« 猪苗代湖 | トップページ | うどんとワイン »

旅と日常

A091208








人生旅から旅を愛する種族もいるらしい。

古くはシューベルト、

最近の演奏家ではバレンボイムとかはそういうタイプだそうですね。

僕は全くそういう気質はなくて、

基本家派です。

どんどん自分のルーツへルーツへ閉じこもっていきます。

最終的には多分倉敷の、

しかも自分の生まれ育った土地に帰っていくと思われます。

でも、旅もまた好きなんだな~

旅から日常には、ほんの一瞬の間に戻ってしまいます。

でも、戻ったいつもと同じ風景が少しだけ違うように見える。

その「少しだけ」のために、旅っていうのはあるのかなぁ。

|

« 猪苗代湖 | トップページ | うどんとワイン »

コメント

私も、旅する民族…にはなれそうもありません。
狩猟民族か農耕民族かと言えば、間違いなく農耕民族です。
遊牧民にもジプシーにも憧れはありますが、季節とお天気とを感じながら、決まり事の中でささやかな自由も楽しみながら暮らす方が、落ち着くかなぁと思っています。

どうぞ、根っこをしっかり倉敷に残しながら、蔓を葉を、花を、日本中いえ世界中に広げていって下さいませ。

投稿: ひなまま♪ | 2009年12月11日 (金) 18時27分

松本さん、こんにちは(・ω・)/
旅っていいですよね♪

女優の壇ふみさんが「私は旅とワインと音楽のような、消えてなくなるものが好き」と仰っていましたが、私も全く同感であります♪

消えてなくなるものが、美しいんですよねぇ

松本さんはどちらかというとインドア派とゆーことは~もぅさ迷う必要がないのですね

だって松本さんは、ピアノという最高の「エベレスト」をお持ちですもの
素晴らしいことだと思います。

昨日より今日
今日より明日
って毎日進化されていくのですね
松本さんのピアノ聴くの、いつも楽しみにしています

投稿: 眠り猫2 | 2009年12月11日 (金) 15時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅と日常:

« 猪苗代湖 | トップページ | うどんとワイン »