« その向こう | トップページ | ほっ »

ゲルバー

いやいや~~、良かったですね~~~note
今日のN響アワーの、ゲルバーのベートーヴェン。
美音なわけでもないし、テクニックも全然あるわけじゃない。
足が悪いせいもあってペダルの繊細な調節もないし、お腹が邪魔をして(失礼)弾くのが苦しそうなところもたくさん(笑)。
でも、素晴らしい!!
一音一音がものすごく濃い色の油絵の一筆一筆のように、全てにこれ以上こめられないくらいの表情があって、でも決して感傷的になったり音楽の方向を見失ったりすることがない。

10年前にN響とやったブラームスの1番も絶品だし、熱情を勉強している時は彼のCDをしょっちゅう聞いてました。

一度ベルリンで生でも聞いたことがあって、その時はモーツァルトのソナタ2曲(KV.330,310)、ベートーヴェンのソナタ2曲(3番、ワルトシュタイン)だったのですが、モーツァルトはからっきし。
ベートーヴェン3番も結構ポロポロミスったりしてそこまでいい出来ではなかったのですが、ワルトシュタインになると突然それまでに聞いたことのないような名演奏で、あの1曲だけできっと生涯忘れないであろうコンサートの一つになっています。

いいんです、別に全部の曲がうまく弾けなくても。
1曲誰も真似出来ないほどの名演が出来れば。
出来ればコンサートの最後にshine

彼こそ、「うまい」ではなく「いい」音楽家、ですねsign03

|

« その向こう | トップページ | ほっ »

コンサートなどを聴いて」カテゴリの記事

コメント

 N饗アワー見てました~♪ゲルバーの手は小さく見えますが、コロコロと良く響く美しい音を出しますね。昨夜の演奏は大当たりでした☆松本さんも鑑賞なさっていたなんて~何だかうれしいっす♪

投稿: MIKI | 2008年6月16日 (月) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« その向こう | トップページ | ほっ »