« 続・嵐を呼ぶ男、松本和将 | トップページ | 昨日の日記の続き »

走る、止まる

ロードスターを走らせるのはやっぱり楽しい

グワ~~っとアクセル踏み込んで、ある程度のスピードになったらギュッとブレーキ。

なんかそれだけでテンションがあがる

ブレーキを踏むと、重心がグッと前にかかって、サスペンションが動いて、

タイヤがたわんで、そしてハイグリップタイヤならではの強いグリップ力で路面を鷲づかみにするかのごとく踏ん張って、

その反動がまたボディに伝わってきて、

そういうのが、ステアリングを握っている両手、ブレーキを踏んでいる足の裏、バケットシートに包まれている体中から、

手に取るように伝わってくる。

それがロードスターという車の楽しさなのかなぁ

結構な性能を持っているのに、どこまでも人が操っているという感覚が残っている、

車に乗らされてる感じがしない、これがいいんだなぁ

これで「曲がる」という要素が加わると、その10倍ほど楽しくなるロードスターですが、

なかなかそんな場所もないので、またいつかサーキットに行く時間が出来る日までおあずけ。

そういえば、今年に入ってからまだ行けてないなぁ

忙しかったもんなぁ(←まだ過去形ではないぞ)。

さてさて、そんなこんなで、今日は27日(金)の小田珈琲館のコンサートに向けて、

守屋剛志氏と小田珈琲館でリハーサル

今回のプログラムは、

シューベルトのヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第1番、

ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ第7番、

ベートーヴェンの悲愴ソナタ(ピアノソロ)

ブラームスのヴァイオリンソナタ第3番。

思い起こせばちょうど1年前、

もりやんとは、ブラームスの2番、それからバルトークの無伴奏ヴァイオリンソナタをやって、後半にヤナーチェク、ベートーヴェンのクロイツェル・ソナタという、

「ベートーヴェン3大ソナタ+ハンマークラヴィーア」並みに大変なプログラムをやったものでした。

それに比べれば、今回は楽か

・・・なんてとても言えない。

十分重量級なプログラムです

その分やっぱりやりがいがあるから、楽しいね。

シューベルトのソナチネも、軽い簡単な曲かと思って正直ちょっとなめてかかってたら、

すごい名曲で、演奏するのもかなりシビアな曲です。

この曲の場合は、ソナチネだからシンプルで簡単なんじゃなくて、シンプルだからこそ大げさな表現とかが何も出来なくて、逆に難しい。

さすがシューベルト

しかも、19歳で作曲している、と・・・

一体どういうこっちゃ。

まあ彼の19歳はたぶん常人の3,40歳くらいの精神だったんでしょうから、

ゆっくり取り組んでいきますかぁ

そういえば、松本和将ファンクラブHPに007さんも書かれてましたが、

もりやんの演奏が変わったともっぱらの噂です

ベルリンに行って1年、確かにずいぶんいろんな音色が出せるようになってきて、音楽がすごく自由になってきたねぇ

しかも、彼は「ここをこうしたら?」とちょっと言うと、人が変わったかと思うほどガラッと変わったりするんですよねぇ。

面白い

って人のことばかり気を取られてると、自分のほうがおろそかになるので、僕もしっかり練習しないとなぁ。

お風呂でも譜読みしないとなぁ

金曜までじっくり合わせをして、いい音楽したいもんです

|

« 続・嵐を呼ぶ男、松本和将 | トップページ | 昨日の日記の続き »

日記」カテゴリの記事

コメント

タイトル見て車ネタだ、って思った私、すごい

私の車、タイヤ交換する前はいいタイヤだったみたいで、刺さるように止まってました。
が、
気軽にタイヤ交換してから、……止まるけど、刺さらないんです~~~

次に交換するときはケチらずに、刺さるタイヤにしたいなぁ~、
走る、止まる、って、ゾクゾクする

それにしてもコンサート、なんてボリュームたっぷりのコンサート!!
聞きたいなぁ~!

それにしても、お風呂で譜読みって!!(笑)
気づいたら楽譜がフニャフニャになってそう~♪

投稿: ミナ | 2009年3月24日 (火) 23時29分

素敵なプログラムですね私も聴きたいですたい~
思えば松本さんの存在を知ったのは、10年位前のラフマニノフのCDからでした天才がでてきた~と思いました
それからドイツに留学されたと聴き、最近このブログを発見して日本に帰ってらしたんだ~と今頃!認識したのです。はい。情報遅いんです私(汗)しかもこのブログにお邪魔しすぎ(汗)
シューベルト、ベートーヴェン、ブラームスってドイツの香り高いですね
シューベルトも密やかな光の小川を感じる時があります。素晴らしい演奏会になりそうですね

投稿: 眠り猫2 | 2009年3月24日 (火) 18時48分

シューベルトのソナチネ、良い曲よねえ〜
と思いながら読み進んだら、
たくさん、松本さんの思いが綴られて、
うれしかったです。
松本さんのピアノで聴ける日を楽しみに待ちます!

先週末は、嵐を呼んでから、去って行かれたのですね。
倉敷が嵐になりませんよう。

投稿: kk | 2009年3月24日 (火) 10時52分

いいですねー、車ってのは
おれの自転車にはフェラーリのエンジンが勝手に搭載されていると勝手に思い込んでいるので不自由しませんが
時間があったら北海道から沖縄までMY自転車で海の上も走って横断してみたいです

投稿: h | 2009年3月24日 (火) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走る、止まる:

« 続・嵐を呼ぶ男、松本和将 | トップページ | 昨日の日記の続き »