« モノローグVol.3!! | トップページ | 音と自分と »

沈む

音楽家である、ということ。

それは、常に自分自身と向かい合うこと。

いろんなことに興味があって、やりたいことが山ほどあって、たくさんのアンテナを常に外に向けて張っていた。

そうしたら今度は、自分の中に沈み込んでいくということを忘れていたような気がした。

難しいね、バランスを取る、というのは。

覚醒すればするほど、瞑想が興奮に変わっていってしまう。

まずは自分の内側にある心の海に、深く沈みこんでみよう。

先のことは、そこにたどり着いてから考えればいいかな。

|

« モノローグVol.3!! | トップページ | 音と自分と »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モノローグVol.3!! | トップページ | 音と自分と »