« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

一年の終わりに

皆さん、今年も一年ありがとうございました。

いろんな人の支えがあっての自分の活動。

応援してくれたみんなに感謝ですsign03

年末ギリギリまでバタバタとしていて、

全然年が暮れるという感じがしなくて、

まあ一年なんて人間が区切っただけのものなんだから、

なんて屁理屈言ってたんですが、

やっぱり紅白見ながらK-1見てると、「そうか、大晦日だ。」という感覚になってきますね。

今年もいろんなことがあったなぁ。

来年もいい年になるかなshine

この一音、といういい音が出せて、

それをたくさんの人と共有することが出来ればいいなぁ、

と願っています

| | コメント (3) | トラックバック (0)

高校時代

Pc300157








カラオケの画面って昔から、

少し冷たい風が吹く夜の海辺に立った時のような、

どこか淋しいような、空しいような、

それでいてそれがすごく心地いい、

そんな感覚を呼び起こしてくれます。

何なんだろうこれは。


今日は昼は塾をやってる親友と、

誰が教えてもそれなりなところまでは必ずたどり着けるようなマニュアルを作るにはどうすればいいか、

とか、

人前に立った時に何か一言発する前から人の注意を引き付けるオーラのようなものはどうやったら出るのか、

とか、

その世界では当たり前のことだけどはたから見たらそうではないことがたくさんあるな、

とか、

そういう塾でも音楽でも共通するようなことについて、

たくさん建設的な意見を交わしてきました。

「あした」を見据えた雑談。

そして夜は、

ほとんど普段は連絡を取っていなくて、お盆と正月くらいしか会わないのに、

いつでも出会ったころの感覚に戻って話せる青陵高校時代の友達と、

まるで学生のようなノリで飲んできました。

「昨日」を想いながらの一時。

なんかこんな流れ、宮崎であったなshine

学生に戻りすぎて、

岡山から倉敷まで友達のオープンカーで屋根開けて帰りましたとさ。

Pc300159








あまりの寒さにみんなで笑いながら。

どういう30代だ(笑)

まあたまにはこういうのもありやねconfident

| | コメント (1) | トラックバック (0)

てげ

091227














県庁茶shine

091227_2















てげ濃いっちゃがspa
(=すごく濃いんだよ・・:宮崎弁)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

仕事納め

今日は本当の意味で仕事納めnote

この前のコンサートの写真でもshine

Img_0109

0091226









A091226_2 A091226_3











A091226_4 A091226_5

それにしても濃い1週間だったなぁhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤木大地 with フレンズ

今年最後のコンサートを終えて、

一気に定年退職後のような状態になった1日でしたshine

とは言っても、まだ仕事は最後ではなくて、

4人で宮崎のケーブルテレビの収録をしましたよnote

ほぼフリートーク。

コンサート終わりで開放感にあふれているので、

次から次へと話が出てくる。

あっという間の1時間半でしたscissors

そして少しみんなで観光して、

伊丹空港行の最終の飛行機で倉敷まで帰って、

さらに広島まで車で来るという大移動。

にもかかわらず、僕、元気ですnote

意外と体力あるのかもしれない(笑)。

それにしても、「僕、○○です。」っていうフレーズが出てくると、

もはやシューベルトしか出てこないなぁshine

はい、昨日のコンサートではシューベルトになってしまいましたhappy01

シューベルトの格好をして(と言っても、メガネかけただけだけど(笑))ステージに出て行って、

「宮崎のみんな!!

こんばんは、

僕・・・・

シューベルトです

とかから始まって、自分の曲や後輩の作曲家の曲までいろいろと紹介していく、

という演劇のようなことをやったんですhappy01

それも、先週の合わせの時に大地が突然思いついて(笑)。

相変わらずの無茶ぶりだけど、

楽しかったな~~confident

ここでやはり思い出すのは、RSKのチャリティーコンサートでやったモーツァルト。

全く同じようなセリフをしゃべった気がするなぁ。

その時と違うのは、

今回は二人の演出家がついていたこと。

前日のリハで、大地とうっつーのレッスンを受けて、

演じる、ってことがどういうことかが少し見えてきたような気がして、

だいぶなりきることが出来た気がします。

本番直前の楽屋では、

「僕はシューベルトだ、僕はシューベルトだ。」

とぶつぶつつぶやきながら役に入り込もうとしているマツキ君が目撃されたとかされないとかshine

ちなみにシューベルトになったのは後半の真ん中の部分。

シューベルトの「音楽に寄せる」(大地+大萩君)

R.シュトラウス「あした!」(大地+ぼく)

プーランク「エディット・ピアフに捧げる即興曲」(ぼく)

ビートルズ「イエスタデイ」(大萩君)

