トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

楽しいコンサートでした♪

もしかして、僕がこんな雪深いところに住んでるとか皆さん思ってるわけじゃないよね??
いちおう東京都です!!
いちおうどころか、市なのになぜか03ですnote
多摩川まで歩いていけますshoe
畑も見れます。
急行止まりません。
どうだ、都会だろうeye

いや実際、「どこに住んでるんですか?」と聞かれて「狛江です」と答えたら、
だいたい「へぇ、そんなところに!!」
とか
「それはどこですか?」
とかそんな反応が返ってくるわけですよ。

新宿からたった20分で着きますΣ( ̄ロ ̄lll)

友達には真剣に「終電は11時前後?」とか聞かれましたが、

12時半まであるっちゅうに!( ̄∇ ̄ ;)

かの高級住宅地「成城学園前」の次の駅ですよscissors

なので、これからは「どこに住んでるんですか?」と聞かれたら、
「成城です!!」と答えよう計画を推し進めていたのですが、
いざその段になるとなんだか気が引けて言えず・・・
いまだに、「へ~~~」とか「え~~~」とか言われながら、その度に”新宿から20分”と説明している現状snail

本当は近いはずなのに遠くに感じてしまう街。
そんな街に僕も今日出かけてきました。
ちょっと遠いからどうしようかなぁと迷ってたんだけど、
こういう時間のある時じゃないと聞いとけないだろうから、と一昨日位に思い立ってチケットを買い、
小曽根真さんのコンサートに行きましたnote
ゲストで塩谷さんも出るので、二人のデュエット(ジャズでは”デュオ”とは言わないみたい。豆知識tennis)が聞けるならこりゃあ行かねばならん、というわけで☆

そしたら、意外と市川近いんですね。
東京の西側に住んでしまうと、東側にある街は全部遠くに感じてしまうcat

それはそうと、コンサート!!!
いやぁ楽しかったimpact
前半は小曽根さんのソロ。
以前塩谷さんとのデュエットコンサートに行って1曲くらいソロを弾いたのを聞いたけど、本格的にソロを生で聞くのは初めて。
いやぁ、いい音sign01
クラシック屋(ジャズの人は「ジャズ屋」という言い方を自分たちでよくするので、それに対抗して☆豆知識?)の僕としては、驚きはショパンのワルツをやったことでした。
嬰ハ短調のアレね。
えっと、7番かな?
もう自由自在に曲が変わっていくの。
いや、即興が出来るってこと自体は当たり前なんだろうけど、なんと言うかそれがすごく音楽的で、自然で、でも意表をつかれて。
すごいもんだなぁgood

そして、後半に塩谷さん登場!!
弾けてましたね~~~note
デュエットのCDでいつも聞いてて耳慣れてる曲だけに、いつもと全然違うアドリブしたりするとハラハラするけど、もちろん最後はちゃんとぴったり合わせてくる。
「もうそろそろここで盛り上がって終わるところだな」ってところで逆に静かになって、二人でたゆたうようにアドリブしだした時には、
”一体どうやって終わりにつなげるんだろう”とドキドキしたものですheart02
モーツァルトの2台のソナタも弾けてましたね~~~!!
途中でいきなりラテンのリズムが出てきたりして(笑)。

雨の日でも、いいコンサートを聞いた後は心の中が暖かく晴れ渡っていくもんですねぇup

| | コメント (2)

夏?春?

さ、寒いっっsnow
そろそろ6月になろうかというのに
暖房
付けるってどういうことよΣ( ̄ロ ̄lll)

080106a

| | コメント (2)

たまには

写真だけというのもいいのかもしれない。
結局、この写真を撮るために、ちょっと長めの文章かけるくらいの時間がかかっちゃってるんだけど(笑)。

080530a

| | コメント (2)

眼差し

今シーズンも、せっせとドラマ見てます。
HDDレコーダー、僕には毒です・・・

今日は「ラスト・フレンズ」の日♪
瑛太の演技がいいgood
上野樹里も、のだめカンタービレとは正反対のような男っぽい役なのに、完全にはまってる。
すごいものだ。

演技に限った話ではないけれど、目の力って大きいなといまさらながらに思う。
目は口ほどに物を言う?
そんなことは分かっていたはずなのに、見れば見るほど目で演技してるんだなぁと思う。
目なんて、眼球が上下左右動く以外はそんなに大きく動く部位じゃないはずなのに、何で変わってくるんだろう。

昨日の続きになるけど、電車の中からホームをあるく人の群れを見ながら、どの人が物思いにふけりそうな人なのか、と考えてみた。
一人一人目を見ると、ずいぶん違う。
ちょっとうつむき気味で下のほうを見ながら歩いてる人。
前にキッと焦点を合わせて歩いている人。
そわそわとあちこちを気にしながら歩いてる人。
前を見てるようなのに、どこか他の世界を見てるように見える人。
きっとちょっとした違いなんだろうけど、その人のキャラクターがふと目を見るだけでも少しつかめるような気がする。

あと、まっすぐ前を向いてるのにこの人はきっと横の人間の動きとかも全部見えてるんだろうなぁ、と感じさせるような人もいる。
これも目なのかな?
わからないけど。

目って不思議。

今日は大マネージャー野島氏と、ギターの大萩君、フルートの藤井香織ちゃん、ヴァイオリンの鍵冨君と会って来た。
あ、ちなみにそれぞれのブログ♪
奇しくもみんなココログだ☆

http://ohagiyasuji.cocolog-nifty.com
http://kaoridiary.cocolog-nifty.com
http://kagitomigentaro.cocolog-nifty.com

みんなそれぞれ頑張ってるんだなぁ。
僕ももっと頑張らなきゃ。
引き続き休日を謳歌することを頑張らなきゃ☆
ん??違う??

