―――― プロローグ ――――

松本和将オフィシャルブログにようこそsign03
公式HP:Kazumasa Matsumoto official website
ツイッター

コメントはスパム防止のために承認制になってるので、表示されるまでに少し時間がかかりますspa

★☆(重要)★☆

松本和将本人からコンサート情報などのメールが直接届く「まつきメール」を開設しました。

ブログの左側の登録フォームよりアドレスをご登録下さい。(パソコンのみ)

差し支えなければお住まいの(情報の欲しい)都道府県も書いて頂ければ、その地域に関するコンサートの情報を重点的に送ることが出来ると思います。

もしくはconcert@kaz-matsumoto.comあてに、お名前・地域を書いてメールを下さっても登録出来ます。(携帯からでも)

ご登録から1週間経っても確認メールが届かない場合は、もう一度登録フォームにその旨を書いて登録して下さい。

~~~今後のコンサート予定~~~
☆詳細はHPを見て下さい☆
□3月11日(土)19:00開演 場所:カワイ名古屋「ブーレ」 
東日本大震災被災地植樹記念 チャリティーコンサート2016
上里はな子&松本和将デュオリサイタル
曲目:フランク:ヴァイオリンソナタ、ショパン:革命のエチュード、木枯らしのエチュード 他
□3月18日(土)14:00開演 場所:倉敷市芸文館
倉敷音楽祭 倉敷のヴィルトゥオーゾVol.2  
出演:松本和将、守屋剛志、黒川侑、中村洋乃理、ドミトリー・フェイギン、河本直樹
曲目:シューベルト:ピアノ五重奏曲「ます」、ラフマニノフ:チェロソナタ 他
□3月28日(火)18:30開演 場所:呉市文化センター
第5回カンマームジークアカデミー in 呉
アカデミーアーティストによるスペシャルコンサート
出演:松本和将、下田望、上里はな子、島田真千子、坂口弦太郎、向井航、辻本玲
曲目:ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲、モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク 他
□3月28日(火)〜4月1日(土) 場所:呉市文化センター
第5回カンマームジークアカデミー in 呉
□4月1日(土)13:30開演 場所:呉市文化センター
第5回カンマームジークアカデミー in 呉
修了演奏会
□4月7日(金)10:30開演 場所:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」
ベートーヴェンピアノソナタ全曲講座最終回−1
曲目:ピアノソナタ第30番、31番   
□4月8日(土)14:00開演 場所:兵庫県立芸術文化センター
三浦一馬キンテート(バンドネオン五重奏)
□4月9日(日)14:00開演 場所:東広島芸術文化ホールくらら
松本和将ピアノリサイタル 〜世界音楽遺産 ドイツ・オーストリア編〜
曲目:ベートーヴェン:月光、ピアノソナタ第3番、第12番、モーツァルト「トルコ行進曲付き」、ピアノソナタK.310
□4月15日(土)14:00開演 場所:戸塚区民文化センターさくらプラザ(神奈川・戸塚)
前橋汀子プロデュースVol.3「ヴァイオリン珠玉の名曲集3」
曲目:ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第9番「クロイツェル」、プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第2番
□4月16日(日)16:00開演 場所:エプタザール(東京・狛江)
室内楽コンサート
出演:松本和将、上里はな子、Kenta、鈴木康浩、小川和久
曲目:ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第2番、ドホナーニ:弦楽三重奏曲「セレナード」、シューマン:ピアノ五重奏曲
□4月20日(木)午前2時29分〜3時29分(水曜深夜)
日本テレビ・読響シンフォニックライブ放送
田中祐子指揮 読売日本交響楽団
ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ(1947年版) オケ中ピアノで参加
□4月21日(金)13;30開演 場所:浜離宮朝日ホール(東京・築地市場)
前橋汀子ヴァイオリンリサイタル〜ソナタのアフタヌーン
曲目:ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第9番「クロイツェル」、プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ第2番
