« ねばりの松本 | トップページ | 演奏家 »

青陵高校

そういえば、先週末くらいの山陽新聞に、2日連続で倉敷青陵高校に関する記事がありました。

知らない方のために・・・・

僕の母校です♪♪

今年100周年を迎えるんです。

それで、式典があったりいろいろあったり。

実はその一環で、コンサートもやります☆☆

金曜の昼(!!)です。

基本的には高校生のための芸術鑑賞なのですが、保護者の方や卒業生の方も聞きに来れるみたいですよ。

って、申し込みとかあるのかな??

もし、「もう入れない」とかだったらごめんなさいm(__)m

なんか高校生の前で演奏って緊張するんですよねぇ。

演奏会と違って、彼らは好きで聞きに来てるわけじゃないから。

でも、だからこそ頑張っていい演奏しないといけないんですよねぇ。

その出会いがきっかけで、もしかしたらクラシックが好きになってくれるコが一人でも二人でも現れるかもしれないから。

もともと触れる機会がある人は、すでに好きか嫌いか自分の中で定まってるだろうし、
どれだけいい演奏を聞いてもやっぱりクラシックは好きにならない、って人もたくさんいると思う。

僕がいくら面白い試合を見ても野球を好きになれないように。

でも、その真ん中くらいの、クラシックに触れる機会は今までなかったけれど、その機会さえあれば好きになる可能性を秘めている人、ってのはすごく多いんじゃないかと思う。

これは高校生だけじゃなくて大人でも同じ。

でも、大人はある程度先入観とか固定観念とかが自分の中で出来上がっていて、それを崩すのが難しかったりする。

高校生くらいになるとそろそろそういうのが出来始めてるかもしれないけど、まだまだ頭の柔らかい時期。

そんな時に、もしいい演奏に出会えれば良き聴衆になってくれるかもしれない。

なので、責任重大なんですrock

なんて言いながらこんな時間まで起きてる場合じゃないなぁ・・・

学校のコンサートなのでちょっといつもより早いので(10時からリハなんて早朝だ!!!)、リズムを作っていかないとっっsweat01sweat01

それでは、オヤスミナサイdash

|

« ねばりの松本 | トップページ | 演奏家 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

このブログ、読んだ人には何時に記事がアップされたか分からないのが欠点です。
夜更かし日記のときはぜひ、「今、○時」とか書いてくださいshine
(いや、分からないほうが、むしろすごい想像できていかな)

高校のコンサートに向けてきちんと照準を合わせる姿、ステキですね。
ステキなコンサートになりますように!

投稿: ミナ | 2008年9月25日 (木) 00時46分

松本君の言われ通りです。私も一昨年、全くのボランティアですけど、ドイツのマグデブルクフィルでソリストをされているフルートの古賀敦子さんとベルリンフィルアカデミーのメンバー3人(バイオリン・ビオラ・チェロ)を山口県に招聘し宇部市を中心に約20校の小学校を演奏して回りました。ちょうどモーツアルトの生誕250年でもありましたので、彼のフルート四重奏を中心のプログラムで巡回しました。当初小学校の低学年が静かに聴いてくれるかな?と懸念しておりましたが、父兄も含めて約6000人の人々が本当に静かに聴き入っておられました。また、演奏後に沢山の子供達から感動と感謝の手紙を頂きました。やはりクラシックにしろジャズや民謡・歌謡曲にしろ美しい音と本物のプロの演奏は、人々を感動させる力が有るのだと確信しました。特に初めてクラシックを聴く人には
良いものを聴いてもらいたいと思います。松本君にはその力があるのですから、是非沢山の人に感動をプレゼントして下さい。
ちなみに、古賀敦子さんのブログはhttp://www.atsukokoga.de/です。

投稿: HM | 2008年9月24日 (水) 08時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513406/42574541

この記事へのトラックバック一覧です: 青陵高校:

« ねばりの松本 | トップページ | 演奏家 »