E.ジョン「愛を感じて」(うっつー+大地+ぼく)

という、シューベルトからライオンキングまで時代を下っていくという流れでした。

その合間に、詩人のショーバーとして出てきたうっつーが歌詞も読むという、

面白い構成。

大地のプロデュース力は大したもんだflair

前半の真ん中の部分でやった武満さんのシリーズも、

すごくいい流れだったsign01

最初の「恋のかくれんぼ」僕だけ出て行って、アドリブで前奏を弾き始めて、

大地が出てきて、うっつーが客席から出てきて、

軽やかに楽しい時間が始まり、

そして大萩君も呼び込んで「三月のうた」。

ここで一気に深さと暗さが凝縮されて、

そのままシーンとした空気のなかで「死んだ男の残したものは」。

これがまたいい歌&詩なんですよ!!!

「いい」と一言で言ってしまうと軽く聞こえるくらい、ズシンと胸に響いてくる歌。

それをまた大地とうっつーが思い入れたっぷりに歌うものだから、

この時はギターはなしで大萩君は舞台上で聞いている状態だったんですが、

後ろから見てたらなんと泣いてました。

その後はギターと歌で「MI・YO・TA」

この前奏の大萩君の音楽がすごかった!!!

そのあとの「翼」のギターソロもすごかった!!

そして最後にピアノと歌二人で「めぐり逢い」でほんのりと温かく終わる、

という、これもやっぱりまるで演劇かオペラか、というほど計算しつくされた流れ。

すごくいいステージでしたshine

コンサートの最後では、演奏してる側が感極まって泣きそうになるほど、

感動的なしめくくりになりましたweep

1年の最後がこのコンサートで良かったなぁnote

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フレンズコンサート

いやぁ、サイコーでした〓〓

コンサートやってて泣きそうになるのは(っていうかみんな泣いてた(笑))、

ジュニアのコンサート以来かなぁ。

リサイタルの緊張感と達成感もいいけど、

たくさんの人が関わって長い時間かけて作ったものは、

たくさんの想いが交錯して感動を産むんだねぇ〓

…とか明け方に書こうと思って携帯持ったまま寝てました〓

今日は宮崎でケーブルテレビの収録〓

また帰りの飛行機ででもコンサートのこと詳しく書くかなぁ〓

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宮崎でテレビ出演

久しぶりにまだ暗い時間に起きて、今日は宮崎のMRT放送さんに生出演note

岡山以外でテレビに出ることってそんなにしょっちゅうないので、楽しかったですねshine

091225mrt1








091225mrt2








若干ピアノがいつもと違ったりしますが(笑)、

まあでも、意外とやってみるといろんな表現が出来るものだscissors

そして何よりもすごく和気あいあいとした楽しい現場で、

リハ中から終始笑い声が溢れていて、

初めて行ったスタジオなのに「ただいま」と言いたくなるような雰囲気でしたconfident

そういう、誰でも温かく、そして面白く、迎え入れるという雰囲気を宮崎は持ってる気がするなぁ。

いいとこだxmas

そして、昼前からはひたすら県立芸術劇場でリハ。

091225








大萩君は明日合流なので、

今日は大地とうっつーと3人で。

こうやって一日置いて次の日のコンサートに向けて準備が出来ると、

ずいぶん落ち着いて音楽と向き合えますねnote

しかし、今回は音楽と向き合うだけではダメなんです。

自分はシューベルトにならないといけないのだdash

まあ詳しくはまた後日paper

オヤスミナサイmoon3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オペラティック・クリスマス in シェラトン

