« フレンズコンサート | トップページ | 仕事納め »

藤木大地 with フレンズ

今年最後のコンサートを終えて、

一気に定年退職後のような状態になった1日でしたshine

とは言っても、まだ仕事は最後ではなくて、

4人で宮崎のケーブルテレビの収録をしましたよnote

ほぼフリートーク。

コンサート終わりで開放感にあふれているので、

次から次へと話が出てくる。

あっという間の1時間半でしたscissors

そして少しみんなで観光して、

伊丹空港行の最終の飛行機で倉敷まで帰って、

さらに広島まで車で来るという大移動。

にもかかわらず、僕、元気ですnote

意外と体力あるのかもしれない(笑)。

それにしても、「僕、○○です。」っていうフレーズが出てくると、

もはやシューベルトしか出てこないなぁshine

はい、昨日のコンサートではシューベルトになってしまいましたhappy01

シューベルトの格好をして(と言っても、メガネかけただけだけど(笑))ステージに出て行って、

「宮崎のみんな!!

こんばんは、

僕・・・・

シューベルトです

とかから始まって、自分の曲や後輩の作曲家の曲までいろいろと紹介していく、

という演劇のようなことをやったんですhappy01

それも、先週の合わせの時に大地が突然思いついて(笑)。

相変わらずの無茶ぶりだけど、

楽しかったな~~confident

ここでやはり思い出すのは、RSKのチャリティーコンサートでやったモーツァルト。

全く同じようなセリフをしゃべった気がするなぁ。

その時と違うのは、

今回は二人の演出家がついていたこと。

前日のリハで、大地とうっつーのレッスンを受けて、

演じる、ってことがどういうことかが少し見えてきたような気がして、

だいぶなりきることが出来た気がします。

本番直前の楽屋では、

「僕はシューベルトだ、僕はシューベルトだ。」

とぶつぶつつぶやきながら役に入り込もうとしているマツキ君が目撃されたとかされないとかshine

ちなみにシューベルトになったのは後半の真ん中の部分。

シューベルトの「音楽に寄せる」(大地+大萩君)

R.シュトラウス「あした!」(大地+ぼく)

プーランク「エディット・ピアフに捧げる即興曲」(ぼく)

ビートルズ「イエスタデイ」(大萩君)

E.ジョン「愛を感じて」(うっつー+大地+ぼく)

という、シューベルトからライオンキングまで時代を下っていくという流れでした。

その合間に、詩人のショーバーとして出てきたうっつーが歌詞も読むという、

面白い構成。

大地のプロデュース力は大したもんだflair

前半の真ん中の部分でやった武満さんのシリーズも、

すごくいい流れだったsign01

最初の「恋のかくれんぼ」僕だけ出て行って、アドリブで前奏を弾き始めて、

大地が出てきて、うっつーが客席から出てきて、

軽やかに楽しい時間が始まり、

そして大萩君も呼び込んで「三月のうた」。

ここで一気に深さと暗さが凝縮されて、

そのままシーンとした空気のなかで「死んだ男の残したものは」。

これがまたいい歌&詩なんですよ!!!

「いい」と一言で言ってしまうと軽く聞こえるくらい、ズシンと胸に響いてくる歌。

それをまた大地とうっつーが思い入れたっぷりに歌うものだから、

この時はギターはなしで大萩君は舞台上で聞いている状態だったんですが、

後ろから見てたらなんと泣いてました。

その後はギターと歌で「MI・YO・TA」

この前奏の大萩君の音楽がすごかった!!!

そのあとの「翼」のギターソロもすごかった!!

そして最後にピアノと歌二人で「めぐり逢い」でほんのりと温かく終わる、

という、これもやっぱりまるで演劇かオペラか、というほど計算しつくされた流れ。

すごくいいステージでしたshine

コンサートの最後では、演奏してる側が感極まって泣きそうになるほど、

感動的なしめくくりになりましたweep

1年の最後がこのコンサートで良かったなぁnote

|

« フレンズコンサート | トップページ | 仕事納め »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

うちも行きました。
マツキさんが、客席に向かってお辞儀したかと思うとすぐ座ってすぐピアノ弾き始めたのはすごく驚いて、すごい!と思いました(゚▽゚*)


残念ながら最後まで残る事は出来なくて、うっつーさんの宣言とライオンキングの歌をもう一曲歌ったところまでは聞きました。

感動でした。行ってよかったです。
また、宮崎に来てくださいshine

投稿: 涼子 | 2010年1月 5日 (火) 22時53分

松本さんの演奏を初めて聴いて本当に心打たれました。まつきカンタービレ最高でした。
シューベルトの場面では、音楽の歴史が聞けて面白くて為になりました。伴奏をされている時も、ピアノがしっとりと歌って支えていて、松本さんのお人柄がよくあふれていて本当に素敵でした。私も音楽をますます愛していこう!と心が高ぶったコンサートでした。宮崎にいらした時はまた是非よろしくお願いします♪(*^ω^*)ノ彡

投稿: camtabile | 2009年12月29日 (火) 03時23分

聴きたかった!観たかった!!と、いつもに増して感じました。
(^O^)

お蔭様で、今年は、倉ジュニにとっても充実した一年でした。来年もさらなる前進が出来るように、子供達も親も努力したいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!!

投稿: ひなまま♪ | 2009年12月28日 (月) 22時30分

とても素敵なコンサートでした(^o^)4人の演奏からは音楽が大好きで楽しんでいる気持ちがとっても伝わってきました。それから、私達観客に向けた思いやりの心と優しい愛が感じられる素敵なコンサートでした。
松本さんの演奏した'あした'では、涙が溢れて来るくらい心が揺さぶられました!
本当にお疲れ様でした。
有難うございましたo(^-^)o

投稿: Yumi | 2009年12月28日 (月) 21時34分

ハードスケジュールが無事に終了して良かったですね~shineお疲れ様です!

きっとひとつひとつが宝石のように素晴らしいコンサートだったことでしょう!
松本さんを拝見していると、生き生きとご自身の道を貫き、そして楽しまれているご様子なので、こちらも元気をいただきますshine
ひとの心を癒やして浄化する音楽の秘めたるパワーは素晴らしいです!
来年も松本さん達の演奏を楽しみにしておりますshineshine

投稿: 眠り猫2 | 2009年12月28日 (月) 17時39分

宮崎の母が「コンサート、素晴らしかった!」と報告してくれました。
私も、もう少し早く宮崎に帰省できれば、
息子と一緒に聴きに行きたかったです…
ぜひ広島でもシューベルトになってください♪
お忙しい年末のコンサートも大成功のうちに終了されたようですね。
来年も、ますますのご活躍をお祈りしております。

投稿: ピアノママ | 2009年12月28日 (月) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/47134050

この記事へのトラックバック一覧です: 藤木大地 with フレンズ:

« フレンズコンサート | トップページ | 仕事納め »