―――― コンサート情報 ――――

松本和将オフィシャルブログにようこそsign03
公式HP:Kazumasa Matsumoto official website
ツイッター

Youtubeチャンネル:

コメントはスパム防止のために承認制になってるので、表示されるまでに少し時間がかかりますspa

★☆(重要)★☆

松本和将本人からコンサート情報などのメールが直接届く「まつきメール」を開設しました。

ブログの左側の登録フォームよりアドレスをご登録下さい。(パソコンのみ)

差し支えなければお住まいの(情報の欲しい)都道府県も書いて頂ければ、その地域に関するコンサートの情報を重点的に送ることが出来ると思います。

もしくはconcert@kaz-matsumoto.comあてに、お名前・地域を書いてメールを下さっても登録出来ます。(携帯からでも)

ご登録から1週間経っても確認メールが届かない場合は、もう一度登録フォームにその旨を書いて登録して下さい。

~~~今後のコンサート予定~~~
☆詳細はHPを見て下さい☆
●9月16日(日) 場所:のとふれあい文化センターラベンダーホール (石川・穴水)
上里はな子&松本和将デュオリサイタル
曲目:フランク:ヴァイオリンソナタ、ベートーヴェン:スプリングソナタ
●9月17日(月・祝)19:00開演 場所:のとふれあい文化センターラベンダーホール (石川・穴水)
アンサンブル講座
講師:Vn.上里はな子 Pf.松本和将
●9月21日(金)10:30〜12:30 場所:カワイ表参道 (東京・表参道)
ピアニスト松本和将のロシア名曲選 〜レクチャー&コンサート Vol.1(全5回)
レクチャー第1回
曲目:チャイコフスキー:ピアノ協奏曲、「四季」より
●9月24日(月・祝)15:00開演 場所:岡山シンフォニーホール (岡山)
岡山フィル ”I am a solist”ゲスト出演
曲目:チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
共演:村上寿昭指揮 岡山フィルハーモニック管弦楽団
●9月26日(水)18:30開演 場所:新谷ウイメンズクリニック「アンデルセンホール」 (愛媛・新居浜)
松本和将ピアノリサイタル
曲目:英雄ポロネーズ、「月光」ソナタ、ブラームス:ピアノソナタ第3番 他
●9月30日(日)15:00開演 場所:メディキット県民文化センター アイザックスターンホール (宮崎)
ココから音楽大作戦2018 〜ココでしかきけないおと〜
曲目:英雄ポロネーズ、「月光」ソナタ、ブラームス:ピアノソナタ第3番 他
●10月6日(土)14:00開演 場所:東京文化会館 (東京・上野)
園田高弘Memorial series in 2018 
出演:新納洋介、島田彩乃、大崎結真、青柳晋、川井綾子、高橋望、宮谷理香、平井千絵、三木香代、松本和将
曲目:ショパン:バラード第2番(松本演奏曲)
●10月8日(月・祝)15:00開演 場所:高崎シューベルトサロン (群馬・高崎)
松本和将ピアノリサイタル
曲目:シューマン:幻想曲、ブラームス:ピアノソナタ第3番 他
●10月12日(金)19:00開演 場所:豊橋アイプラザ (愛知・豊橋)
上里はな子・松本和将デュオリサイタル
曲目:ベートーヴェン:スプリングソナタ、ジョプリン:ラグタイム、ムソルグスキー:「展覧会の絵」から 他
●10月13日(土)、14日(日) 場所:倉敷市芸文館 (岡山・倉敷)
倉敷音楽アカデミー・ピアノ公開レッスン
●10月15日(月)20:00開演 場所:カフェ・モンタージュ (京都)
曲目:シューマン:幻想曲
●10月19日(金)14:00開演 場所:タカギクラヴィア松濤サロン (東京・渋谷)
松本和将の世界音楽遺産 プレレクチャー
曲目:シューマン:幻想曲、ブラームス:ピアノソナタ第3番、自作主題による変奏曲Op.21-1に関しての解説
●10月21日(日)13:30開演  場所:札幌コンサートホールkitara (北海道・札幌)