昨日のコンサートの余韻も覚めぬまま、広島から宮崎へbullettrain

直行便がちょうどいい時間がなかったので、いったん福岡まで新幹線で行ってから飛行機ですnote

今回の飛行機もやっぱり小さくて、

こんなんでした↓

091224








・・・ではなくて、

これ↓

091224_2









そろそろもう引っかかる人いないかなぁ(笑)。

さて、シャラトン・グランデ・オーシャン in シーガイア・リゾートですshine

さすがシェラトン、

控室も宴会場のような勢いですnote

091224_3








某テノール歌手もポーズを決めてくれていますflair

終了後の1枚shine

A091224









前半はコンサート形式でやって、

そのあとお客さんがパーティー会場に移動して食事してるところでまた歌って弾いてきましたconfident

こういうのも楽しいねnote

音楽聴いておいしい食事を食べて(ここの料理はホントにおいしいですshine)、

いい時間を過ごしたなぁという顔をお客さん達がしてくれるのが一番うれしいですねflair

そして、いつかこの3人で共演したいなぁって言ってたのがようやく念願かないましたhappy01

またこのメンバーで来たいなぁsign01

ここだけじゃなくていろんなところでやりたいですね~happy01

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リトル・ミュージシャン・クリスマスコンサート

Pc230139














呉市文化ホール。

めちゃめちゃいいホールでびっくりしましたsign03

いいホールだという話は聞いていたものの、まあ地方の市民会館的な中でいいほう、というくらいだろうと思ってたかをくくっていたんですが、

しかも、外観を見てももろにそういう感じなのでやっぱり甘く見てたんですが、

最新のいいホールと比べても遜色のないいい響き。

あんまりたくさんコンサートがあるわけではないみたいなので、

もったいないな~~eye

こんなところで演奏できる今日の子供たちはラッキーですねshine

みんな頑張って仕上げてきたんだろうなぁ。

ドキドキしてたり、不安いっぱいだったり、

「どうだ自分の演奏は!!」と思いながら弾いてたり、

一人一人いろんな気持ちがあったでしょうが、

みんな頑張って弾いてたねconfident

それだけに、客席のマナーが悪かったのが少し残念ですね。

演奏中にしゃべる、出る、入る。

もちろん大人の方々です。

知り合いのコ、親戚のコが出る、というので慣れない演奏会に出かけていて、

他のコにはそんなに興味がないかもしれませんが、

子供たちに経験を積ませる場。

みんなであなたの演奏聴いてるよ、という空気を客席全体で出してこそ人前で演奏するという喜びにも目覚めるんだと思います。

プロの演奏を高いお金を払って聞きに行ってつまらなかったのなら、その意思表示をするために途中で帰るというのはありだと思いますが、

(しゃべるというのはほかに聞きたい人がいるかもしれないので、それでも良くないでしょうが)

そうではないこれからの未来を担う子供たちが頑張って演奏しているのだから、

いい雰囲気をみんなで作ろうとしてあげないといけないなぁ、と思いますxmas

なかなか文化を根付かせるというのは難しいものですねぇaries

さて、気を取り直してゲスト演奏shine

Pc230140














下田望ちゃんと演奏直後の写真flair

いやぁ、楽しかったnote

プログラムは、

ドビュッシー:小組曲(連弾)

ショパン:ノクターン第2番、英雄ポロネーズ(ソロ)

ガーシュイン:3つのプレリュード(以下2台ピアノ)

モーツァルト:2台ピアノのためのソナタ

ラヴェル:ラ・ヴァルス

~アンコール

バッハ=ヘス:主よ、人の望みの喜びよ

でした。

結構シビアなプログラムで、

かなり大変でしたし、

そんなに長くやるつもりで組んだわけではなかったのに、

何気に1時間半(休憩なし)にも及ぶプログラムだったんですが、

その分達成感も大きかったですねhappy01

合わせもたくさんやった甲斐があったscissors

のんちゃんもどんどん良くなっていって、本番ははじけてましたねhappy01

さて、明日は宮崎に移動してそのまま本番です。

なかなかハードだ~dash

オヤスミナサイmoon3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

飛行機が・・・・

昨日のコンサートの余韻もそこそこに、

午前中は24日のコンサート会場の、

フェニックス・シーガイア・リゾートの

シェラトン・グランデ・オーシャンを見に行ってきましたshine

ものすごい仰々しい名前ですが、

3階まで上がってみると、

目の前に広がる海!!!

名前に負けないすごい景色ですnote

瀬戸内海の繊細で変化に富んだ海もいいですが、

宮崎のひたすらまっすぐに伸びる海岸線、イタリアのような明るく青い海、

やっぱりいいなぁhappy01

そして、そんな余韻もそこそこに、今度は広島に移動です。

昨日、伊丹空港から宮崎の飛行機があまりにも小さかったので、

写真を載せてみたのですが、

宮崎ー広島便はさらに小さいんですよ。

これ↓

091222










・・・・ではなくて、

これ↓

091222_2








多分30人乗りくらい。

7人くらい乗ってたshine

小さい飛行機だと揺れも相当すごくて、

吹っ飛ぶんじゃないかと思うくらい上下左右に体揺さぶられながら、頑張ってサンドイッチ食べてたんですが、

ふと斜め後ろを見ると、

上下左右に体揺さぶられながら、本を読んでる人がいて、

上には上がいるもんだと痛感(笑)

