無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« お昼ごはん風景 | トップページ | ついにヴィオラまでも »

2009年5月 4日 (月)

これもまた運命

ヒロシマミュージックフェスティバル3日目

今日午前中に、オケの中のコントラバス、という講座があったんですよね。

普段なかなか注目されることのないコントラバスが、どういうことを弾いてるのかを聞いてもらうために、

090504






こんな感じ

後ろはヴァイオリンの平澤さんがコンマスの7,8人の編成。

ブルッフのヴァイオリンコンチェルトの冒頭やったり、美しき青きドナウを少しやったり。

ブルッフはさすがに指揮がないとズレズレになっていたので、ヴァイオリンの小島先生に振ってもらったりしながら。

そして最後にベートーヴェン運命の冒頭。

一番後ろの席に座って見てたんですが、そこでやおらヴィオラパートから生ちゃん(生野正樹君)が立ち上がって、

「すみません、提案があるんですが。

この曲こそ指揮がないと合わないので・・・・・。」

と、言い出したとたん、何かが僕の中でピーンとつながって、

その瞬間後ろの出口に向かってダッシュしてました

その前の日に、

「実は夏に倉敷ジュニアフィルで運命振るんだよ~~。

不安だなぁ。」

「えっっっ、マツキが指揮やるの

見てみて~~(笑)。」

なんていう会話を交わしていたところだったので、

これはもうはめられる、と瞬時に察知。

しかも、その提案をする声のいたずらっこのような楽しそうな口調・・・

やばい、と思いすぐに逃げ出したのに、結局つかまって連れ戻され、

振らされることに

090504_2




















いや~もう、プルプルでしたがな

こんな体験をした後だと、ピアノを弾くなんて簡単なことですねぇ。

鍵盤押せば音が出るんだもんなぁ(笑)。

« お昼ごはん風景 | トップページ | ついにヴィオラまでも »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

おおお・・こんな貴重なショットが。
見逃して残念です。

ちなみに2日目の、レッスン中に昼ごはん、食べ物右手にもぐもぐご指導の図はしっかり拝見させていただきました(笑)。

修了コンサート、本日楽しみにしてますっ!

お疲れ様です
オケの中のコントラバス…素敵ですよねぇ(>w<)ハーモニーを支える土台であり、陰の指揮者であり…なにげに、かなりおいしいやつだと思います
低音好きにはたまらない…オケ聴きに行っても、どうしても目と耳が持って行かれちゃうんですよね
もちろん、ソロでも聴かせるやつですけどね
コントラバスLOVERとしては、その講演ぜひ聴きたかったです
そして、松本さんの指揮も見たかったなぁ〜

マエストロ松本さん、おぉ、指揮っぷりまでさまになってるじゃあないですかぁぁ~
\(^_^)/
そゆえばピアニストと指揮者を兼務なさる方いらっしゃいますよねバレンボイムとかアシュケナージとか。松本さんも色んな可能性ありますねぇ素晴らしい
昨晩はラフォルジュルネ2日目で、ミシェルコルボ指揮のバッハロ短調ミサ曲聴いてきました♪
二階で聴いてましたが、いやはや美しいのなんの…コルボ凄いです!ご高齢なのに切れのいい指揮っぷりで、その紡ぎ出す音のなんと天上的なことよ…音楽って素晴らしいですねぇ
終演23:30でした。興奮して睡眠三時間です(笑) 今日は最終日なんで、マタイ受難曲聴きに行きます♪ビババッハ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これもまた運命:

« お昼ごはん風景 | トップページ | ついにヴィオラまでも »