無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

« 塩谷さん in Blue Note | トップページ | 茶目な日常 »

2008年8月21日 (木)

藤井香織ちゃん in STB

080820a








今日は藤井香織ちゃんのコンサートを、スイートベイジルに聞きに行ってきましたよ♪♪
毎日コンサート三昧だなぁ☆☆

彼女のアルバム「イパネマの娘」を聞いてもらえば分かると思いますが、
もう完全にクラシックの枠を超えちゃってます♪
今日の編成も、フルート、ピアノ、ここまではクラシックっぽいですが、そこからが、ドラム、エレキギター、ダブルベースと違う世界の組み合わせですね☆
楽しかった~~~

考えてみると、クラシック以外のほとんど西洋音楽がリズムを主体にして成り立ってるんだなぁ。
ベースとドラムが主体になってリズムを作って、そこにコードとメロディが乗っていく。
ジャズでもポップスでもロックでも、今日のようなボサノヴァでもそう。

クラシックは逆にメロディにみんな合わせて伴奏をしていく。(まあバロックとかは必ずしもそうではないけれど)
だから、他の世界では合図を出すのが結構ドラムだったりするけれど、クラシックはだいたい一番上のパートの人。
そう考えると、クラシックのほうが意外と異端児なのだろうか・・・・

リズムの強い音楽、楽しそうだなぁ!!!
やってみたいなぁ

« 塩谷さん in Blue Note | トップページ | 茶目な日常 »

コンサートなどを聴いて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 塩谷さん in Blue Note | トップページ | 茶目な日常 »