さぁ、明日は2台ピアノnote

この日のためにたくさん合わせをやってきた成果が出せるかなshine

ラ・ヴァルスとかめちゃめちゃいい曲なんで、

そのうちソロヴァージョンもやりたいなぁscissors

最後に、昨日のコンサートの写真なぞnote

091221_2








大地と、日高本店プロショップの日高社長。

こういう方がいると、いろんな人が集まっていろんな人が動いてくれるよなぁ、

と思わせる、なんだか大きな方です。

ビジネスを成功させることだけを考えてるんじゃなくて、

無料でこういうサロンコンサートを開いたり、

宮崎全体の文化のこと、政治のこと、環境のこと、

いろんなことを考えていてすごいなぁ、と。

多分僕はそういうことは向いてないとは思うんですが、

やっぱり刺激を受けますねnotes

というわけで、オヤスミナサイmoon3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

藤木大地 with 松本和将 大ナミック・クリスマス

091221





いろいろとコンサートの写真もあるんですが、大地宅で携帯からの更新なので、また明日にでもコンサートの写真はアップしますねshine

日高時計店でのコンサート、

すごく雰囲気のいいサロンで、

何よりもすごく温かいお客さんで、

いいコンサートになりましたdeliciousdelicious

今回はしゃべりながらやったんですが、

最初から結構お客さんの食いつきが良くて、

そうするとこちらもポンポンいろんな話が出て来るんですよね。

さすが南国

宮崎いいねぇnote

3回ある宮崎のコンサート初日、

幸先のいいスタートになりましたsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岡山交響楽団 feat. 岸本萌乃加

091220














移動の関係で一日だけ倉敷に帰ったので、

岡山交響楽団の定期公演を聞いてきましたshine

2006年にプロコの2番で共演した岡山のアマチュアオケです。

アマチュアの方々ってすごいよねぇ。

仕事しながら、仕事から帰って家のことも子供がいる人は子供の世話も、

もしかしたら親の世話もして、

それで練習して、毎週1回オケの練習に出て、

ホントに好きじゃないと、あの完成度に持っていくことは出来ないなぁと思いますflair

写真は、岡山期待の星、

ヴァイオリンの岸本萌乃加ちゃん。

芸高の1年生でありますshine

高校1年生にして、ステージに立つともう演奏家の風格。

メンデルスゾーンのコンチェルト弾いたんですが、

特に出だしとかすごく惹きつける表情を出してたなぁ。

清らかであっさりしていて、なおかつ憂いとその奥に秘められた情熱も感じられるような。

岡山はヴァイオリンのレベル高いなぁ。

守屋剛志君、

黒川侑君、

そして岸本萌乃加ちゃん。

その下には、福田廉之介君というスーパー小学生がいます。

ピアノも今年音コン本選に二人も出てたことだし。

このままの勢いで音楽王国になっていくといいなぁhappy01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

中嶋彰子さんも一緒に

091219








「一緒に」シリーズ、完結編ですnote

日本が誇るディーヴァ、中嶋彰子さんと藤木大地との24日のコンサートの合わせ。

中嶋さんやっぱりうまいわ~~note

楽しいshine

大地にいろいろとアドバイスしたり提案したりしてるのはたから聞いてても、

すごく説得力があって、世界があって、

ピアノの弾き方も完全に変わるくらいconfident

楽しみだねぇnotehappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大萩君も一緒に!

091218








藤木大地 with フレンズ、

今回はおなじみ大萩君も一緒に合わせnote

やりながらいろいろとアレンジも変えていったり、

演出もどんどん思いついて行ったり、

楽しいコンサートになりそうだなぁshine

予定の時間を大幅にオーバーしての、楽しいリハhappy01

まあツケは後からやってくるわけですがcoldsweats01

14時間くらいは働き続けたぞ~~run

先月熱を出したおかげで、忙しくても元気ですscissors

5時間睡眠rock

オヤスミナサイconfident

| | コメント (1) | トラックバック (0)

毛布♪

091215_140923









そういえば宗次ホールの楽屋には、毛布が置いてありました。

こんな気遣いのホールは他に見たことがないですね~~shine

今日は、朝の満員電車(若干gemini)に乗って来週の呉のコンサートの合わせに、

そしてそのまま、広島でレッスンしてるコが何人か出てるのでクラシックコンクールの全国大会を聞いてきましたnote

これから年末までは、毎日合わせか本番かだ~~~dashdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤木大地 with フレンズリハ

