« シューベルトとメンデルスゾーン | トップページ | ミニとアルファ »

エクソンモービル賞

091029













趙静のエクソンモービル賞授賞式で、一緒に弾いてきました。

写真は、ゲストで聴きに来ていたギターの大萩康司君も一緒にhappy01

やっぱり趙静との本番は楽しいnote

守りに入ってたら全くかみ合わないので、いやでも自分の可能性の一番極限まで振り絞るようにして表現するようになるんですよね。

そうすると不思議なことに、さっきまでずれてたところとかも、ほとんど意識しなくてもぴったり合ったりする。

気持で音楽を一つにしようとすると、

点ではなくて流れで音楽が合わせられるようになってくるんですよね。

そんな風に流れで合わせるようになりだすと、お互いが好きなように音楽を動かしても、揺らしても、ためても、止めても、

ちぐはぐになることが全くなくなる。

そうなると、阿吽の呼吸っていう風に言われるのかな。

他にも児童文化賞神宮輝夫さん、

邦楽部門に藤舎呂船さん、

洋楽部門本賞に指揮者の大野和士さんが選ばれていました。

趙静の演奏の後は大野さんの講演。

演奏じゃないのが残念でしたが、指揮者はこういう場だからと言ってパッとオケを用意出来るわけではないですもんね。

でも、いろんな指揮者としての逸話とかを話されていて、興味深い講演でしたnote

それから、休憩の間に客席に行って藤舎呂船さんの演奏を聴いたのですが、

これがまたすごかったsign03sign03

ちゃんとした邦楽って生ではほぼ初めて聞いたんですが、

あの間の緊張感。

お互いを一切見ることなく一瞬の間合いのようなもので合わせるあの入り方。

また、ピンと背筋の伸びたあの佇まい。

あまりの緊張感に、組んだ足がしんどくなってきたのを崩すことも出来ないほど。

邦楽ってすごいんだshineshine

居合ってこんな緊張感の中行われたのかなぁ、とかふと思いました。

居合には「鞘の中の勝」という言葉があって、あまりにも気とかがすごいので刀を抜かずして相手を制することができる、ということらしいですが、

今回の演奏にも、

音にすることなくても圧倒されるような気を感じました。

もっと邦楽も見に行かなきゃなぁsign03

自分たちの演奏がうまくいったのもそうですが、

それ以上にいろんなものに触れることの出来た、実り多い一日でしたshine

|

« シューベルトとメンデルスゾーン | トップページ | ミニとアルファ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

せっかく日本を選んで生まれてきたのだし
 日本の文化に触れたいと思い探究して来たものの
  知れば知る程 何と奥深いのだ
   と感じさせられることですが
松本君も何かを得ることがあったようで
 嬉しく思います。。。☆

投稿: 和歌乃 | 2009年10月31日 (土) 00時32分

眠り猫さま、同感です!
本当に皆さま、いい顔をなさってますね。

並んで写っていらっしゃる写真だけでも、「絆」のようなものを感じます。

>自分の可能性の一番極限まで振り絞るようにして表現する

だから心打つ音楽が生まれるのですね。
達成感も疲労感も半端無いこととお察しいたします。

今日もKCTでは定演の様子が放送されていました。デジタル放送の方では今再放送の最中だったかも・・・?
週3ペースです。
coldsweats01


投稿: ひなまま | 2009年10月31日 (土) 00時20分

趙静さま、エクソンモービル賞受賞おめでとうございますshine
(ノ^^)八(^^ )ノ
皆さんいいお顔されてますね♪

ショスタコービッチのチェロソナタも今度聴いてみます♪

今は松本さんの「モノローグ」拝聴しております♪

秋にぴったりですね♪素晴らしいです♪松本さん21歳の時の録音ですか?
信じられないですとても美しいです……(T_T)
ショパンのnocturne第14番なんて、昇天しそう……

ところで邦楽も素晴らしいですよね♪

私は能楽囃子が大・大好きです♪

先日、観世清和師の「江口」というお能を拝見したのですが、舞も囃子もどちらも素晴らしく、ゾクゾクいたしました。
あの掛け合いの緊張感といったら言葉にならないですね♪

邦楽もクラシックもジャズもシャンソンも素晴らしいですshine
乱文お許し下さいでは♪

投稿: 眠り猫2 | 2009年10月30日 (金) 18時41分

豪華な顔ぶれですね~
大野さんと松本さんが同じ空間におられる図というのが、個人的になんとなくうれしいというか感慨深いというか・・・・共演の際は馳せ参じます!
邦楽ってすごいですよね。以前、ドキュメンタリーで鼓の父子を見ましたが、二人で相対して練習する光景が鬼気迫っていて、テレビを通しているのにこちらまで息ができませんでした。練習を終えるとお二人とも倒れそうなくらい消耗しておられて、「今、命のやりとりをした」と。
松本さんの書かれていることがわかるような気がします。

投稿: いぞるで | 2009年10月30日 (金) 09時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/46619456

この記事へのトラックバック一覧です: エクソンモービル賞:

« シューベルトとメンデルスゾーン | トップページ | ミニとアルファ »