でも、そろそろ次のコンサート群に向けての準備を始めてるところです、実際rock

| | コメント (2)

こんな日にはPart2

いい天気sun
こんな日には、ミニの窓を全開にして、借りてきたばかりの「いきものがかり」のアルバムを聞きながら、図書館に向かうのも悪くないsun

途中にある、いつも込む橋のところの交差点。
いったい何回信号が青になれば渡れるのか、なんてことばかり考えながら待っている。
いつもは。

今日、物思いをしながらふと気がつくと、長い長い列の後ろで信号待ちをしていた。
いつもならそわそわと車の数を数えているはずだ。
驚きだった。
そんな瞬間がそんなシチュエーションで生まれることなんてなかなかないことだから。

音楽家として、そして単純に一人の人間として、物思いにふけらない人にはなりたくないと思う。
自分自身を見つめることなく、ひたすら動き続ける人。
ちょっと忙しいときっと僕はすぐそうなってしまうんだと思う。
だから、こんな風に時間のある時にふと自分の中を見つめているような瞬間が必要なんだ。

すぐそばに人がいても、ふと見るとどこか違う世界に飛んで行ってしまっていて、呼んでも気付かないような人がいる。
うらやましいな。
あこがれる。
でもそういう人はまたそれはそれで、器用にいろんなことをいっぺんに処理することとかが苦手だったりするのかな。

しかし最近、「時間に余裕がある」という話題ばかりのような(笑)
まあでも忙しくなってくると、じっくり考えてブログを書くようなことも出来なくなるだろうから、まあいっかshine


| | コメント (1)

完売御礼

080526a_2





この写真の人物が、「俺を載せろ、俺を載せろ」とうるさいので、仕方ないので載せてやるかなぁeye

お馴染みの人も多いかもしれない、藤木大地氏。
テノールですnote
ちなみに、このお店は新宿の「みやこんじょ」
宮崎県人が集まる居酒屋で、ここのチキン南蛮は絶品ですsign03
この日は二人で焼酎のビンが空きましたempty
ちなみに、トイレの壁には宮崎県人である大萩康司君のCDのポスターが貼ってありましたgood

ちなみに、藤木氏とは1月に宮崎でコンサートしますよ♪
また載せますねsun


ところで、7月1日のモノローグコンサート。
あれよあれよという間にチケットがなくなりました。
ありがとうございますnote
楽しみですねぇhappy01

| | コメント (4)

こんな日には

いい天気sun
こんな日には、ミニの窓を全開にして、借りてきたばかりのチャットモンチーのアルバムをいつもよりちょっと大きめの音量で聞きながらドライブするのも、悪くないnote
ここで、徳永英明や小田和正ではないし、B'zや洋楽のヘヴィ・メタルでもない。
チャットモンチーは聞き始めたばかりだけど、どんなものにしても、ポップでノリが良くて、でも軽すぎないものがいい。

そんなふうに、雰囲気のために何かをするのは昔はどちらかというと嫌いだったけれど、最近それもいいかな、と思えるようになってきた。

そして、そんな時のドライブは、ゆっくりと走るのがいいsun

走り好き、中でもひたすら速く走ることを求めるモータースポーツ好きの僕にとって、必要以上にゆっくり走るというのは逆に難しい。
特に、倉敷でロードスターに乗っているときは、車自体が余りにもアクティブ過ぎて、ゆっくり走るほうが骨が折れる。
幻想即興曲をゆっくり弾きなさい、と言われてるのと同じことかな。

でも、ミニという車には不思議とゆっくり走っても気持ちいい何かがある。
速く走れないだけという説もあるけれど(笑)。
でも、最近のすごく快適なコンパクトカーでゆっくり走るのは、やっぱり物足らない。
この感覚は何なんだろうな。
車を自分で操っている、という感覚を感じやすいからかな。
ゆっくり走っていても、「精一杯頑張ってますsweat01」と言いたげな音や振動を出しているからだろうか。
それとも、ただ単にオールドミニに乗っているというおしゃれ感みたいなもので自己満足に陥ってるだけなんだろうか。

何にしても、がむしゃらに一番いいものを求めるか、でなければとにかくどっちでもいい安く速く簡単なものを求める、という二極的な生き方ではなくて、その真ん中あたりにふわふわと浮いている「なんとなくいい雰囲気」みたいなものもまたいいものだ、と思うようになった今日この頃sun

あ、あくまでも自分で演奏するときには、最高のクオリティは求めなきゃいけないから、それは別の話。
必ずしも最高のテクニック、ではないけれど、最高のクオリティ。
これまた曖昧な話だけどbell

| | コメント (1)

VIVA田舎

大学4年間、奨学金をもらってました。
いくつかもらっていたのですが、そのうちの一つがAnスカラシップという奨学金。
アルバイト雑誌とかのAnの出していた奨学金ですな♪
この選考基準が一風変わっていて、家計とか成績とかは一切関係なく、作文を送ってそれが面白いかどうか、というだけで決めるんです!!
僕の作文は、多分文章が面白かったわけではないと思うのですが、ウクライナにコンクールに行ったりいろんなところで演奏会をしたりと、普通の高校生には出来ないような経験をしているところが買われたのかもしれません。
そういう奨学金なので個性的な人がすごく多くて、お医者さん、お坊さん、有能プログラマー、自衛官、ラジオ局プロデューサー、サーカスのピエロなど職種だけでも豊富。
他にも、アフリカにしょっちゅう写真を撮りに行っていて、なんたら王国(失礼・・・)の親善大使になったような人や、小さい頃からずっと好きだった某有名音楽家の事務所で働いている人や、政治にすごく興味があって行く行くはもしかしたら立候補するかもしれない人や、なんだか生き生きしている人が多いんですnote