091216














名古屋から帰って、そのまま新宿で打ち合わせ、

そしてうちに帰って26日の宮崎のコンサートのリハーサル、と、

怒涛のような一日でしたdash

写真はリハ後の1枚shine

すでに11時半ちょっと前note

いいコンサートになりそうだsign03

というかむしろ確信flair

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宗次ホール リサイタル

091215








091215_2















宗次ホール、素晴らしいホールとピアノでしたsign03sign03

隅々まで音が届いて、それが響きの中にスーッときれいに消えていくような感じで、

リハしながら気持ち良くなってきてしまって、

関係ない曲も10曲くらい弾いちゃってたのかなぁnote

バッハでもモーツァルトでもシューベルトでもスクリャービンでも、

何でもすごくきれいに響くホールでしたflair

もちろんショパンもscissors

ちょっと(?)お客さんが少なかったのが残念でしたが、

しっかり盛り上がりましたよhappy01

ずいぶん弾き込んだプログラムなので、

もう手の内に入っていていろんなことが出来るのもあるし、

ずっと同じように弾いていたらマンネリに陥って音楽に新鮮な感動がなくなってしまう恐れもあるので、

今回はかなり弾けて自由なモードで演奏してきましたshine

ふっと本番でひらめいたことを音にするのは本当に楽しいnote

で、それまでにこれでもかというくらい仕上げているので、

本能のままに、ひらめくままに音楽をしていても、

もはやつじつまが合わなくなったり、それによって崩れてしまったりはしないわけです。

そういう意味でもやっぱり練習って大切なんだなぁshine

それにしても、本当にいい響きのホールだったconfident

また是非是非行きたいですlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男前珈琲

091214














焙煎したての男前珈琲、サイコーですねぇnote

喜多見のコーヒー工房ビーンズというお店の豆なんですが、

なんか結構有名なお店らしいですよhappy01

朝と昼はコーヒー、

夜は・・・・

091214_3








「賀茂輝」

フルーティーなおいしいお酒でしたbar

別に一日中だらだらして過ごしてるわけじゃないですよcute

何もなかったらほぼ一日ピアノ弾いたり楽譜読んだり音楽聴いたりしてます。

そういえば、最近テレビでよく、

「もう今年も終わろうとしてますが。。。」

みたいな文句を聞くんですが、

僕にとってはまだまだこれからです。

なんせ、これから5つも本番あるんだもんなぁflair

明日は名古屋のリサイタルですshine

いい音楽してこなきゃな~~confident

| | コメント (3) | トラックバック (0)

高田匡隆ピアノリサイタル in エプタザール

ちょうど狛江のエプタザールで、2つ上のピアニスト、高田匡隆君のリサイタルがあったので、

聴きに行ってきましたshine

ある意味僕とは対照的なスタイル、

凄まじいテクニックと大迫力のタッチで一音たりとも外さずに猛突進する、

そんなイメージの演奏。

日本音コン1位を取った時のリストのソナタの最後の左手のオクターブのすごさには、

テレビの前で驚いたものです。

その受賞者演奏会のプロコフィエフ3番コンチェルトの第2主題が始まる少し前のやはり左手のオクターブの低音は、

オペラシティの3階で聞いていたにも関わらずホールが揺れるかと思うくらいの迫力で、

のけぞったものです。

とにかくすごい。

そんな高田君の久しぶりに聴いた演奏は、

その当時の凄まじさに円熟味を加えたような大人の演奏になっていました。

たゆまずストイックに磨き続けた痕跡が聞こえてくる演奏。

きっとその姿勢もまた、僕とは対照的。

刺激を受けましたconfident

よし、ストイックに頑張ろうshine

| | コメント (3) | トラックバック (0)

雨男

それにしても昨日はすごい雨でしたねぇrain

テッセラの楽屋にいても、バラバラと殴りつけるような雨の音が聞こえるほど。

あんなに降ったのは初めてじゃないかなぁ。

しかも、おとといも降ってないし、今日はいい天気だったし、

雨男の本領発揮ですねぇnote

9月くらいからひたすら本領発揮してます(笑)。

来週の名古屋のコンサートも、

雨こそ降らないようですが、

その直前にいきなり寒くなるみたいですねぇsnow

まあそんなもんだcat

我は弾くのみflair

開き直って行きましょうscissors

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鍵冨君 in サロン・テッセラ

091211















これでも背伸びしてるんだけどなぁ、

弦ちゃん背高いな~~cat

今日は鍵冨弦太郎君のサロン・テッセラシリーズ第4回目、

そして、サロン・テッセラ5周年記念を兼ねてのコンサートでしたnote

このサロンでソロ以外のものを弾くのは初めて、

ソロももちろんいいですが、合わせものをやるのは楽しいなぁshine

今日のプログラム、

ミルシュタイン:パガニーニアーナ(ヴァイオリンソロ)

ブラームス:ヴァイオリンソナタ第2番イ長調

休憩

ピアソラ:タンゴの歴史

スクリャービン:ピアノソナタ第2番嬰ト短調「幻想ソナタ」(ピアノソロ)

アンコール

アルベニス=クライスラー:タンゴ

クライスラー:シチリアーノ

クライスラー:シンコペーション

ブラームスは彼が初めてだったので、合わせの時からいろいろとアドバイスしながらやってたんですが、

驚異的な吸収力、飲み込みの早さshine

どんな風に弾いても音楽的になるからすごいよなぁflair

ピアソラ以降はもう、彼の真骨頂present

クライスラーをあんなにセンス良く弾けるヴァイオリニストはなかなかいないですhappy01

スクリャービンも、ガラッと雰囲気を変えてピンと張りつめた空気の中に、今にも崩れてしまいそうなほど危ういバランスの凍った美しさみたいなものを表現できた気がしますし。