□4月23日(土)15:00開演 場所:サーラ・マサカ(神奈川・東戸塚)
上里はな子&松本和将デュオ
ブラームス&シューマンヴァイオリンソナタ全曲コンサートVol.2
曲目:ブラームス:ヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」、シューマン:ヴァイオリンソナタ第2番
□4月30日(日)13:00開演 場所:キッセイ文化ホール(長野・松本)
松本ピアノフェスティバル 〜ピアノ専門講座
曲目:ブルクミュラーについて
□5月5日(金)14:30開演 場所:上野学園大学オーケストラ・スタジオ
ピティナ・コンチェルトセミナー
□5月6日(土)〜7日(日)
倉敷音楽アカデミー(ジュニア部門)
場所:倉敷市芸文館(岡山・倉敷) 
高校生以下のための公開レッスン
□5月10日(水)10:30開演 場所:カワイ表参道コンサートサロン「パウゼ」
ベートーヴェンピアノソナタ全曲講座最終回−2
曲目:ピアノソナタ第32番   
□5月13日(土)14:00開演 場所:プリモ芸術工房(東京・洗足)
大島純・松本和将〜チェロソナタで巡るロシア
曲目:ラフマニノフ、ショスタコーヴィチ、プロコフィエフ:チェロソナタ
□5月19日(金)15:00/19:30開演 場所:ハクジュホール(東京・代々木公園)
ワンダフルoneアワー 藤木大地カウンターテナーリサイタル
曲目:シューマン:詩人の恋 他
□5月28日(日)14:00開演 場所:青葉区民センターフィリアホール(神奈川・青葉台)
極上の「語り」と「音楽」で味わう午後 第5回 シューベルト〜恋の旅
出演:松平定知(朗読)、藤木大地(カウンターテナー)、松本和将(ピアノ)
曲目:シューベルト:さすらい人幻想曲、美しき水車小屋の娘
□11月26日(日)14:00開演(予定) 場所:東京文化会館小ホール (東京・上野)
松本和将世界音楽遺産Vol.2〜ロシア編
曲目:ムソルグスキー:展覧会の絵 他




|

質問コーナーその4〜腰痛について



しばらく空いてしまった。質問コーナーの続きです。「私は腰痛に良くなりますが腰痛になった事はありますか?」。質問の内容から察する、子供ではないな。
えー、腰痛と言う事ですが、かなりのレベルの経験者であります。腰痛どころか椎間板ヘルニアになって手術一歩手前というところまで行きました。あれはしんどかったなぁ。ドイツでは恐い顔のお医者さんに「今すぐ手術をしないといけない」と言われたし。その後日本でコンサートがあってそれからは地獄のような痛みで1ヵ月くらい寝たきりだったんですが、岡山の実家でトゥルー脊椎矯正と言う所と出会って徐々に良くなりました。腰が痛いと結局身体中に影響があって、何も出来なくなりますよね。
その後はかなり気をつけて、マッサージなどにも足繁く通ってるし、ストレッチしたり、あまりにもまずそうな時はちゃんと休養を取ったりを心がけています。でも、やらなきゃいけないことも多いし、やりたいことも多いし、いつも心の中のせめぎ合いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャリティコンサート in カワイ名古屋






| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のコンサート

せっかくなので4月の予定も少し。



カンマームジークアカデミー in 呉の最終日4月1日には、受講生全員と講師が出演する修了演奏会があります。それぞれのグループに講師が入って一緒に演奏していますし、今年はスペシャルコンサートがあるのでごく短くですが最後には講師によるミニコンサートもあります。




4月8日には久しぶりに(なんと4年ぶり!!)三浦一馬君のキンテートに参加します。デュオでは味わえない、高校生の時にロックバンドをやっていた時の感覚にも似たようなエキサイトがあって楽しみです。






翌日4月9日には東広島の酒どころ西条に日本酒を飲みに……、ではなくて新しく出来た東広島芸術文化ホールくららでリサイタルです。去年5月18日に東京の浜離宮朝日ホールで行った「松本和将の世界音楽遺産」第1回を広島でも出来るのが嬉しいです。ハイドンから始まりモーツァルトのソナタとベートーヴェンのソナタ、最後は月光で終わる自信ありのプログラムです。





4月16日には狛江のエプタザールで室内楽。主催者さんがアンサンブルJOYという名前を付けて下さいました。



