無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« ピアノが上手くなるための三箇条 | トップページ | スカイライン »

2009年4月 2日 (木)

月刊ピアノ

そういえば、先月はバタバタしていてすっかり告知を忘れてました。

先月発売の4月号から3ヶ月間、「月刊ピアノ」にエッセイ書いてます

まだ手に入るかなぁ・・・

日々のことを気の向くままに書いているブログとはまた少しだけ違った切り口で書いてるので、是非読んでもらいたいです

ショパンに連載始めた時は、1ヶ月たった1回の文章があんなに大変だったのになぁ。

今では文章書くのが楽しくなってるっていうのは、不思議なものだ

本職じゃないから、ある意味気楽というのも大きいかもしれない。

言いたい事が伝わればいいわけで、小説家のようにちょっとした言葉の陰影を使い分けて、ものすごく細かいところまでニュアンスを表現する必要はないわけで。

いや、そこまでやってみたくはあるけど

でも、音楽家として文章を書く、というスタンスが一番楽しいのかもしれないなぁ。

何事も突き詰めれば突き詰めるほど、単純に「楽しい」なんていう次元では語れなくなるものなので

« ピアノが上手くなるための三箇条 | トップページ | スカイライン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

松本さん、こんにちわ♪近くのネットカフェからです。桜が綺麗ですね。毎日お花見で散るまで落ち着きません(笑)この時期はちょっとおかしくなります。はい。
松本さんはお花見いかれましたか?松本さんの文章、のびのびしていてほんわりいたします♪

うわ。びっくりです!
ちょうど今日4月号読んだところだったんです。
今回のエッセイは特に好きだなーなんて思いながら、ショパンの頃なんかも思い出したりして、しみじみしちゃいました。
すごく実感できる言葉たちでしたよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ピアノ:

« ピアノが上手くなるための三箇条 | トップページ | スカイライン »