前橋汀子アフタヌーンコンサート
●10月25日(木)14:00開演  場所:大田区民ホールアプリコ (東京・鎌田)
三浦一馬バンドネオン・キンテート
出演:Bn.三浦一馬、Pf.松本和将、Vn.石田泰尚、Cb.黒木岩寿、Et.大坪純平
曲目:ピアソラ:ブエノスアイレスの冬、リベル・タンゴ、アディオス・ノニーノ 他
●10月27日(土)15:00開演 場所:マツヤマ楽器「スタジオM」 (愛媛・松山)
松本和将ピアノリサイタル
曲目:トルコ行進曲、トロイメライ、「月光」ソナタ、ブラームス:ピアノソナタ第3番 他
●11月1日(木)11:30開演  場所:東京芸術劇場 (東京・池袋)
前橋汀子秋のデイライト・コンサート with 弦楽アンサンブル
●11月4日(日) 場所:岡山ルネスホール (岡山)
ピアノリサイタル「松本和将の世界音楽遺産」 〜ドイツ・ロマン編〜
曲目:シューマン:幻想曲、ブラームス:ピアノソナタ第3番、自作主題による変奏曲Op.21- 1
●11月8日(木)10:30〜12:30 場所:カワイ表参道 (東京・表参道)
ピアニスト松本和将のロシア名曲選 〜レクチャー&コンサート Vol.1(全5回)
レクチャー第2回
曲目:ムソルグスキー:「展覧会の絵」
●11月11日(日) 場所:エプタザール (東京・狛江)
アンサンブルJOY 室内楽コンサート
出演:Vn.上里はな子、KENTA Va.坂口弦太郎 Vc.小川和久 Pf.松本和将
曲目:ブラームス:ピアノ五重奏曲、アレンスキー:ピアノ三重奏曲第1番 他
●11月13日(火)14:00開演  場所:調布市グリーンホール (東京・調布)
前橋汀子プロムナードコンサート
●11月14日(水) 場所:東京文化会館小ホール (東京・上野)
ピアノリサイタル「松本和将の世界音楽遺産」 〜ドイツ・ロマン編〜
曲目:シューマン:幻想曲、ブラームス:ピアノソナタ第3番、自作主題による変奏曲Op.21-I
●11月20日(火) 場所:富山市民プラザ (富山)
松本和将ピアノリサイタル
曲目:ショパン:エチュードOp.10、Op.25全曲 他
●11月23日(金・祝)14:00開演 場所:宇都宮氏文化会館小ホール (栃木・宇都宮)
松本和将ピアノリサイタル 〜10回記念リサイタル
曲目:英雄ポロネーズ、「熱情」ソナタ、子犬のワルツ、ラ・カンパネラ 他
●11月24日(土) 場所:プリモ芸術工房 (東京・洗足)
岩崎洸チェロリサイタル
曲目:ベートーヴェン:チェロソナタ第4番、ショパン:チェロソナタ、ベートーヴェン:テンペスト(ピアノソロ)
●12月6日(木)11:00開演 場所:カワイ表参道 (東京・表参道)
ピアニスト松本和将のロシア名曲選 〜レクチャー&コンサート Vol.1(全5回)
コンサート
曲目:ムソルグスキー:「展覧会の絵」、チャイコフスキー:「四季」より 他
●12月8日(土)14:00開演 場所:戸塚区民センターさくらプラザホール (神奈川・戸塚)
5年にわたるコンサートシリーズ最終回
前橋汀子プロデュースVol.10 クリスマスコンサート
●12月18日(火)19:00開演 場所:紀尾井ホール (東京・四谷)
藤木大地カウンターテナー リサイタル

|

ぶらぁぼ

今日はぶらぁぼの取材で、11月14日のリサイタル「松本和将の世界音楽遺産〜ドイツロマン編」を取り上げて頂きました。



インタビュアーは若い頃から何度もお世話になっている伊熊よし子さん。あらゆる演奏家のことをご存知なので、リサイタルのテーマは「クララを巡って」ということにも関わらず、モーツァルトのことからバッハから、なぜかバレンボイムの話からイングリット・ヘブラーからピーター・ゼルキンまで、どんどん脱線して行きました。あぁ、楽しかった!
もちろんシューマンとブラームスのこともちゃんとお話してます。あとはきっと伊熊さんがバッチリまとめてくれるでしょう!
インタビューは来月半ばに出る11月号に載る予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9月の予定

