って、

3番の4楽章はものすごくガッチリと構成されている。

単純なロンド形式なんだけど、

テーマが戻ってくるたびにエネルギーは濃さと推進力をどんどん増して行く。

ロンドはもはや回るようにテーマが戻ってくるものではなくて、

先へ先へと車輪が膨らみながら、

光のほうへと向っていくよう。

そして最後にたどりついたdurの部分で、

彼は光と歓びとを得て、天高く昇っていく。

もはや細かいニュアンスなんていらない。

いつまでもその生きる力のようなエネルギーを持ち続けるだけで、

曲が自然と最後まで運んでくれる。

どうやってこんなに力強い曲が書けるんだろう。

ベートーヴェンのように最初から強さを持っていた人ではなくて、

線の細い、傷つきやすい青年が書いた力強い曲だからこそ与える感動がある。

なんか最近、いろんな曲に対する共感度が上がってきたというか、

その曲にこめられたものの大きさにより深く気づけるようになってきたような気がする。

それを自分で表現できるかどうかというのはまた別の問題としてだけど。

昔は、自分がどう表現するかということにばっかり意識が行っていたような気がするけど、

今は作曲家との深い対話が出来る。

彼の心の痛みを自分自身の心の痛みのように感じることが出来る。

幸せなことだなぁ。

これを知らずに人生終えてしまう人は、絶対もったいない。

それだけ、過去の偉人が残したものというのは、自分の心の中に大きな足跡を刻んでくれる。

あとは、いかにしてそれを音に出していくか。

ん~、時間とストイックさがもっと欲しいぞdash

|

« ひょうたん | トップページ | 白布温泉 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日のブログを拝読したら、なおさら松本さんのショパンの三番、聴きたくなりました~shineshine
ショパンは体は結核にさいなまれていたけれど、精神は鋼の強さがありますよねshine
ベートーベンは体も精神も強く見えますが、菫の花のような繊細な優しさを併せ持っていたと思いますshine
作曲家って皆さん魅力的ですねeye
会いたかったです(笑)

投稿: 眠り猫2 | 2010年1月 5日 (火) 23時07分

うわ~、文章を見ているだけで、まるで演奏を聴いたかのような迫力がっ!!
今年はソナタを聴くチャンスがあるといいなぁ!
楽しみです、予習しておこう~!

投稿: ミナ | 2010年1月 5日 (火) 11時59分

松本さんがおっしゃるのを聞くと、改めて聴いてみたくなりました。
聴きたいものが多すぎて、時間とお金が足りません・・・wobbly
ほんの入り口にたたずんで、覗いているくらいの場所から、奥のほうで輝いている松本さんを見ているような気持ち・・・confident

匍匐前進中ですbearing

投稿: ひなまま♪ | 2010年1月 5日 (火) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/47208997

この記事へのトラックバック一覧です: 改めて感動~ショパン:ピアノソナタ第3番:

» 夢見るような音楽に元気づけてもらっている [Yuris blog; Sa-dou, Piano, Opera, Investment, Southeast Asia, Mideast,]
「のだめのピアノ(モーツァルト,トルコ・マーチ)がラン・ランの演奏では不服 と言うならば、じゃあ誰が良いか提案できないといけないよ」とパートナーに言われました。 うっ,,そう言われると、けっこうむずかしいですね。 いろいろと思いを巡らせました。考えに考えま... [続きを読む]

受信: 2010年1月 6日 (水) 23時38分

« ひょうたん | トップページ | 白布温泉 »