満足満足confident

そうそう、前々日にテッセラで合わせをさせて頂いていた時にいろいろ弾いてみたんですが、

テッセラに意外とスクリャービンが合うんですねぇsign03

小さなサロンだから、音量的にキャパオーバーになるかと思いきや全くそんなことがなくて、

5番ソナタのあの爆発的な世界も受け止めてくれるだけの空間の広さを感じさせるあたり、

さすがの永田音響です。

そのうち全編スクリャービンとかのコンサートしたいなぁshine

お客さん来るかなぁ(笑)。

でも、下手に興味本位で来るとピアノ嫌いになるかもしれないので(笑)、

本当にスクリャービンを聞きたいと思う人だけ来てくれればいいかもなぁ。

シューベルトとかも久しぶりに弾きたいですねぇ。

平均律もやりたい。

自分の勉強の意味も含めて。

あとベートーヴェンのソナタとかたくさんやりたいですねぇflair

あぁ、やりたい曲があり過ぎる。

時間がなさ過ぎる。

ストイックさもなさ過ぎる。

自分は生涯どれだけの曲を弾くことが出来るんだろうか。

この世に存在する曲は全部弾いてみたい。

でも、そう言いながらも結局は同じ曲を何度も何度も弾きたくなるのは目に見えているわけですが。

広げたい欲求と深めたい欲求の挟間での葛藤ですね。

広げたい:深めたい=35:65くらいで、若干深めたい側が勝つような気がします。

そういえば、選ぶ曲目も深めてナンボみたいな曲がすごく多いですし。

とりあえずがんばって練習してちゃんと弾けたら形になる、

みたいな曲にはあまり惹かれないですね。

究極はやっぱりハンマークラヴィーアなのかな。

10年後くらいにまたやりましょうcoldsweats01

とりあえずスクリャービンの研究だrock

来年に向けてショパンの研究もだshine

やることたくさん。

やることに想いを馳せている時は最高に楽しいですねnote

やりたいと思っていること全部ホントにやってたら、今頃すごい大博士になってるんだろうなぁ。

まあ、想いだけは馳せながらも今日のところは寝るとしますかsleepy

皆様良い夢をmoon3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

うどんとワイン

091210














決してワインを飲みながらうどんを食べてるわけではないですよshine

念のためcatface

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旅と日常

A091208








人生旅から旅を愛する種族もいるらしい。

古くはシューベルト、

最近の演奏家ではバレンボイムとかはそういうタイプだそうですね。

僕は全くそういう気質はなくて、

基本家派です。

どんどん自分のルーツへルーツへ閉じこもっていきます。

最終的には多分倉敷の、

しかも自分の生まれ育った土地に帰っていくと思われます。

でも、旅もまた好きなんだな~note

旅から日常には、ほんの一瞬の間に戻ってしまいます。

でも、戻ったいつもと同じ風景が少しだけ違うように見える。

その「少しだけ」のために、旅っていうのはあるのかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猪苗代湖

猪苗代湖
荒れ狂う猪苗代湖をバックに♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

会津若松

2日半ほど無理やりオフにして、

会津若松の温泉に来てますnote

やらなきゃいけないことをほとんど考えずにぼーっとするってずいぶん久しぶりな気がするなぁspa

体はちょくちょく休息させてるけど、

久しぶりの脳の休息ですconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

孫子

「敵を知り、

己を知れば、

百戦危うからず」

敵ではないですが、

音楽においても、

作曲家のこと、また理想的なテクニックのことなど、

知ろうと思っている人はすごく多いと思うし、

その真剣度もかなり高いと思います。

でも、それと同じくらいの濃度で、

「己」のことも知ろうとしている人があまりにも少ない気がします。

欲しいテクニックはこういうもので、

それに比べて今の自分の状態はどうなのか?

この作曲家はこういう人物で、こういう性格で、

そして、そういう人物を向き合う自分はいったいどういう人物なのか?

