無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 魔女の毒りんご | トップページ | 狭間で »

2009年2月17日 (火)

演奏する

演奏をするということは、雑巾をしぼる作業に少し似ているかもしれない。

ためこんだ水を一気にしぼって、出なくなるまでどこまでもしぼり続ける。

上からは1滴ずつ水がしたたり落ちていて、その水を溜め込んでまた、力の限りしぼり出す。

でも時には、まだ水がしっかりしみこんでないのに、しぼらないといけない時もあるかもしれない。

いや、そういうことのほうが多いだろう。

そんな時は、いつもにも増して固く固くしぼらないと十分な水が出てこない。

そればかり続けていると、表面にしか水が行き渡らずに、核の部分は常に干からびている状態になってしまう。

だから、ゆっくりと雫が落ちてきてそれがじんわりと繊維の隅から隅まで染み渡っていくのを待つ時間が、何よりも大切なんだ。

« 魔女の毒りんご | トップページ | 狭間で »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

にゃるほど~なんだかワインが熟成するのを待つ感じに近いのでしょうか??

待つことって、一見シンプルな行為なのに、本当に難しいことですよね。。。。
そこには強さや信念が必要で、油断するとすぐ不安になって焦ったり、想いばかりが空回りしてしまいます。
私も今、待つという鍛錬をしています
そしていつの日か、水も滴るいい人間になって、その時は惜しみなく愛をしぼりだそうと思います
私も他の沢山の方々と同様、松本さんの音楽から潤いをいただいている一人です

知恵やアイディアを搾り出すということでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演奏する:

« 魔女の毒りんご | トップページ | 狭間で »