みなさん台風の被害は大丈夫でしたか?
さて、ちょっとサボってしまった。恒例の今月の予定です。





9月7日には、前回7月の豪雨の日に当たってしまって新幹線が止まっていくことのできなかった岡山でのショパンエチュード講座最終回です。
Op.25の7から12を取り上げます。
テクニック的にも音楽的にも名曲ぞろいですし、エチュード集の最後をショパンが一体どのようにまとめるのか、話をすることが山ほどあります。



少し空いて9月16日は能登での上里はな子&松本和将デュオコンサートです。
能登にはいつも1人で行っていたので、初めてのデュオ、とても楽しみです。
定番のフランクの他に、2人で全楽章弾くのは初めてのスプリングソナタも演奏します。



翌日9月17日はアンサンブル講座。
地元のピアニストの卵たちとはなこちゃんが一緒に演奏して僕が隣でアドバイスをすると言う、カンマームジークアカデミー in 呉の小型版ですね。
ピアノで将来やっていくにはアンサンブル能力が不可欠。
子供の頃にはそれなのにソロの勉強しかしていない人がほとんどと言うこの現状をなんとかしたいなと思っています。



9月21日には久々のカワイ表参道での講座。
「ロシア音楽」をテーマに5シリーズかけてロシアの作曲家を解説し、演奏会もします。
第1シリーズはチャイコフスキーとムソルグスキー。
チャイコフスキーのピアノ曲と言えば?
……やはりピアノ協奏曲!
ということで、今回はピアノ協奏曲の奏法や練習法などを紐解きます。

9月22日は毎年恒例の尾道での松本門下発表会。いつもは8月の終わりに行っていたのですが、スケジュールがうまく合わなかったので今回は9月になりました。
今年も上里はな子&松本和将デュオでゲスト演奏もしますよ。



9月24日は地元岡山で岡山フィルとの共演。
定番ですが以外と久しぶりにチャイコフスキーのピアノ協奏曲です。
前半はオーディションで受かった子供や若者たちのコンチェルト、こちらもどんな才能に出会えるか楽しみです。



9月26日は愛媛県の新居浜市でのサロンコンサートです。
初めて行きますが、写真で見る限りではとても素敵な場所のようです。
この秋のテーマであるブラームスのピアノソナタや、ここ最近よく演奏している月光など弾きます。



<!--image:10-->

9月30日はカウンターテナーの藤木大地くんが毎年宮崎でやっているシリーズに、8年ぶり位に出演します。デビューから一緒のギタリスト、大萩康司くんも出ますし、リハーサルで素晴らしい歌声を聞かせてくれたシンガーソングライターのJILLEさんというジャンルの垣根を越えた共演もあり、楽しいコンサートになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーツァルトシリーズ第4回、5回

上里はな子&松本和将デュオでのモーツァルトシリーズ、4回目と5回目が終わりました。
初日に弾いたヴァイオリンソナタK.380楽しすぎた!
ピアノソロは今回は何度も弾いたことがある曲が多くて安心感がありましたが、
個人的には意外とほとんど弾いたことのないK.475,457が一番のめりこめた気がする。
気持ちの流れというのは難しいものですねえ。

それにしてもピアノソロだと一人で自分の気持ちと闘わないといけないんだけど、
デュオだとそのあたりをお互い補えるからとても安心。
と、言えるくらいになってきたんだなぁ。
僕だけ感じてたりして(笑)。

こんな無謀でマニアックな企画をさせて頂いていることに感謝。
お客さんとの一体感も1回1回こなすたびに深まってるような気がします。
次回はかなり間が空いて来年4月20日の予定です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

今まで受けた印象的なレッスン 〜ロシアンピアノスクールを聴講して



