« 島の静寂 | トップページ | サンシティ »

昔友人が言っていた。

「僕は、薄い氷の上を歩いてるようなもんなんですよ。いつ氷が割れるかとビクビクしながら。」

そして僕は言った。

「僕はどちらかというと、分厚い氷の上を歩いていて、そしてそれが簡単には割れないと信じているようなタイプかな。」

薄い氷の上を歩いている人は、確かに不安定かもしれない。

でも、安定しているように見える、分厚い氷の上を歩いている人は、

いざその氷が割れてしまったときには心構えが出来てないので泳ぐことすら出来ないかもしれない。

僕はまた、逃げ道を作るのが上手い。

世の中に起こるほとんどの事柄は、気の持ちようでなんとかなると思っている。

そして、なんとか出来ると思っている。

だからこそ、どこを探しても逃げ道が見つからなくなった時に、じゃあ目の前にある壁を乗り越えようと思ってもその鍛錬が出来ていないので、ずっとそこでうずくまっているしか出来なくなるかもしれない。

「強い」と「弱い」って紙一重だなぁ。

まあどっちにしても、ゆっくりと進むのが一番かな。

|

« 島の静寂 | トップページ | サンシティ »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

やってしまったf^_^;
暑い氷(笑)

厚い氷

投稿: hiroe | 2008年11月 4日 (火) 22時25分

薄い氷の上も、暑い氷の上も、たまには滑ってみると楽しいかもしれません。
スケート靴はいてもいいし、長靴もほどよく滑ります!
転んだら慌てずに立ち上がりましょう。
力むとよけいに滑りにくくなります。ほどよい脱力が大事なんですねえ。

あら?なんの話だろう(笑)

投稿: hiroe | 2008年11月 4日 (火) 22時23分

目の前に立ちふさがる壁を前にうずくまる自分を私も想像してみました。

今の筋力では到底登れそうにないので、私は無理に登ることをやめ、筋トレをすることにしました。日々ひたすら筋トレをしていると、なんとか登れるのではないかと自信がついてきて、そのうちに肩車をしてあげようと言ってくれる人やハシゴを持ってきてくれる人も出てきたのでした。

自分ではどうにも出来ないような絶望を感じたとき、もがくのをやめ、嘆くのもやめ、待つことができるかどうか、待つ間に何をするのか。待つのは覚悟のいることです。
時には筋トレなんて出来ない、ただうずくまることしか出来ないときだってあるでしょう。でも心に微かな希望さえあれば、状況は必ず変わっていくものです。
変わることは寂しくもあり、希望でもありますね。そんなことを思いました。

サンシティのコンサート、とても楽しかったです(^0^)「子ども達に良質の室内楽を聴かせたい!」という保護者の方々の思い、こんな素敵な企画に参加できたことに感謝です☆ありがとうございました!

投稿: 粉雪 | 2008年11月 4日 (火) 01時49分

分厚い氷が簡単には割れないと思っていつつ、
一方で逃げ道がなくなったらうずくまっているかもしれないと想像する、
そういう大胆と繊細の共存こそが松本芸術の面白さなんでしょうね。
(「つぶやき」カテゴリー好きです♪)

投稿: ミナ | 2008年11月 3日 (月) 15時20分

ほんとうですね。全ては、気持ちの持ち方でいかようにも変えられるものだと思います。

それに、長く生きていますと、人生では悪いことも良いこともずーっと続くものではないですね。物事に一喜一憂していてもいいけど、この年になると各々の良いところだけつまみ食いして生きていく方が楽しいかなと思っております。
年寄りですね・・・笑

人生全て塞翁が馬と言うじゃありませんか。

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 13時38分

薄い氷の上を歩いている、というところはみな同じで、どう受け止めるかなんですよね・・?薄いと知りつつビクビクしないで歩けたらいいと思いますが・・・究極は信仰shineなんでしょうね~。

投稿: らら | 2008年11月 3日 (月) 13時31分

昨日はお話できて楽しかったです。さっそくH・Pとブログを見にきました!更新楽しみにしています(*^-^)
私のブログは音楽とはあまり関係ないのですが、松本くんのブログのリンクを貼らせてもらったのでお知らせします。事後報告ですみません・・・ではまた!

投稿: kyoko@paris | 2008年11月 3日 (月) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/42990560

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 島の静寂 | トップページ | サンシティ »