« 富士見高速 | トップページ | 月刊ぴあの取材 »

小曽根真とNO NAME HORSES

小曽根さんのライブ聞いてきましたよnote

いやぁ、うまいなぁshine

なんであの指の形であんなきれいな音が出るのかいつも不思議です。

それよりも、今日の驚きは金管セクション。

今までビッグバンドというものにほとんど興味がなくて、

今回も、

「小曽根さんのピアノを存分に聞きたいのに、ちょっと残念だなぁ。」

くらいな気持ちで行ったんですよ。

そしたら、何の何の、

素晴らしかったsign01

ビッグバンドってうまい人たちがやるとこんなにきれいな響きで盛り上がるんですねぇ。

それにしても、あんな複雑なリズムを集団でピッタリと合わせられるのがすごい。

たぶんものすごい素人意見ですが(笑)。

僕は聞きながらちょくちょく拍が分からなくなってましたがcat

ちなみに、踏切の音を聞いてそれが裏拍に聞こえるようになったら、

ジャズへの第一歩らしいですよcoldsweats01

なかなかやっぱりクラシックやってると、裏打ちでリズムを感じるってことが少ないですからねぇ。

リズムリズム。

リズム命なわけですね。

考えてみたら、いろんなメジャーなジャンルの音楽の中で、

リズムありきじゃなくてメロディーありきで流れが出来て行くのって、

ほぼクラシックだけですよね。

ジャズもロックもポップスもラテンもカントリーも、

まずリズムセクションがあってみんなでそれに合わせていく形。

そういう意味では、クラシックのほうが特殊なのかな。

まあべつに、どっちが特殊とかそんなに大事なことではないですが。

ちなみに、今日のサプライズは、

4,5日も続けての公演で、しかも一日2回公演とかだったりするのに、

ちょうど同じ回に塩谷哲さんが聞きに来ていたことhappy01

もしかしたら来てるかなぁ、とか言ってたら、ほんとにいましたshine

そして、お約束、

アンコールで連れてこられて、連弾やってましたbell

いきなり渡された譜面を見ながら、アドリブで連弾。

上下を自由自在に入れ替えながら、なのに音は途切れることなく。

お見事scissors

その場でいきなり見た譜面なので、もちろん全部完璧に弾けるわけではなかったでしょうが、

弾けなくて困ってるところを小曽根さんが後ろから見て喜んでたり(笑)。

またこの二人のデュオを聴きたいですねぇhappy01

|

« 富士見高速 | トップページ | 月刊ぴあの取材 »

コンサートなどを聴いて」カテゴリの記事

コメント

松本さん、こんばんは^^
松本さんはジャズもお好きなのですね。
わたしもクラシックとジャズと両方好きなので、なんだかうれしいです。

今月末のサロン・テッセラのコンサート、初めて松本さんのピアノを生で聴かせていただけるのを楽しみにしています!!

投稿: ふわふわ | 2009年7月16日 (木) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/45637556

この記事へのトラックバック一覧です: 小曽根真とNO NAME HORSES:

« 富士見高速 | トップページ | 月刊ぴあの取材 »