« 音楽と料理 | トップページ | アルゲリッチ »

続・音楽と料理

さて、約束通りスウェーデンの続きですnote

明日本番じゃんっっ!!!
今日は手短に行きましょう☆

後半のプログラムは連弾でのベートーヴェン「運命」。
これはアンディが日本に来た時にも演奏した曲です。
何が「魔女、火、光」と関係あるか、って??
いや、燃え立つような情熱もあるし、苦悩を経て歓喜へ辿り着く4楽章では大きな光を見つけ出したようではありませんか??
ん?
こじつけ??
いいんです、どうせ理論なんてものは基本的にこじつけなんですからeye

二人で弾けるレパートリーは今のところこれしかないしねぇ。
名曲だし。
これを弾かない手はない、ということで☆

さて、今度はユルゲンコックは運命の各楽章と料理を対比させました。
そういえば料理長兼オーナーの名前を紹介するのを忘れてました。
ユルゲン・グロースマン。
普通にその辺にいると単なるおっさんにしか見えないんですが、ひとたびキッチンに入ると大変身!!!!
・・・・するのかもしれない。
キッチンの中に僕があまり入ってないもので、知らないですがcat
いずれにしても、作る料理は絶品☆☆
そのアイデアは絶品☆☆

有名な第1楽章と対比させたのは「良き物を待つ男・・・」


0804303a




ラムの肩肉、春のたまねぎ(?)とオーブンで焼いたトマト添え

ベートーヴェンがこの交響曲を作るのに何年も構想を練ったということにかけて、48時間オーブンで焼いた(煮た?)ラム肉です。
まるでバターを切るように柔らかい。
肝心な調理法の単語が辞書に載っていなくて分からないbearing
まあおいしかったということで♪

さて、第2楽章は「相違の間で」
0804303a_2




ん~~、難しいタイトルだ。
要は、第2楽章はヴァリエーションで出来ているということから、チーズのヴァリエーションらしいです。
チーズもひとつひとつ説明されましたがさっぱり分かりません。
かなり癖の強いチーズで、日本人にはちょっと厳しいかなぁ(^_^;)
でも、すごく風味もあって、慣れてきたらおいしいチーズなんだと思う。
慣れてみたいものだ♪♪

そして第3楽章、「霧の中での発見」
0804303a_3




まあ料理の順番上、もうここでデザートになってしまうので、雰囲気はずいぶん違いますが。
でも、これは結構話してて面白かった。
第3楽章は、次の4楽章への前奏曲のような役割も担っていて、特に最後の2,3分にも及ぶような沈み込んだ部分はまるでトンネルの中か霧の中を進んでいるよう。
そんな霧を白いレモンソースを泡状にすることであらわしました。
その中にはラズベリーの入ったチョコレートガナーシュ。

これもまた絶品でしたnote
僕はチョコはそんなに得意なほうではないんですが、チョコの甘さとレモンの酸っぱさが絶妙な調和を作っていて。

最後はもう一皿デザート「グランドフィナーレ」です。

0804303a_4


イチゴのデザートとしかメニューには書いてないですねぇ。
ちょっと食べかけですm(__)m
もっときれ~~な形でした♪

これは第4楽章の壮大なフィナーレとかけて、云々かんぬん。。。。。

はい、忘れてしまいましたsweat01
もしくはドイツ語が理解出来なかったか。
こっちの可能性のほうが高いな・・・

この後でアンコールに連弾で花のワルツを弾き、それからこのレストランの売りでもあるカルバドス(りんごの蒸留酒)を飲み、お客さんが帰った後も打ち上げ(宴会?)は2時ごろまで続いたのでしたdash

ふぅ、書いたぞ~~~shine

それにしても明日は雨らしい。
さすがは雨男。
誰か晴れパワーを持ってきてsun

|

« 音楽と料理 | トップページ | アルゲリッチ »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

松本さん、九州~アルゲリッチお疲れ様でした♪大成功おめでとうございます☆ 演奏前のご苦労が日記からリアルに伝わって来ました。「熱情」やっぱり早く聴きたいなぁ~餃子の旅どうしよー。

 

投稿: MIKI | 2008年5月11日 (日) 14時05分

松本さん、大分でのコンサートありがとうございました。
一音一音大事にされていると思いました。
マスタークラスも、言葉を選びながらでしたね。
途中、困っていることがよくわかったので、「松本さん、がんばれ~。」
と、声を出そうと思いましたが、恥ずかしいので、やめました。^^

自分はコンサート後、松本さんよりサインをいただき、写真まで一緒に写らせていただきました。
また北九州にお越しの際には、演奏を聞きに行かせていただきます。

投稿: けんけん@福岡 | 2008年5月10日 (土) 23時44分

本日は、大分での演奏会ありがとうございました♪
とても、素敵でした★☆

今日も残念ながら雨でしたね。。
雨の日のピアノも、いいものです♪

また大分にお越しください!
お待ちしております(*^_^*)

投稿: sinamon | 2008年5月10日 (土) 20時53分

松本さん、こんなにとばして大丈夫ですか??さすがスピード派^^
このペースだと本が執筆されてしまいそう。
しかし、アンドレアスさん、前から面白い人だなあと思っていましたが、なかなかですね!
ちょっと頭の中を覗いてみたい気分です♪

投稿: hiroe | 2008年5月10日 (土) 14時32分

素晴らしい料理に演奏・・・、その場にいた人が羨ましすぎですwobbly

遅れましたがブログ開設おめでとうございます! しかも毎日長文が続いて、ファンとしては嬉しい限りですねhappy01
でも、いきなりこんなに飛ばして大丈夫かなと、ちょっと心配です(笑)
明日は下関から車で大分へ向かいます♪うちの夫婦は大切な日は必ず快晴になるんですが、松本さんの雨パワーとどちらが強いでしょうか?!
明日晴れますように〜sun

投稿: MIO | 2008年5月 9日 (金) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音楽と料理 | トップページ | アルゲリッチ »