« 松山で松田と松本がコンサート | トップページ | やばいっ »

減七

ベートーヴェンが減七の和音を使う時は、

ショックを与えたい時とか緊迫感を作り出したい時とかだけど、

シューマンが減七の和音を使う時は、

心の切なさを表したい時なんじゃないかなぁと思う。

|

« 松山で松田と松本がコンサート | トップページ | やばいっ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今減七の話題をNHKハイビでやっていたので反応しちゃいました。
こんぺい糖の踊りの減七の連続についてでしたー。
チャイコフスキーの人生観も興味深いです!
またこういう話題語ってくださいね。

投稿: hiroe | 2008年12月13日 (土) 13時36分

 素敵ですnote松本さんの話も音楽も体にすっと入ってきて、じんわりと効いてきますねconfidentなんか温泉っぽいspa
いよいよ関東では橋本が待っています~楽しみにしていますheart02

投稿: MIKI | 2008年12月12日 (金) 23時31分

すてき!

・・・一瞬考えさせられました。
あぁ、すごくうまく言い当てているなぁ、と私は思いました。

今日は大学で音楽理論の試験がありました。
減七の和音、問題にもちろん出たので、私個人的にとてもタイミングがいいお話でした♪

私の通う大学の和声学のProfessorは学生がピアノを弾く事を重要視しているように感じます(音楽学専攻です)。
机上の音楽理論だけではなく、松本さんの今回の言葉のようなものを求めているんじゃないかなぁ、と初めて気づきました。

いや~、すてきです。

投稿: こまち | 2008年12月12日 (金) 03時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/43393699

この記事へのトラックバック一覧です: 減七:

« 松山で松田と松本がコンサート | トップページ | やばいっ »