自分というのがまっさらな機械ではない以上、

今の自分を把握して、

どこを変えればいいのか、

どこは自分の美点として残していくべきなのか、

たくさん考えて、

自分と対話をすることは、

すごく大切なことだと思いますshine


| | コメント (1) | トラックバック (0)

ピアニスト松本和将の「効果的なペダルのテクニック」公開講座 in カワイ表参道

Aimg_0014









Aimg_0020








カワイでの公開講座も、無事終わりましたnote

演奏の合間にしゃべるのはずいぶん慣れたんですが、

ほぼしゃべるだけ(もちろん実演交えながらではありますが)というのは、

予想外に緊張するもんだなぁと思いながら始めたんですが、

別に講演とかいうわけではなくて、演奏のことについてしゃべってるわけなので、

どんどん次から次へと言いたいことが出てきて、

気がついたら始めてからゆうに1時間以上経ってました。

休憩前に右のペダルのいろんな説明を終えてしまうはずだったのに、

持って行った資料の半分ちょっとくらいしか解説出来ず。

まあそれだけペダル使いというのは奥が深いということですね。

実演付きでないと伝わらないんですが、講座に来れなかった方のために軽く解説。

昨日も書いたんですが、ペダルというのはOnOffではない、その間に何百もの踏み方が存在するんですね。

で、ピアノを習い始めて、ペダルを踏む、離す、という作業をマスターしたら、

その後に出てくるのはハーフペダルというもの。

これ、決してペダルを半分だけ踏むってことではないんですね。

半分踏むともうダンパーは完全に弦から離れて、奥まで踏んでいるのとほぼ同じ状態になります。

ペダルを踏んでいくと、最初に何事も起こらない遊びの部分があって、

そのあとのほんの数mm、そこの部分で調節するのがハーフペダルなんです。

今日は最初に幻想即興曲を弾いたんですが、この曲なんてハーフペダルの嵐です。

パデレフスキー版には、2小節目にペダルが書いてあってそのあと踏み替えるのは6小節目ということになっているのですが、

そしてこれはショパン自身の書いたペダルなんだと思うんですが、

今のピアノでそんなベタ踏みペダルをやってしまうと、もうぐちゃぐちゃです。

じゃあ踏み替えればいいんではないか、というところにまず頭が行くと思うんですが、

1小節ごとに踏み替えても、やっぱり右手の16分音符が全部きれいに聞こえるわけではない。

なので、ここでハーフペダルなわけです。

どのくらい踏むかというのは実際音を聞いてもらわないと分からないのですが、

これだけ音の多い場面だと、実際ほんとにちょっとしかペダル動かしてないです。

和音を一つ弾くとあっという間に音が消えてしまうくらいのペダルでも十分です。

そして、6小節目にはクレッシェンドがあるので、

ここで音量をだんだん大きくすると同時にペダルも少しずつ踏み込んでいくんです。

そうすると響きの量も増えて、ひとつひとつの音だけではない膨らむような、包み込むようなクレッシェンドが出来るんですね。

そしてそのあとのデクレッシェンドは、だんだんペダルの量を少なくしていく。

特に最後のほうは少し前の響きが残ったままだといくら指で小さい音を出しても全体として音量が変わらないので、

消える寸前くらいまでペダルを戻します。

そんなようにハーフペダルと一言で言っても結構いろいろと調節をするもんなんですね。

そして、それだけ繊細なペダルワークをするためには、

まず足も体もちゃんと脱力出来てないといけません。

よくペダルを習得したての子供が、ペダルを体中で踏んで、踏むと手にも影響して音まで大きくなってしまっているようなのを見ますが、

だんだん足も独立して動かせるようにならないといけません。

「踏む」という言葉があまり良くないのですが、ペダルは足で上から踏みつけるものではなくて、

かかとを支点にして足首の関節の動きで押さえるものです。

そして、足のどこで踏むかというのも大事なんですが、

僕は個人的には足の指の付け根をペダルの縁に沿わせて踏むようにしています。

足の指全体でペダルを包み込むような感覚です。

そうではなくて、足の指と土踏まずの間の盛り上がった部分(なんて言うんだろう・・・)で踏んでいる人をよく見かけますが、

そうすると大味なペダル操作しか出来ないと思います。

足の指まで全部使えるような状態を作りだしておいて、

ハーフペダルの一番上のほうは親指の感覚で調節するんですね。

これは不思議なことに靴を履いていても一緒のことで、

指を使うことでほんの何mmかの繊細な感覚でペダルを使うことが出来るようになります。

そして、こうやってペダルの説明をしていると、意識がどんどんどんどん足のほうに向かっていくと思うんですが、

ペダルにしても、

ソフトペダルにしても、

指にしても、

結局一番大事なのは、

自分がどんな音を出したいかのイメージを持って、

そして実際今自分はどんな音を出しているか、

そして、それはその日演奏しているそのピアノ、そのホールでどんな響きになって客席の後ろのほうまで響いているか、

をよく聞くことが大切です。

それが出来るようになってくると、

耳で聞いた音と足が直接連動して動くようになってくるんですね。

そして、耳を介して手と足も連動して動かせるようになってくると、