時代の波に勝てずAnスカラシップがなくなってしまってからも、有志でちょくちょく集まってるんですが、行くといつもいろんな刺激をもらって帰ってきます。
音楽家にとって、音楽の世界とは違うところで活躍している人達に会うというのはすごく大事なこと。

そんなアンスの集まりにも、そろそろ子供連れで来る人が出てきました。
なんとも時間の流れを感じるものですが、さらにビックリすることが。

今日は合計4人の子供がいたのですが、そのうち最年長の4歳の子供に話しかけたところ。
僕「おじちゃんは狛江ってところに住んでるんだよ☆」
子供「それどこ~?」
僕「狛江には田んぼもあるんだよ~~」
子供「田んぼって何~~~??」







Σ( ̄ロ ̄lll)????????




田んぼを知らないっ???
田んぼというものを見たことがない??
田んぼというのは基本的に家から出て2分も歩けばあるものではないのか???

これは現代の子供だからなんでしょうか?
それとも東京育ちの子供ってそういうものなのかな?

僕的にはかなりショッキングな出来事でしたcat

ちなみに、よく考えたら狛江には畑はあっても田んぼはほとんどないのでした^_^;

| | コメント (5)

始まりはいつも雨

久しぶりに「暑い」と叫んで目が覚めたのに、意外と寒い一日だった。

それにしても昨日のブログを読み返してみると、かなりぐだぐだだ。
書きたい内容は確かにそうなんだけど、細かいところがなんだか我ながら意味が分からなかったり。。。
酔って文章を書くものではないですなcarouselpony
でも、だからこそ熱い文章が書けるときもあったりするのかもしれないし。

ん~~~、でもどうなんだろう。
お酒を飲んでピアノがうまく弾けるなんてことは、ほんの1%もない。
僕の場合は。
ってことは、やっぱり気分だけなんだろうか。
でも、細かいところまで完璧なものを作り出さなきゃいけない再現芸術と違って、作り出すものの場合はひらめきとかがさらに重要だろうから、また違う話なんだろうかeye
いずれにしても、ブログのためにお酒を控えたり、むしろ飲んだり、ということはまずないと思うので^_^;。
気にしなくていいかhappy01

それでは、ここでいっちょ東京の愛車ミニの写真でも☆☆

0805142
花がよく似合いますねぇ♪♪(←親バカ)

| | コメント (3)

毎日Part 2

よっしゃ、ブログ書くぞ~~~!!
約束したので♪

何にしろ、今日はいい一日でしたnote

まずは、キース・ジャレットのコンサート。
芸劇の大ホール。
ケルン・コンサート、パリ・コンサートなどで大好きなピアニストだったのですが、最近ミラノコンサートのCDを聞いて、そのあまりの現代音楽ぶりにビックリしていたのである程度覚悟は決めていたのですが、その期待通りものすごい現代曲!!!
前半はそのまま30分も引き続け、2曲目にブルースっぽい曲を。
そして後半も最初の2曲は完璧現代曲。
さすがにチンプンカンプンだったのですが、そんな僕ら(主観的な一人称複数です)の思いを感じ取ったように、突然きれいな和音が聞こえてきたんです。
それも天から降ってくるようなとびきり美しい和音。
それだけ難解な現代音楽をやった後にさりげなく奏でだしたどうってことないきれいな曲は本当にきれいで、それ以上説明のしようがないほど。
人生の哀しみも苦しみも全部受け止めて、その上で遠くにかすかな希望の光を見ながらいつもと変わらず歩き続ける、って感じかなぁ。
この曲で涙を流した人がきっとたくさんいるはずです。

ジャズのピアニストでここまで深い音色を出す人を僕は他に知りません。
不勉強なだけかもしれないですが、ジャズというジャンルはひらめきや盛り上がりや知的な探求やふわっとした憂いを帯びた表情には強いけれど、ひたすら天上に向かうような、心に深く沈みこむような表現はどちらかというと弱いと思っていました。
でも、彼は違う。
というか、このコンサートが何のジャンルだったかな、とかどっちでも良くなってきます。
キース・ジャレットというピアニストを聞きにきた。
それだけでいい気がします。
誰も考え付かないアドリブがどうとか、このコード展開がどうとか、どっちでもいい。
この音色を聞け、と!!
これはクラシックの音楽家も愛好家も聞くべきアーティストですな☆☆


そして、放心状態になったまま、喜多見駅前の「らりゅぬ」に♪♪
まだ3回目ですが、いつの間にか常連みたくなってしまってますねhappy01


いつも通りおいしいワイン☆☆
自分で適当にチョイスしたワインはいつもハズレが多いのに、ここに来るとどんなものを選んでもおいしいものばかり。
しかも、気取らず初歩的な質問にもちゃんと答えてくれるので楽しいです☆
今日は軽く食事ということでパスタだけだったんですが、めちゃめちゃおいしかったしdelicious

しかも、いつの間にかマスターがこのブログも発見しててビックリhappy02




嬉しいですねぇ♪♪
僕は結構普段一人で事を済ませてしまう性質だったので、こういう風に常連という感じになるのは初めてかもしれない。
楽しいもんだ☆☆





書いたど~~~scissors
もう2時50分。
明日は土曜日だからまあいっか☆
来週になったらまた毎日仕事の日々ですしね!!!