4月23日には昨年11月に第1回のシューマン&ブラームスヴァイオリンソナタ全曲演奏会行った東戸塚のサーラ・マサカで、第2回のコンサートです。今回はブラームスの第1番「雨の歌」とシューマンの2番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月のコンサート予定

そういえば毎月始めにはコンサート情報をアップすると言っていたがするのに早速忘れてて先月はやってない気がする(・_・;。1月もやったっけ。。

というわけで3月の予定!





もうすでに明日ですが、カワイ名古屋で東日本大震災のチャリティコンサート。上里はな子&松本和将デュオで名古屋では初のコンサートです。CDにもなっているフランクのヴァイオリンソナタのほか、追悼の意味も込めてバッハの主よ、人の望みの喜びよや無伴奏ヴァイオリンソナタなども弾きます。






3月18日には倉敷音楽祭で、倉敷のヴィルトゥオーゾのvol.2。今回は、長らく作陽大学で教授もされていたチェロのディミトリー・フェイギンさんにも来てもらって、前半はラフマニノフだけの重厚なプログラム、後半は打って変わってウィーンの香りのシューベルト「ます」を演奏します。



3月21日には岡山大学内にあるJunko Fukutake Hallで、ホール開設3周年記念のコンサート。初めて行くホールなので楽しみです。




3月28日からは毎年恒例、呉での室内楽マスタークラス「カンマームジークアカデミー in 呉」が開講します。今まで修了演奏会で講師によるミニコンサートを作っていたんですが、今回は初めて独立したコンサートを開催します。マスタークラスのために呉に集結した日本トップクラスのアーティストによる、この日にしか実現しない室内楽コンサートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質問コーナーその3〜20歳に戻れるなら

もいっちょ。




「もう一度20歳に戻れるなら何をしたいですか」
面白い質問だ^^;。この辺からどんどん面白い質問が出てきますよ。
さて、20歳に戻れるなら、、、、、、、練習したい(笑)(笑)。いや、切実に。小さい頃から大の練習嫌いだった僕は、みんながやるようなコツコツと毎日やるような基礎練習のようなことはほとんどすっ飛ばしてきたわけですよ。それでも、根気強くそういう作業に付き合ってくれる先生方のおかげでなんとかギリギリ最低限のテクニックはついていたものの、後は気合いと情熱でなんとかしてたら。だから、体は動くけど指はまわらない(笑)。そのことで後からどれだけ苦労をしたことか。いや、今でもどれだけ苦労をしていることか。30も半ばになってから一念発起してショパンエチュードをやってみたりとか、今でも(小さい頃真面目にやらなかった)アルペジオの練習してみたりとか、まだ頭も体も柔らかい小さい頃にやっておけばこんなに大変じゃなかったのにな、と思うことが山ほどあります。
でも、その代わりに練習せずに山を駆け回っていた時間とか、練習せずにバンドに明け暮れてた時間とか、練習せずに小説読んだりマンガ読んだりゲームしてた時間とか、練習せずに朝まで飲んだくれてた時間とか、練習せずにホロヴィッツばっかり聴いてた時間とか、そういうものは全て自分の音楽の血となり肉となってるんだと思う。その時間を練習に充てていたらもしかしたら今の音楽とは全然違う音楽をしているかもしれない。今よりいいかもしれないし、そうではないかもしれない。全ての過去があって今の自分がある。だから、今出来ないことは別に過去のせいにすることもなくて、今出来るようになればいいだけで、過去に戻りたいとはそんなに思わないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質問コーナーその2〜1日どのくらい練習するのか、はやい曲が弾けるようになるには

昨日の続き。



この子はたくさん質問が書いてありますね。聞きたいこといっぱいだったんだろうなぁ。
「わたしは4年生です。4年生にオススメの曲はありますか?」
んー、オススメの曲ねぇ。そのくらいの年代の子をたくさんレッスンしてるわけではないから、正直いろんな曲がぱっと思い浮かぶわけではないんだけど、個人的な話をすると4年生の時に弾いた曲の中で1番印象に残っているのはシューベルトのスケルツオかな。後はピティナの全国大会に行ったから、その時に弾いてたバスティンやギロックの曲もよく覚えてます。カバレフスキーのマーチなんかも好きでよく弾いてたなぁ。
「だいたい一日どれくらいピアノをやってますか?」