カワイ表参道で毎年行われているロシアン・ピアノ・スクールを聴きにきてみた。ずっと興味はあったんだけどやっと来れました。午前中はアンドレイ・ピサレフ先生。予想はしていたけれど、やはりレガート奏法の嵐。ピサレフさんが弾くとどんなパッセージでもレガートに弾けちゃうんだねぇ。モニターも付いてたので、手の形や各部位の動きなどジーッと見てるととても勉強になりました。
午後はパヴェル・ネルセシアン先生。奏法に重きを置くピサレフ先生とは対照的に、受講生のキャラクターを掘り起こすためにいつもと違う弾き方をさせてみたり、曲のイメージの話をたくさんしたり、どんどん音楽が豊かになる時間でした。そして、何気なく隣で弾くのがうまいこと!!2011年の大震災後のチャリティコンサートで同じステージで弾いたんですが、その時の印象とは別人でした。面白かったのは、ドビュッシーの喜びの島の最後の和音のところ、ドビュッシーっぽくないわけでは全くないのにやっぱりロシアの鐘のような音色に聞こえたこと。プロコフィエフ とかはやっぱりさらっと弾いてもあの独特な感じが出るあたり、こりゃあ日本人にはまだまだ真似できませんな。
思い起こせば、自分もこうやってたくさんの公開レッスンやマスタークラスを受けたものだ。たった1回のレッスンでも、今でも自分の音楽に影響を与えている先生に何人も出会いました。アルゲリッチ音楽で受けたヴィタリー・マルグリスのレッスンでは、肩から落とす打鍵(今考えるとそれは腕の根元=肩甲骨からしっかり動かしているということ)で鳴らしたキエフの大門の爆音に驚きました。ニーズのアカデミーで受けたミシェル・ベロフのレッスンでは、「走るな、走るな!」と言いながら僕よりはるかに速いテンポで弾くベロフ先生に笑いそうになりましたが、しかしそのクリスタルのような響きの出し方は、特にフランス物を弾く時には今でも頭をよぎります。ジャン=マルク・ルイサダのレッスンで受けたショパンのピアノ協奏曲第1番では、とにかく隣で弾いてくれるだけでしたが、どんなパッセージにもコロコロとニュアンスが付くその表現力に感嘆しました。細かい表情付けまで言われるのは基本的に嫌いなんですが(笑)、全く違和感なく受け入れられたのは小さい頃から彼のCDを聞いていたからかもしれません。そして一番驚嘆したのは、御木本先生のところで受けたフェレンツ・ラドシュのレッスン。事あるごとにいろんな外国人の先生のレッスンを受けさせていただいたのですが、ラドシュは超越してた。なんせ、ショパンの葬送ソナタ、「レシッ」の弾き方だけでレッスン終わりましたから(笑)。その頃の僕は細かいことはさておき全体の雰囲気と勢いだけで勝負してました。そんな自分には衝撃的なレッスンでした。単なる「レシッ」なのに先生の弾くのとは全く違うのは分かる。しかしどうやっても出来ない。細かいところにこだわっているからといって、神経質な感じでは全くなく、本当に音楽的に必要だから、というだけ。全体のために細部を磨くことの大切さが身にしみたのでした。これは演奏にも役立ってますが、いざ自分がレッスンする時にはさらに役立ってます(笑)。全体をまんべんなく色付けしても、その曲は仕上がるかもしれないけど生徒の力は伸びない。それよりも必要な要素をとことん突き詰める。その辺が、シフ・コチシュ・ラーンキのような素晴らしいピアニストを育てられた秘訣なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャイコフスキーピアノ協奏曲




9月に久しぶりにチャイコンを弾く。何度も弾いた曲だし、そんなに研究するような複雑なものでもない、テクニック的にも自分には合っているようでそんなに苦しくないので、このままではシレッと練習して弾いてしまいそうだ、という危惧を感じて何年かぶりに聞いてみた。若い頃はホロヴィッツとギレリスをハードローテーションで聞いてたけれど、ナクソスで探してみるとなんとポゴレリッチがある。知らなかった。