・・・・ってわけでもないですがdog

しかし、ひたすら暇だと思ってたんですがいつの間にかいろいろと予定が入って忙しくなりつつあります☆☆
それにしても、今日のブログの中で「いつの間にか」って3回も使ってるな。
そんなにも世の中は「いつの間にか」動いているものなのか。
「いつの間にか」がいったい「いつ」なのか、まで考えながら暮らしていかなきゃダメかなやっぱりeye

まあいいや。
というわけでおやすみなさいO(^○^)O

| | コメント (1)

こむらさき

こむらさき
こむらさきが写真から分かったのがビックリ!!

今日は焼鳥☆
去年に引き続いて今年の冬も松田理奈ちゃんと共演するので、その打ち合わせです。
という名目の飲み会です(^^ゞ
なかなか面白いコンサートになりそうですなp(^^)q

それにしても、焼鳥は皮に限るという人には久しぶりに巡り会いました(´〜`;)

| | コメント (4)

今日は

今日は
もう無理です(笑)
写真日記☆
これで勘弁(´〜`;)

| | コメント (2)

特上

特上
すごいでしょ、この天丼!
岡山の鎧という店です♪
このボリューム、特上とかいうわけではなくて、これが基本の天丼なんですよ。
前に行った時に名物の大海老穴子丼というのを頼んだんですが、さらに大きなドンブリから穴子が大幅にはみ出してるようなすごいやつで、さすがの(?)僕も全部食べるだけで必死でした。
かの巨漢チェリスト向井航をして「松本さんよく食べますねぇ」と言わしめたさすがの僕でも。
なので今日はおとなしく普通の天丼。
なのにこれ。
出てきてびっくりですな!

そしてその後は、9月の山部兄弟とのコンサートを主催して下さるNPO岡山こどもセンターの総会に出席。
「総会」っていうからどんだけかしこまった大仰な集まりなのかと思ったら、和気あいあいとしていて
良かった☆
みんなが座ってる前にテーブルが置かれて、そこに僕と山部泰嗣君と座って、なんだか記者会見みたな雰囲気でしたが(^^ゞ
でも、コンサートを作って下さる方の顔が直接見れて想いが伝わってくると、演奏する側のモチベーションもさらに上がってくるものです。
この人達の期待に応えなければ、という時の「この人達」が具体的に見えるので☆
そろそろどんなコンサートにしていくのか、少しずつ練っていく予定です♪

| | コメント (0)

退職

コンサート群も終わって、週末の広島のレッスン群も終わって、しばらくは連休の日々。
実家の自分の部屋に入って、「えっと、何すればいいんだっけ?」と思ってから、
「あれ?何もすることないんじゃん。」と気づいて
3秒ほど静止。

バリバリに働いていた人が退職した後ってこんな感じなんだろうか?

まあでも、何もしてない時間が嫌いな僕のこと、あっという間にすることを見つけ出してるのは間違いない。
こういう、”やらなきゃいけないこと”がない期間にしか出来ないこともたくさんあるし。
いろんな人とあったり、目前のプログラムじゃない勉強したり、他の分野の公演を見に行ったり。

しかし、めちゃめちゃ忙しい時にはいくらでも何もせずにボーっとテレビだけ見てられるのに、忙しくなくなった瞬間「何かしなきゃ」と思ってしまうのは何なんだろう。
やらなきゃいけない、と思いながら何もしない、というのが快感なのかな。
なんというひねくれもの(笑)。

ダイエットしなきゃいけない、と思いながら肉を食べるとかban
節約しないといけない、と思いながら高い肉を食べるとかban

僕は基本的には完璧主義で、
でも同時にぐーたら人間なんです。
この二つが、自分的にはうまくバランス取れてると思う。
ひたすら完璧にやると持たなくなるし、だからと言ってひたすらぐーたらにすると当然だけど何も成し遂げられない。
あ、あと、体力がない、ってのも逆にいいのかもしれない。
無理したらあっという間に倒れてしまうので、自然と気をつけますからねぇ。

みたいなこと、いつかファンHPに書いたっけかな?
そろそろ、誰に何の話をしたか思い出せません。
何度でも同じ話してるかもしれません。
もしかしてこの話前にもしたかな?、とチラッと思うときには、
最初に「もう話したかもしれないけど」というのをつけるといいですnotes
そしたら、聞くほうは「あ、聞きましたよ」と言いやすいですね。

ちなみに友人S氏は同じ話をよくするのですが、
「それもう聞いたで(注:岡山弁)」
と言っても
「あ、そうか」
と言ってそのまま構わず最後までもう一度話してしまいます。
これくらいの図太さも欲しいものですaries

明日は東京に帰ります。
またもや台風が来ているようです(笑)

| | コメント (2)

雲??

夜11時。

すでに交通量の少ない山陽自動車道を広島から法定速度付近で飛ばし中、

「カサカサ」という音にふと横を見ると、

そこには、









蜘蛛っっっっ( ̄□ ̄;)!!