これもなかなか難しい質問だ。できれば時間のある限り弾いていたい、という感じかな。ピアニストはコンサートの日以外は練習ばっかりしていると思われがちだけれど、いろんな人と連絡を取ったり打ち合わせに出かけたり、プログラムノートや他のいろんな書類を作ったりこうやってFacebookやブログに投稿する記事を作ったり、音楽の事でも練習する以外にもいろんな調べ物をしたりいろんな人のCDを聴いたり、レッスンもするし、後はもちろん家族と過ごす時間もあったり、そうやってると意外と心ゆくまで練習する時間というのはたっぷりあるわけではないんだ。全くピアノに触れない日もあるし、1日3,4時間も練習が出来ればもうホクホク。

「わたしははやい曲が苦手です。はやい曲をうまく弾くためにはどうすればいいですか?」
これは多分たくさんの人が悩んでるんだろうな。はやい曲が苦手な原因には多分2種類あって、1つはそもそも指が動かない、もしくは頭が速く回転しない。もう1つは速く弾く練習をしていない。
そもそも指が動かないのなら今の時点ではその曲は弾けないわけだから、基礎練習なりその曲をひたすら練習するなりしないといけないわけだけど、意外に多いのが速く弾く練習をしていない人。真面目な人に多いかな。
毎日毎日丁寧にゆっくり練習していて、そのうちテンポが上がるだろうと思っていたらなかなか上がらない。そういう時は、少しくらいぐちゃぐちゃになってもいいからとりあえず速く弾いてみる、というのも1つの手。例えば短距離走で言うと、ゆっくり練習というのはフォームを確認する練習のようなもの。とても大事な練習だけどそればっかり毎日してても速く走れるようにはならないよね。というわけで、勇気を持って1日に1回か2回は思い切って速いテンポで弾いてみよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

質問コーナーその1

そういえば長らく放置しちゃってた。



1月29日の埼玉は音の玉手箱リサイタルでの質問コーナー、抽選箱に質問の紙を入れてそこから引いて答えたんですが、本番で引かれなかった質問の中にも面白いものがたくさんあったので少しずつここで答えて行きます。

まずはこれ、



「いままでに一番難しいと思った曲はなんですか?」。
プロコフィエフの2番協奏曲、ショパンエチュード全曲、ラヴェル夜のガスパールなどいくつかありますが、やっぱりベートーヴェンのハンマークラヴィーアソナタかなぁ。

もひとつ。



「ひけなかった部分の練習はどういうふうにするんですか。」
うーん、とにかく練習する!!いや、「どういうふうにするんですか」という質問の答えになってないか。とにかくよく考えて練習する!!特に毎回決まったやり方があるわけではないけれど、最近はとにかくゆっくりさらってます。だんだん頭と指が覚えてきて、速く弾いてもスローモーションを見てるように、全部の音や指の動きが把握できるようになってくる。ただそれは、その部分を弾けるテクニックがもともとあっての話で、そもそもテクニック的に弾けないものが出てきた時は・・・ん〜〜〜、考える。弾けてる人を観察する。研究する。そして、自分に足りないのは何か考えて、それを克服する練習方法を考えて、あとはとにかくやるのみ。○○時間で必ずできるなんとか、なんてのは存在しません。よく考えて地道に練習するのみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月11日完売のお知らせ

3月11日のカワイ名古屋でのチャリティコンサート、チケットが完売になったそうです。皆さんありがとうございます!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペトルーシュカ〜読響シンフォニックライブ

読響シンフォニックライブでのストラヴィンスキー:ペトルーシュカ終了。いつものソロや室内楽、はたまたコンチェルトとも違う要素が多すぎて、しかもピアノパートはコンチェルトのように難しくて、「楽しかった〜」と一言では片付けられないけれど、とても充実した気分です。
読響には団員の中に知っている音楽家が多くて心強かったし、広島はぼへみあんでたまたま隣でお話しして以来の再会した指揮の田中祐子さんもとても楽しく導いて下さって、すぐ近くの打楽器や管楽器の方々とピタッと合った時は気持ち良かったし、完全ソロのところはリハの時は探り探りだったしえらい難しくてブルブルしてたけど、思いっきりやって下さいと言って下さったので本番では思い切って弾けてみました。やり過ぎたかもしれないけど^^;。放送が楽しみだ!

放送は4月20日(木)午前2時29分〜3時39分です。
ようするに水曜日の深夜ですね。





| | コメント (1) | トラックバック (0)

«読響シンフォニックライブ出演