何気なく聞いてみると……、最初の和音のところから釘付け。そのあとも摩訶不思議な、しかしものすごく強烈な求心力に最後まで聞き入ってしまった。なんというか、テンポは意味が分からないほど遅い時があるし、フレーズは伸び伸び、歌うところもメトロノームが後ろにあるかのように杓子定規なのに、なんだこの魅力は。自分の方程式には全くない説得力に驚き、その秘密を知りたいと思ってしまう。いや、なんとなくは分かるんだけど、絶対出来ない。多分誰にも出来ない。子供にはポゴレリッチ聞かせないほうがいいなぁ。このまま真似したら単なる棒弾きになるもんなー(笑)。

それ以降ポゴレリッチが気になって気になって、次の日も若い頃によく聞いたショパンの2番コンチェルト、他にもスケルツォ、プレリュードなど聞いてみた。ある時、突然映画のワンシーンを見てるみたいな感覚になることがあった。長い、ドラマチックな映画の最後に、1人物思いにふけりながら演奏してるポゴレリッチの姿がある、そんな情景。それだけのものがこめられた音なんだろう。生で聞いてるわけではない、家でゆっくりでもなく新幹線の中で聞いていたのにそれだけのものが伝わってくる。この音を出すのにどれだけのことを経てきたんだろう。計算でも論理でもない。想い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アラウのブラームス

https://youtu.be/3KDAe2GtYmw

11月のリサイタルで弾くブラームスの3番ソナタ、
いつもiPhoneに入っているものかナクソスのものを聞くんだけど、
家にいる時じゃないとなかなかYouTubeは見られない、と探してみたらアラウのライブがあった。
84年のライブだから81歳か。

いきなり音外しまくりでびっくりしたけど、
素晴らしい演奏!

アラウはたまに「正しい演奏」を聞かされているような気になる時もあるんだけど、
このライブは音を外そうが一瞬暗譜が飛ぼうか、難しいところでゆっくりになって流れが悪くなろうが、
何も気にせず音楽への想いだけでピアノに寄り添っている感じ。
こんな風に歳を取れたらいいな。

言うまでもないことだけど、こういう種類の演奏は若い頃には凄まじかった巨匠が歳をとって悟って初めてできる演奏。
間違えてもやろうと思ってはならない。。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソロモン・カットナー

‪リハまで少し時間があったので、充電がてらカフェでアイスコーヒーを頼み本を広げ、ソロモン・カットナーのブラームスヘンデルバリエーションを優雅に拝聴。
…と思ったら始まった瞬間金縛りにあってしまった。
本も読めなくなって、カフェにいるのにすぐそばでソロモンが弾いてるような感覚になった。

‪優しく語りかけるようでいて、しかも力強く気高い演奏。よーく耳を澄ませないと聞こえてこない感情がたくさんある。このピアニストをもっとたくさん聞いてみよう。‬



| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画アップ

「松本和将の世界音楽遺産」

今年のテーマは”ドイツ・ロマン編〜クララを巡って”です。
もちろん、シューマンとブラームスの作品です。
その中の一曲、青年期のブラームスがその切ない想いを託した「創作主題による変奏曲Op.21-1」の動画をアップします。テーマの部分だけですが。
ブログだとアップするのが難しいのですが、FacebookやTwitter、Instagramではちょくちょく動画もアップしているので、見てみてください。
Facebookは友達申請してくださる時は、一言メッセージを添えてくださいね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショパンエチュード講座延期のおしらせ

今日のカワイ岡山でのショパンエチュード講座ですが、山陽新幹線が動いていなくて岡山までたどり着ける見込みがつかないため、残念ながら延期とさせていただきます。
日程はまた調整してお知らせします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«7月の予定