080518a










ゲゲッbearing
さすがにびびりました。

なんとか僕のほうに寄ってこないように念を飛ばしながら、近くのPAに到着bomb
とりあえず写真を撮り、追い出そうとしているうちに、
車の中で行方不明になってしまいました。

今もどこかにいるかも~~shadow











| | コメント (3)

毎日

毎日ブログ、と約束してしまった以上は、力尽きるまでは毎日書かねばimpact
すでに12時は回ってしまってますが。

しかし、今日は結構エネルギーがない^_^;

広島ミュージックフェスティバルなどで最近どんどん広島との結びつきが強まっているので、今日明日は広島でレッスンですnote
朝から晩までなのでなかなか大変ですが、だんだん広島に仲間が増えていくような感じがして楽しいですねhappy01

では、おやすみなさい。
明日も早朝8時起きです!!
きっとまだ日は昇っていませんsun

| | コメント (1)

月の光

土日だけの予定でまたまた倉敷に帰ってきました。

車から降りてふと見ると、うちの裏山が明るい。
空を見上げると、ぽっかりと浮かぶ少しだけ欠けた月moon1
そうかぁ、月夜ってこんなに明るいもんだったんだなぁ。
東京ではなかなか気づけないことだろうなぁ。

ところで、またやりますcherry
モノローグ第2弾☆
初めて見る方のために、第1回に寄せた文章。

 通常のコンサートでは、様々な要素を考えなければならない。
 主催者の意向、聴衆の好み、その地域の客層、コンサートのコンセプト・・・。
 そんな一切の縛りから開放され、このコンサートではピアニスト松本和将が
 その時本当に取り組みたい作品を、本当に聞きたい人々を分かち合う。
 まるで自宅での演奏会のような距離で、
 演奏者はつぶやくようにその内面を「独白」する。

まあ要は、好きな時に好きなようにやるコンサートということです^_^;

詳しいことは
公式HPhttp://www.kaz-matsumoto.com
ファンHPhttp://webs.to/matsumoto-fanを見てくださいねsoon

ちなみに、今日はすごく楽しいことがありましたsign03
まだ言えないですがsecret
うまく繋がるといいなぁnote

| | コメント (1)

これは☆ミ

これはやばいっっ!!!
こんなに調子が良くていいのだろうかsunsun(←雨でした)

ドビュッシーのベルガマスク組曲は全くの初めて。
ショパンの2つのワルツも、なんとなく遊びで弾いてみたことはあっただろうけどほぼ初めて。
そういう意味では結構不安もあったのですが。

でも、前半のショパンからえらい思うとおりの音色が出て。
会場の雰囲気も暖かくて、しゃべりもすべらず(?)、勢いに乗って後半懸案のドビュッシーもきれいに弾けて。
この濃いプログラムの中にあって、ベルガマスクはさわやかな清涼剤のような雰囲気で、プログラミング的にも当たりだったかもしれません。
熱情も大分に引き続いていい感じで。
なんだか最近、冷静にコントロールしながら少しずつ興奮を構築していくことが出来るようになったような気がします。
そうすると聴いている人にとって、盛り上がりが短い一時的なものではなくて、ずーっと粘り強く続くようになるんですよね。
第3楽章が終わりに向かうにつれて、どんどんお客さんの集中力も高まっていくのを感じ、最後の和音を弾き終えた瞬間「ブラボー」とも叫び声ともつかないような声がたくさん聞こえてきて、最高の気持ちでしたね~note

全くの手作りのコンサートなので、作る人達の思い入れも強くて、それがこんな演奏を生んでくれたのかもしれません!!

080513a

| | コメント (1)

一路宇都宮へ

雨だ〜〜〜(*_*)
まあでもこんなもんなんでしょう。
小さい頃は晴れているとコンクールでうまく行くとかいうジンクスがあったけど、最近は雨でもいいコンサートが出来ることも多いからいいとしよう。
逆に言うと晴れだからってうまくいくとも限らないし(-_-)

コンサートの日はだいたい朝寝坊♪
なるべくたっぷり睡眠取って、体調を万全にして本番に臨めるように。
なので、今日も10時半起床でした(^O^)/

ん?いつもとそんなに変わんない?
いや、確かにそうなんですが…(-.-;)
でも、早く起きてあれこれしないと、と思いながら結局起きられなかった朝寝坊と、今日はたっぷり寝るぞ〜〜、と最初から思って寝た朝寝坊は、なんだか眠りの質も違うような気がする☆

今日はどんなコンサートになるかなぁp(^^)q

| | コメント (1)

それにしても

昨日のアルゲリッチはすごかった。
67歳にしてあの切れは本当にどうかしてるpisces
67歳じゃないとしても、あのキレは普通にありえない。
どんなに速いパッセージ弾いてても一切力が入ってなくて楽々に聞こえるし、それでいて全ての音に表情がついている。
難しいところ弾いたら一流ピアニストでも弾くことに専念してしまうのに、その上を行っているわけだ。
少しは衰えてるのかなぁとか思ってたら、見事に裏切られてしまったO(^○^)O

ところで、土曜日の自分のコンサートの後にはアルゲリッチと少し話をしましたよっΣ( ̄ロ ̄lll)
同じ時間に大ホールでリハをやっていたのでコンサートには来てくれていなかったのですが、伊藤京子さんが紹介して下さって。
すっごい緊張したんですが、スッと笑顔を見せてくれて・・・
気さくで話しやすい人でしたnote

さてさて、今日もまた雨~~~。

大分も雨。
東京帰ったらまた雨。
明日は栃木が雨になりそうです(笑)

| | コメント (1)

ひさびさ~~~

めっちゃ久しぶりに東京に帰ってきました。
芦田先生とのコンサートの準備のためにすでに4月20日には倉敷に帰っていて、スウェーデンは関空から飛んだのでそのまま関空から倉敷に帰って大分入りしたので、なんと3週間ぶり!!
パソコンのデータとかをノートからデスクトップに移すのが大変impact

しかし、かなりの家派の僕は、そうやってデータがあるべき場所にまとまったり、服をタンスに戻したり、いろんなものをスーツケースから出していって元ある場所に片付けるのが結構好きです。
仮の生活からようやく自分の落ち着いた生活に戻れるような気がして。

ちなみに、決して部屋がものすごく整頓されているわけではないですが^_^;
整頓は嫌いですが、整理は好きですnote

ところで、大分合同新聞と朝日新聞大分版に載りました♪♪

080511a









080512b_2

| | コメント (1)

温泉

大分県は日本で一番温泉湧出量が多い県らしい!!
そんなせっかく大分県なんですが、僕は練習中taurus

080511





あさってにはもう栃木でリサイタルですからねぇ。
今日はすごくいい天気sun
昨日のあの雨は一体なんだったんだろrain
雨がそのままあさっては栃木に行ったりしなければいいけどcat

今夜はアルゲリッチのコンチェルトnote
チョン・ミュンフンとの連弾もあって昨日少しだけリハを聞けたんだけど、すごいきれいだった。

楽しみだ~~sign03

| | コメント (0)

アルゲリッチ

終わりました☆☆
やっぱり一日中雨でしたね^_^;

それにしても演奏会うまく行ってよかったhappy01
決して最高のコンディションではなかったのですが。
たまにホテルに来るとなるのですが、昨日はなかなか寝付けず、
夜の2時前にコンビニにお酒を買いに行って晩酌。
080510a





晩御飯を、ちょっとヘルシーにいこうかと珍しく高菜ご飯とかにしてしまったのが裏目に出てお腹が減っていて、それで寝れないのもあるのかなぁと思ったので、ヤキソバUFOにしようかドデカやきそば(?)にしようか軽くカップヌードルにしようかと迷った挙句、結局ヘルシーにどん兵衛そばとかを買って、桃のカクテルと日本酒買って帰還。
しばらく夜景を見ながら飲んだら寝れました☆☆
意外とどん兵衛が多くてお腹いっぱい(笑)。

そして今日は今日で、リハーサルの時になんだかなかなかピアノが思うような音にならなくて。
ホールの響き自体はすごく良かったのですが、なんだかコントロールの難しいピアノに苦しんでぴりぴりしてました。

でも、本番はうまく行きました!!
特に熱情☆☆
久しぶりに練習のときに自分の演奏を録音してみたら惰性で弾いてるところがたくさん見つかって、そういうところを全部ちゃんと論理的に進むように直したら一気に流れとか緊張感とかが生まれてきました。
ベートーヴェンは感覚だけじゃ弾けないんですねぇsweat02

熱情の後はブラヴォーとかも出て、大分のお客さんにも受け入れてもらえたようで良かった良かったヾ(*´∇`*)ノ

家族と、わざわざ大分まで来てくださっていた芦田先生と打ち上げのようなものをして、さらにホテルの上のバーでもう一杯飲んで。
もう今日はエネルギー残ってません( ̄TT ̄)

おやすみなさい。

| | コメント (1)

続・音楽と料理

さて、約束通りスウェーデンの続きですnote

明日本番じゃんっっ!!!
今日は手短に行きましょう☆

後半のプログラムは連弾でのベートーヴェン「運命」。
これはアンディが日本に来た時にも演奏した曲です。
何が「魔女、火、光」と関係あるか、って??
いや、燃え立つような情熱もあるし、苦悩を経て歓喜へ辿り着く4楽章では大きな光を見つけ出したようではありませんか??
ん?
こじつけ??
いいんです、どうせ理論なんてものは基本的にこじつけなんですからeye

二人で弾けるレパートリーは今のところこれしかないしねぇ。
名曲だし。
これを弾かない手はない、ということで☆

さて、今度はユルゲンコックは運命の各楽章と料理を対比させました。
そういえば料理長兼オーナーの名前を紹介するのを忘れてました。
ユルゲン・グロースマン。
普通にその辺にいると単なるおっさんにしか見えないんですが、ひとたびキッチンに入ると大変身!!!!
・・・・するのかもしれない。
キッチンの中に僕があまり入ってないもので、知らないですがcat
いずれにしても、作る料理は絶品☆☆
そのアイデアは絶品☆☆

有名な第1楽章と対比させたのは「良き物を待つ男・・・」


0804303a




ラムの肩肉、春のたまねぎ(?)とオーブンで焼いたトマト添え

ベートーヴェンがこの交響曲を作るのに何年も構想を練ったということにかけて、48時間オーブンで焼いた(煮た?)ラム肉です。
まるでバターを切るように柔らかい。
肝心な調理法の単語が辞書に載っていなくて分からないbearing
まあおいしかったということで♪

さて、第2楽章は「相違の間で」
0804303a_2




ん~~、難しいタイトルだ。
要は、第2楽章はヴァリエーションで出来ているということから、チーズのヴァリエーションらしいです。
チーズもひとつひとつ説明されましたがさっぱり分かりません。
かなり癖の強いチーズで、日本人にはちょっと厳しいかなぁ(^_^;)
でも、すごく風味もあって、慣れてきたらおいしいチーズなんだと思う。
慣れてみたいものだ♪♪

そして第3楽章、「霧の中での発見」
0804303a_3




まあ料理の順番上、もうここでデザートになってしまうので、雰囲気はずいぶん違いますが。
でも、これは結構話してて面白かった。
第3楽章は、次の4楽章への前奏曲のような役割も担っていて、特に最後の2,3分にも及ぶような沈み込んだ部分はまるでトンネルの中か霧の中を進んでいるよう。
そんな霧を白いレモンソースを泡状にすることであらわしました。
その中にはラズベリーの入ったチョコレートガナーシュ。

これもまた絶品でしたnote
僕はチョコはそんなに得意なほうではないんですが、チョコの甘さとレモンの酸っぱさが絶妙な調和を作っていて。

最後はもう一皿デザート「グランドフィナーレ」です。

0804303a_4


イチゴのデザートとしかメニューには書いてないですねぇ。
ちょっと食べかけですm(__)m
もっときれ~~な形でした♪

これは第4楽章の壮大なフィナーレとかけて、云々かんぬん。。。。。

はい、忘れてしまいましたsweat01
もしくはドイツ語が理解出来なかったか。
こっちの可能性のほうが高いな・・・

この後でアンコールに連弾で花のワルツを弾き、それからこのレストランの売りでもあるカルバドス(りんごの蒸留酒)を飲み、お客さんが帰った後も打ち上げ(宴会?)は2時ごろまで続いたのでしたdash

ふぅ、書いたぞ~~~shine

それにしても明日は雨らしい。
さすがは雨男。
誰か晴れパワーを持ってきてsun

| | コメント (5)

音楽と料理

そろそろスウェーデンのコンサートのことを書かねばcoldsweats01

どっちでもいいけど、この絵文字は僕が使うにはちょっとかわい過ぎですねぇ(^_^;)

さて、ファンクラブHPの日記にも書いたように、今回のコンセプトは「音楽と料理」
まあ要はレストランでコンサートをしたわけです♪
でも、そういうと演奏の合間か後かにちょっと料理が出たのか~、とか、もしかすると料理を食べに来た人の後ろで演奏したのか~、とか思うかもしれません。
でもここは我らがアイデアマン、アンディの計画すること。
そんなありきたりな安っぽいコンサートなんてしません。

まずはレストランの紹介から。
ストックホルムにあるフランス料理のレストランで経営しているのはドイツ人という、よく分からない国籍のレストランなのですが、ミシュランで星ももらっている(らしい)ほどの高級店。
HPもあるので雰囲気くらいは分かるかもしれません。

http://www.en.gqrestaurang.se
ちなみに、6皿のコースで795スウェーデンクローナなので、今の価値で13000円ちょっとくらい?
た、高いっっsweat01

そんな一流レストランでのコンサート、ただ単に演奏と料理があるだけではもったいない。
というか、最初っからそんなつもりはない。
今回のコンサートは、「音楽と料理という二つの芸術分野がいかにお互いに影響を及ぼして一つのイベントを作ることが出来るか」というものだったんです。

コンサートの行われた4月30日はスウェーデンではヴァルボークという祭日。
ドイツ語ではワルプルギスといいます。
ゲーテのファウストやベルリオーズの幻想交響曲にも出てきますが、この日に魔女が集まって饗宴をするらしです。
スウェーデンではそんな魔女を追い払うための儀式をするそうです。

なので、コンサートのテーマは「魔女、そして火、光」。
そして「春」
前半に演奏した曲は
ドビュッシー:月の光
グリーグ:トロルドハウゲンの婚礼の日
ムソルグスキー:「展覧会の絵」より
     バーバ・ヤガー
     キエフの大門
あ、ファンHPに載せていたプログラムとは一部変わってます。
いろいろ打ち合わせをしているうちに幻想ポロネーズはそぐわないかなぁと思ったので、グリーグにしました。

コンサート前半が終わった後は前半の食事タイム。
そのテーマにそってこの日のために特別に考えられた料理は


まず「春の感覚」と題された一皿。

0804303a




辞書にも載ってないような食材がたくさん出てくるので訳しきれないですが、真ん中にあるのは少しあぶったマグロ、イラクサのピュレー添え。
イラクサとか、日本語で言われてもピンとこない・・・
右の卵みたいなのは、辞書にもドイツのウィキペディアにも出てこないですが、たぶん明太子だと思います。


そして二皿目は「幸せな結婚」

0804303a_2






言うまでもなく、グリーグの「婚礼の日」に触発されて作られた料理です。
結婚では男性と女性というまったく違う二人がひとつになる。
料理でも、普段は組み合わされることのない二つの食材を組み合わせたらどうなるだろうか。
ということで、ここで組み合わされたのはなんと、鶏肉とロブスター!!
その間にロブスターのラビオリが挟まっています。


前半の最後は「燃える情熱」

ハラペーニョ(スペインの唐辛子)で味付けした白アスパラガスのコンフィと
カラメルソース(?)のフォアグラ。

これがも~~、めちゃめちゃ美味。
口の中でとろけるよう。
エールフランスの機内でたまに出てくるようなあの何の物体なんだかよく分からないようなフォアグラとはわけが違うんです。(それも実際十分おいしいんだけど・・・)。
ああ、フォアグラも肉の一種だったんだなぁ、と思わせるような脂っこさ。
でも、それが決してしつこくない。
うぅむ、言葉でうまく表現できないのがもどかしい・・・

そして・・・・・

あまりにもおいしかったので写真を撮り忘れましたsweat02

さて、この後コンサートも料理も後半に入ります!!!

際限なく長くなりそうなので、続きはまた明日♪♪

あさっては本番だというのにこんなに長いブログを書いてる場合なんだろうかshine

| | コメント (0)

うまいっ!!!

うおぉぉぉ、うまいっっ!!!
コルトーうまいっっ!!
栃木で弾くショパンのワルツ9番。
俗に言う「別れのワルツ」。
曲が始まった瞬間身もだえしてしまうようなこの音色。
一体どうやったら出るんだろう。

今までコルトーというピアニストはあんまり好きではなかった。
すごい音楽性だけど、どこか沈みこみ切れないというか、あれだけ自由に弾いてるように聞こえるのにどこか理性や知性でコントロールしてるような気がして、素直に音楽に入り込めなかった。
でもそれは、僕が今までショパンの暗い、激しい曲ばかり弾いて、聴いていたからかも。
バラードとかソナタとか。
そういうドロドロしたような暗さとか、ピンと張り詰めたような緊張感を求めるなら、ホロヴィッツやフランソワが好き。
でも、華やかな優雅な曲になるとコルトーの美点がすごく見えてくる。

最初に驚いたのは「華麗なる大円舞曲」を聴いたとき。
この曲がこんなにもエレガントできらびやかなものだとは知らなかった。
音と音の間から香ってくるような紳士の優雅さ。
華やかだけれどけっしてギラギラとせず、まったくいやみのない上流階級の社交界の雰囲気が伝わってくるよう。
まったく曲の雰囲気は違うけれど「別れのワルツ」でもやはり同じような優美さでもって聴くものをはるか昔の貴族の世界へ連れて行ってくれる。

こういうピアニストは今はもういないんだろうなぁ。

P.S.hiroeさん、カテゴリー追加しましたよ(笑)

| | コメント (2)

スーパーアグリ

なんとっっっ!!!!
スーパーアグリ、F1を撤退!!!
資金難だということはずっと聞いてましたが、それでもなんとかなるんだろうなんて楽観的に思ってました。
ちょうど一昨日の夜も、スーパーアグリはどうなるのかなぁなんて話を友達としたばかりでした。
そしたら本当に撤退になるなんてcoldsweats02
淋しいことです。

琢磨の今後はどうなるんでしょうか?
BARホンダで活躍してたころは、ドイツのテレビでも特集組まれたりして注目されてたのになぁ。
あのアグレッシブな走りには向こうの人にも結構ファン多かったのになぁ。

クレバーな走りをするドライバーが多いここのところのF1。
日本人だということを差し引いても彼のような限界まで攻める走りをするドライバーはぜひとも残って欲しいと思うのですが、なかなかそう簡単にも行かないのだろうな。

音楽界ですら、いい音楽が出来ればそれでOKというほど簡単ではない。
いかにお客さんを集められるか、ステージを総合的に面白いものに出来るか、いかにいろんな大事な人とのコンタクトを持てるか。
例えば主催者が音楽性には惚れ込んでくれたとしても、この音楽家ではどうやっても2000人のホールでは大赤字になってしまう、と思えばやっぱりコンサートは実現しない。
音楽界ですらそうなのだから、その何千倍(何万倍??)ものお金の動くF1の世界ではもっとそうなんだろうなぁ。
別に汚い話ということではなくてね。


さてさて、一通りしんみりしたところで(読み飛ばしてないよね(笑)?)、もうひとつの重大発表です!!

去年の終わりくらいからちょっとなし崩し的(?)にそうなっていたのですが、実はマネージメント会社に入りました!!
それも、みなさんよくご存知のあの方が立ち上げたマネージメント会社!!
それはっっっっ!!!!!!!!!!!!!








 --------次週に続く--------


・・・・なんてベタなことはしません。(もうしてるpunch

実は、僕のデビューの時からずっと面倒見てくれていて、他にも僕と同世代の黄金メンバーを育ててくれたビクターのプロデューサー、野島さんが定年退職を機に新しい事務所を立ち上げたんです!
それで、小さくてもいいから本当にいい音楽をしたいということで選ばれたのが、僕、大萩君、そして鍵冨君ということなのです!!

事務所といっても、実態は野島さんが一人で動いているだけの小さな事務所なのですが、信頼できる、そして僕の音楽を深く認めてくれて応援してくれている人と共にやっていけるというのは嬉しいことです!
今までも、結局自分で仕事のマネージメントをやっていたり、個人的に野島さんが窓口になってくれてやっていたりしたので、根本的に変わることはないわけですが、なんだか大きな柱が出来たような気持ちです。
その期待を裏切らないような音楽をしなければup

 さぁ、いつになったらスウェーデンの話が出てくるのだろう、と皆さんお待ちだと思いますが、小出しにしていきますよspa
明日のお楽しみshine

P.S.皆さんたくさんのコメントありがとうございますhappy01

P.S.2 007さん、僕が結婚式で弾いたのは英雄ポロネーズと自作曲です!
英雄ポロネーズは友人やいとこの結婚式でも弾きましたよ。
曲のコンセプトはそぐわないかもしれないですが、華やかなので盛り上がります
bell

| | コメント (2)

初ブログ!!!

というわけで、引っ越してきました☆☆

今後はこっちでブログを書いていきますね♪♪

あ、こっちから初めて見てくれている人には、初めまして!!

まあほとんどいないだろうけど( ̄_ ̄|||)。

さて、当面の目標!!


毎日更新!!!

なんて言っちゃっていいのか・・・・

いや、言ってしまおう!!!

もっぺん。


毎日更新!!!!!


って書いたら、さすがの僕でも2,3日に1回くらいは書くだろう(^_^;)

 

ん?早速妥協してるじゃん??

むむcancer

ちなみにタイトルはどっかからパクってるような気もしますが、気にしないで下さいsnow

小林秀雄をもじったのはもちろんのことですが、それをさらにもじったものをどっかからパクったような・・・・

あ、特にモーツァルトが一番好きなわけでもありません。

さてさて、意味不明になってきたところで、また明日paper

| | コメント (12)

トップページ | 2008年6月 »