« 逆時計? | トップページ | 山の中 »

焼き物の町、有田

090221_1726411







すごくいいコンサートになりましたnote

いいホール、いいスタッフの方々、いいお客さん、温かい雰囲気の中で演奏を楽しめました。

それにしても佐藤君、本番強いねshine

柔軟でありながらも全く揺るぐことがないので、ピアノも安心していろんなことが出来ます。

特にエルガーはすごい緊張感を作り出してましたsign01

ヴァイオリンの若手は、たくさん逸材がいるもんだなぁ。

そうそう、前日にリハしたときには、ホールのピアノがあんまり鳴らなくてどうしようかなぁと思ってたのに、

当日調律してもらったら別のピアノかと思うくらいにいい音になっててビックリsign01

地方にもいい調律師さんはいるもんですnote

今日のもう一つの大きな出来事、

それは有田焼を見たこと。

やっぱりいいものを見ないとダメだねぇ。

焼き物に対する概念が180度変わりました。

有田焼の中でも、江戸時代は将軍家などへの献上のためだけに藩をあげて作られていた鍋島様式、

その伝統を代々受け継いでいる今泉今右衛門家の磁器を見てきました。

芸術です、これはsign03sign03

今まで何にも知らなかった自分が恥ずかしい。

美術館に絵画を見に行くのと同じような感覚で見に行くもんなんですねぇ、本物の焼き物というのは。

家とかで普通に使われてるような土臭い焼き物しか知らなかったので、驚きました。

いろんな世界を知ることが出来るのは面白いshine

|

« 逆時計? | トップページ | 山の中 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

母が松本さんの有田での演奏にすごく感激してパリまで電話をしてきました!私も聴きたかったです☆少しお話もできたと大興奮していました!

投稿: minami | 2009年2月22日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/44135774

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き物の町、有田:

« 逆時計? | トップページ | 山の中 »