これはもう自由自在です。

何百種類もの音色の海の中で戯れることが出来るようになります。

そうすると、さらにピアノが楽しくなりますよnote

さて、このくらいのことを10分くらいで説明して、どんどん他にも講座では解説したんですが、

同じことを文章にすると恐ろしく時間がかかるもんですねぇ・・・・

今は広島に向かう最終新幹線の中なんですが、

もう少しすると新大阪になってネットが使えなくなるので、

このくらいにしておきますかshine

またきっとこういう講座やると思いますよnote

レッスンとかでもちょこちょこペダルの使い方に言及しますが、

2時間もペダルのことだけ説明する講座ってなかなかないと思います。

そうすることによって、かいつまんだ知識ではなくて、

一気に系統立てた知識を得ることが出来るので、

きっと面白いんではないかと思いますhappy01

それではおやすみなさい
moon3

| | コメント (3) | トラックバック (0)

表参道

091204














表参道はきれいなイルミネーションで飾られてましたよshine

明日はカワイでペダルテクニックの講座。

いろいろとペダル使いについて考えてたら、どんどんネタが思い浮かんできて、

なかなか面白い講座になりそうですよflair

あんまり突き詰めすぎると複雑すぎて参考にならないものになるかもしれませんがsweat01

いずれにしても、ペダルは大事です。

ペダル次第で全然音楽が変わってくる。

昔は、たとえば「ホロヴィッツはすごく繊細なペダル使いをしていた」とかいうのを読んでも、

なんのこっちゃ、と思ってたんですが、

気付かないうちに自分で実践してたんですね。

こういう機会に改めて自分のペダル使いを分析してると、無意識に結構複雑な、繊細なことをやってるみたいです。

1mm踏むのか、2mm踏むのか、とかでたぶん音色も変わってくるし、

踏む速度、離す速度、

後から踏み込んでいくのか、グッと踏んですぐにほんの表面だけのところまで戻すのか、

自分が求める音と、その時のピアノとホールの響きによって、

ペダルも自由自在に使えるようになれば、

音色の種類は何倍にも増えます。

そんなことを例を示しながらやるわけです。

演奏会みたいなプレッシャーもないし、

なかなか楽しみだhappy01

それにしても、明日は雨になるのか・・・rain

やっぱり本番の日は雨ですか~cat

| | コメント (1) | トラックバック (0)

向き合う

暗い空を引き裂くように目覚ましの音が聞こえる。

永遠に夜が明けないのではないか、と思えるような空。

初めてそこで、それが朝だったのだと気づく。

昨日見たすがすがしい夕空はどこに消えてしまったんだろうなぁ。

静かなホールの壁を打つピアノの音色のように、雨の音だけが薄暗い家の中に聞こえてくる。

あとは静けさだけ。

そんな日は、

考えろ、

考えろ。

向き合え、

向き合え。

自分の心の深淵を首を伸ばして覗き込め。

心のうちに隠れたエゴ、

諦め、

人の優しさ、

自分の冷たさ、

創造するということの孤独、

作曲家の魂の声、

探して、求めて、ようやくたどり着いたところにあった闇、

忙しいというのは心を亡くすこと、

常識のコートの下に隠された今にもガラガラと崩れそうな鋭い感受性、

押しとどめているもの、

踏みとどまっているもの、

出しきれないでいるもの。

心の中をえぐり出して、

それを何食わぬ顔をして上品に提示する、

そんな芸術。

それが芸術?

向き合え

向き合え。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

試験官

人生初の試験の審査員(?)をしてきましたよnote

室内楽のピアノ入りのグループの試験。

1グループたった10分しか弾かせてくれないんだなぁ、と思ってたんですが、

それが23グループもあると、それだけで10時から15時過ぎまでかかる。

試験って結構大変なもんなんだsweat01

でも、自分がレッスンしたコ達以外にもいろんな学生達を聞くのは結構楽しかったです。

やっぱりちょっと広めのホールで本番のようなモードで弾くと、部屋で聞いてるだけでは分からないものが見えてきたりしますしね。

自分が教えたコ達を聞く時はやっぱり力が入ってしまいますねぇ。

1年の最初に聞いた時よりもうまくなってたり、

本番は今まででは考えられないくらいうまくいったりしたら、

嬉しいですねconfident

でも、発表会ではなくて試験なのだから、ちゃんと冷静に聞いて他の人たちとの比較もしなきゃいけないし、

その辺のバランスがなかなか難しい。

ちなみに、昨日のタイトルの野菜は、

はやとうりと読みますcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隼人瓜

091129














狛江の青空市場(!!)で売っていた隼人瓜sign03

こんな野菜初めて見たflair

変な形してるから、どんだけすごい味するんだ、と思って覚悟を決めて食べると、

・・・????

な~~んてことのない味eye

すごい淡白でしたspa

今日は以上っsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »